【家庭菜園2014】さつまいもの育て方のまとめ。



そういえば、先日、テラスの家庭菜園の中間報告を書いてて気がついたんですけれど、さつまいもの育て方、調べたのにまとめを書くのを忘れてました。

誰が読んでるわけでも無いとは思いますが、書いておかないと、自分自身が忘れて大変なことをしでかしそうなので、簡単に記しておきたいと思います。

テラスの家庭菜園のさつまいも_[0]

 

【水・土・肥料】

  • 植え付け後1週間程度は普通に水をやるが、その後は基本あまり水をあげすぎないように。土が乾いて葉がしおれるようなときにはタップリと。
  • 水はけの良い土。畝を作る。
  • やせた土地を好むので、肥料は基本必要としない。上げるとしても、葉を育てる窒素は極力控え、根を育てるカリを。化成肥料なら窒素:リン酸:カリが1:10:10。
【育て方】
  • つるの部分までを畝の下に埋め、葉だけが土の上に出るように植え付ける。各葉の根本から根が出て、そこにさつまいもができる。
  • 土に定着したつるの先にさつまいもができるが、あまり沢山つるが定着してしまうと、各さつまいもが小さくなってしまうので、定期的に伸びたつるを持ち上げてひっくり返し、不定根を切る(つる返し)。時期としては植えてから2ヶ月程度が目処。
  • 栄養がなく、過酷な条件だからこそ、根に栄養を蓄えようとして、それがさつまいもになる。栄養が十分に行き届いてしまうと、葉が茂ってつるボケしてしまうので要注意。
  • 植え付けてから120日程度を目処に収穫。ウチの植え付けは6月中旬なので、10月中旬目処。さつまいもは柔らかく傷がつきやすいので、素手や軍手で優しく掘り起こす。
 

プランターだと、「水をあげすぎない」というのが結構難しいような気もします。

ま、失敗も経験のウチということで、できるだけじっくり丁寧にやっていきたいかなと。







カテゴリー: さつまいも, ガーデニング、家庭菜園、屋外家具など, 各種育て方の”まとめ”, 家庭菜園, 食べられる植物   パーマリンク

【家庭菜園2014】さつまいもの育て方のまとめ。 への1件のコメント

  1. ピンバック: 徘徊老人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>