【軽く巻いてくる波に入ってみました】Insta360 ONE Xでサーフィンの水中撮影

少し前ですが、湘南某ポイントで胸ちょいくらいのサイズがあったときに、ひさびさにInsta360 ONE Xを海に持ち込んで撮影してきまして。



それほど大きくないけれど、ちょっと巻き気味になる波で意外と面白かったので、軽くストールさせてチューブ狙いな感じで行ってみました。

湘南七里ガ浜 胸くらいのクリーンチューブ内をInsta360 ONE Xで撮影



動画や画像の編集にはInsta360 ONE XのMac用デスクトップアプリ、Insta360 Studio for ONE Xを使ってるんですが、こういう360度画像を取り出す方法がちょっと分かりづらかったので、備忘録的に記しておきたいと思います。

(1)普通にInsta360 ONE Xで動画を撮影した後、任意のシーンで動画を停止して、左上にある長方形アイコンをクリックすると出てくるView選択のプルダウンメニュー で” Flat”を選択し、

Insta360 Studio for ONE Xの左上プルダウンで全天球画像の種類を選択

中央下部にあるコントロールの一番右のスクショボタンを押して、jpgで保存します。

Insta360 Studio for ONE Xの下のコントロールボタンでスクリーンショット保存

そうすると、equirectangular のメタデータがついた形で画像データが保存できます。

(2)このjpgファイルを、全天球画像に対応したビューアで開くと、360度画像として見ることができます。僕の場合、わざわざビューアアプリを探してくるのも面倒くさかったので、Google Photoにアップロードしました。Google Photoだと、ちょっとしたレタッチ作業もできるので結構便利です。

(3)ブログに貼るのは、WP Photo Sphereを使ってます。WP VRとかWP-VR-viewも試したんですが、うちの環境だと上手く動かなかったので…。WP Photo Sphereは、基本何も設定しなくてもそのまま使えますが、設定画面中程にある”Automatically load panoramas”にチェックを入れると、サイトの読み込みと同時に360度画像の読み込みを行うようになります。また、”Hide link”にチェックを入れておくと、画像上部にオーバレイされているタイトル名(とリンク)が表示されなくなります。

WordPressの360度ビューアプラグイン WP Photo Sphereの設定画面

動画もいいんですけれど、個人的には、やはり静止画には静止画の良さがあるように思ってます。んで、全天球カメラで撮った360度画像って、静止画の良さを、ちょっと動画的な感じに拡張(といいましょうかなんといいましょうか、上手い表現ができないんですが…)してくれてるような気がするんですよね〜。



やっぱInsta360 ONE X、面白いですね。この冬は、海入るときはこれ使ってってみようかな。







カテゴリー: Mac,iOS,Android,Kindle関連やWiFi,無線LANなど | コメントをどうぞ

【続・一段落】CX-8のエクステリアカスタム 

もう半年以上も前、CX-8が納車されて2ヶ月とかそのくらいの時期に、ホイールのパウダー塗装によるブラック化と、ボディのガラスコーティングが終了して、「やりたいことは一通り終わったかな」という話をポストしたんですが…。

全然終わっとりませんでした。

その後、メッキパーツ部分のラッピングを行い、ロングボードをやってる友人のためにルーフキャリアを取り付け、最後にフロントのエンブレムを透過性のあるスモークでラッピングしまして、最終形はこんな感じになっております。

CX-8 2.2D PROACTIVE ホイール粉体塗装ブラック コーティング メッキ部ラップ Terzoエアロルーフキャリア

 

メッキパーツ部分のラッピングは武蔵村山のアートファクトリーさんお願いしまして、マットブラックのシートでラッピングしていただきました。純正の樹脂パーツに似たイメージに仕上がっております。

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング 右斜め前から

 

ラッピングした箇所は、フロントグリルのルーバー部分とシグネチャーウイングと、

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング フロント

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング フロントとサイド斜めから

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア フロントのメッキモールのラッピング

 

サイドのウインドウメッキモール、

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング サイド

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア サイドのウインドウメッキモールのラッピング

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア サイドのウインドウメッキモールのラッピング3

 

リアの、テールランプ間をつなげているメッキパーツ部分でございます。

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング リア

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア リアのメッキラッピング マットブラック

これはあくまで個人の好みの問題だとは思うんですけれど、メッキモールって、なんか見た目が安っぽくてイマイチだと思う方、僕以外にもいません? 時間が経つと劣化もしてきちゃいますしね。メーカーとかディーラーの純正のオプション/カスタム項目で、メッキをやめて、なにか別のバーツを選択することができるようにしたらいいと思うんですけど。

 

ルーフキャリアは、THULEのウイングバーエッジのブラックタイプ、9592Bを選びました。

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア 斜め前から3

CX-8のルーフレールに適合する取り付けキットは、品番4096です。本体とセットで合計4万円ちょっとというところ。

CX-8のスタイルとしては、極力こういうパーツはついていないほうがいいと思いますし、僕はショートボードで、なおかつ板は車内に積みたい派なので、実際のところもルーフキャリアは必要ないんですが、ロングをやっている友達と海に行くときにはどうしても必要になってしまうもので…。

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア 斜め前から4

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア フロントから2

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア 斜め後ろから2

9フィートくらいあるロングを中積みするのって、CX-8ならやってやれないことはないんですが、やっぱ結構厳しいんですよね(運転席と助手席の間を通すと、個室2つ状態になっちゃって、会話とか結構微妙な感じになります。助手席を倒せば当然余裕なんですけど、そうすると、前後に乗ることになっちゃうし、それはそれでまたかなり微妙な感じですもんね)。

でも、家族で南房総方面に旅行に行く際など、荷物が極端に多いときには、屋根の上に板を積むという選択肢があると助かったりもしてます。そういうモロモロも考慮しますと、スタイルが多少損なわれたとしても、本人的には一応納得の範囲内でございます。

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア 斜め前から5

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア リア斜め後ろから

飛行機の翼のような形状になっているおかげで、高速で走っていても風切り音もほとんどなく、静かで快適なCX-8のドライブ環境をスポイルしないところも、何気にお気に入りです(というか、見た目とか以前にまずそれが一番という話もありますが。ともかくこのルーフキャリアは、その点、十分に合格点だと思います)。

CX-8 メッキ部分をマットなラッピングシートでラッピング+Terzoのエアロルーフキャリア サイド〜

 

フロントのエンブレムにスモークを貼ったあとの画像が、最初に貼り付けた1枚しかないことに気が付きました…。申し訳ないですが、再掲で処理させていただきます。

CX-8 2.2D PROACTIVE ホイール粉体塗装ブラック コーティング メッキ部ラップ Terzoエアロルーフキャリア

これで本当に一段落でしょうかね。

そういえば、スタッドレス用に購入したもう1本のホイール、まだ塗装してないんだった…。どうしよう…。以前に発見した東海ビレットさんで、もっとマット目のブラックかマットチャコールとかでパウダー塗装してもらおうかな。でも、また結構なお金がかかるんでしょうな…。







カテゴリー: CX-8, 車関係 | コメントをどうぞ