徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
【家庭菜園2014】台風8号の突風で折れちゃったミニトマトの茎の修復

やってしまいました……。

テラスで育ててるミニトマト、何だか最近ひょろひょろと伸びてきていたので、

「そろそろ支柱も延ばして補強しないとな」

とか思ってたんですが……。

 

油断してました……。

台風8号が九州の手前あたりをウロウロしている頃、関東で結構な風が吹いてましたよね。

朝起きたら、突風的なやつにやられたのか、ミニトマトの茎が、真ん中あたりからポッキリと折れてしまってました……。

 

もうダメかな、と思ったんですが、ネットで、

「ミニトマト 折れた場合」

「ミニトマト 茎 折れた」

あたりでちょっと調べた所、

「とりあえず添え木をしつつ、損傷がひどい場合には、損傷部分をセロテープなどで巻いておけば、結構大丈夫」

「損傷部分は軽く洗って、できるだけ元の通りにピタリと合わせるようにしておくと尚良い」

ということらしく。

 

やってみました。

台風8号からの強風でミニトマトが折れてしまったので、セロハンテープで_[0]

ちょっとわかりづらいですが、支柱に巻いてある赤いテープのすぐ左脇、ぐるっと透明なテープで巻いてある部分が、損傷した茎の部分です。

とりあえずこうしておけば、上手く行けば、接ぎ木をしたときのように再びくっついてくれるそうで(カビとかが生えると良くないので、数日に一度はテープを巻き直した方が良いようです)。

 

支柱も延ばして補強。

台風対策に、ミニトマトの添え木を補強_[0]

これをとっととやっておけばよかったんですよね〜。なんか、いつの間にか一気に伸びたもんで油断してました。

 

上手くくっついてくれるといいんですが……。

しばらくはマメに様子を見ていってあげたいと思います。

 

もしもくっつかないくらいにポッキリと行ってしまった場合には、繋ぎ直すことは諦めて、そこより下の脇芽を育てて主枝にするという方法もあります。その場合、折れた部分をそのまま地面にさせば、上手く行けば、根が出て挿し木的に育ってくれることもあるらしいので、激しい損傷の場合にはこちらを選択するのもアリかも。




arrowレスポンスなし

コメントを入れる