【積載量、さらにアップ】CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチキャリアカーゴで荷物積み放題

今回 CX-8を買うときに、ディーラーオプションでトレーラーヒッチをつけまして。

といっても、実際にトレーラーハウスとか船とかを牽引する予定は今のところなくて(AirStreamあたりのキャンピングトレーラーは、欲しいなと思うことはたまにありますが、置き場がないですよね…)、ヒッチキャリアカーゴを取りつけて、自転車とか、家族旅行のときの荷物とかをガンガン積んでしまおうということで。

とりあえず、この間、南房総の家に家族で行ったときに、ヒッチカーゴを取りつけて、大物の荷物を運ぶのに使ってるキャリーカートを乗せてみました。

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 斜め後ろから2

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 サイドから1

 

これ、なかなかいいですよ。

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 後ろからアップ1

 

トレーラーヒッチ自体は、オプションで127,871円と、なかなかいいお値段しましたが、ヒッチカーゴの方は14,000円くらいと結構リーズナブル。

僕が購入したのは、アメリカのCURT社製のシンプルなメッシュタイプのカーゴ。幅152.4cm×奥行き50.8cmの、折りたたみ可能なタイプのもの

US CURT社製 ヒッチカーゴキャリア

フックを引っ掛けるための穴が合計12個あり、荷掛けベルトが6本まで使用可能です。

荷掛けベルトを周囲のレール部に掛けるタイプのカーゴの場合、ベルトは制限なく何本でも使用OKになるわけですが、左右にずれて緩んだりするリスクもありますので、こいうった穴のタイプにもメリットはあるのかなと。普通に考えて、ベルト6本も掛けられれば十分でしょうし。

今どきは、こういうフックのついたラチェット式のベルトが売ってまして、ものすごく簡単に荷物を固定できますし、全く緩んだりもせず、とても便利です。

ラチェット式ベルト荷締機2.2m

こちらのベルトは2.2m×2本セットのものを3セット=計6本購入。4.5mのタイプもあったので、「大は小を兼ねる」的にそちらにしようかとも思ったんですが、用途から考えて4.5mは絶対に必要なさそうな上に、余った分がたるんだり絡まったりするとややこしいかな、ということで。

ヒッチカーゴ自体も1〜2分で取り付けられますし(レシーバに差し込んで、ヒッチピンを差し込むだけですから)、ベルトでの固定まで入れても、5分とかからず荷物積載完了できちゃいます。

 

あと、MAZDA純正のヒッチレシーバーは40mm角なので、アメリカ製のカーゴなど(大抵は2インチ≒50.4mm角です)を使用するためには、こちらの変換アダプタが必要になります。

ヒッチレシーバ用変換アダプタ40mm-50.4mm_1

ちなみにこのアダプタ、微妙にサイズが大きくて、レシーバーに入らなかったので、軽く削りました(多分、本当にジャスト40mmとかで作って、そこに塗装をするもんだから、40.3mmとかになってるんだと思います)。

ヒッチレシーバ用変換アダプタ40mm-50.4mm_2

このアダプタをかますと、長さが140mmくらい長くなります。その分リアのオーバーハングが長くなるので、急な坂などに入る場合のアプローチは多少気を使う必要がありますが、車のリアとカーゴの間にスペースができるので、荷物の積み下ろしがしやすくなるというメリットもあるかなと。

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 サイドからヒッチカーゴのみ

この後ろに長く伸びた感じ、僕は結構好きですけれど、 これは人ぞれぞれ、好みによりますかね。

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 斜め後ろから4

 

そういえば、ヒッチキャリアカーゴをつける際に、気をつけなければ(というか知っておかなければ)いけない点が一つありますので、ご参考までに。

マツダのCX-8の場合、安全装備として、前後方や側後方のモニタリング/ブレーキサポートのシステムが搭載されていますが、リアにカーゴをつけていると、これが誤動作してしまうことがあるんです。具体的には、前後方のモニタリングが、「SBS/SCBS(中高速前方スマート・ブレーキ・サポート/低速前後方スマート・シティ・ブレーキ・サポート)」、側後方のモニタリングが、「BSM(側後方ブラインド・スポット・モニタリング)」という機能になるんですが、このシステムが、リアの荷物を障害物や人と判断して、後退時に緊急ブレーキが作動して進めなくなってしまうことがありまして…。

ヒッチレシーバーの横にあるカプラーに、トレーラーなどから来るソケットが差し込まれていると、これらの機能がキャンセルされるようになっているらしいんですが、ヒッチカーゴにはそういったソケットは当然ありませんので、手動で設定を変えて、機能をキャンセルしておく必要があります。

マツコネの設定画面から安全装備のセクションに入って、

CX-8 マツダコネクト 設定-安全装備_[0]

(1)SBS/SCBSの機能をOFFに。

CX-8 マツダコネクト 設定-安全装備-SBS:SCBS(中高速前方スマート・ブレーキ・サポート:低速前後方スマート・シティ・ブレーキ・サポート)_[0]

(2)BSMの機能をOFFに。

CX-8 マツダコネクト 設定-安全装備-BSM(側後方ブラインド・スポット・モニタリング)システム_[0]

BSMの方は、ミラーの死角に入った車やバイクを知らせる、サイドミラーにオレンジのランプがつくアレですので、もしかすると関係ないような気もするんですが、ディーラーさんに聞いたところでは、「(あちらも正直良くわかっていないようではありましたが)「とりあえずこの2点をOFFにしてみてください」とのことでした。

この2点をOFFにすると、後退時のブレーキ誤作動は起こらなくなります。本当に両方をOFFにする必要があるのか、それとも、SBS/SCBS、またはBSM、いずれかのOFFのみでOKなのかは、また別途確認してみたいと思います。

 

近々、自転車を乗せて、どこかちょっと遠くに家族でサイクリングに行ってみようかなと考え中。

とりあえず、ロープが6本かけられるので3台まではイケると思うんですが、4人家族なので、あと1台はどうしたらいいでしょうかね。やっぱ、DAHONかKHSの程よい価格帯の折りたたみミニベロでも買って、荷室に積んでみようかな。Dash Altenaなんていいですよね。高いけど。







カテゴリー: CX-8, 自転車, 車関係 | コメントをどうぞ

【ほぼ一段落】CX-8のエクステリアカスタム ホイールパウダー塗装&ガラスコーティング完了

この半月くらい、深センに行ったり、そのときのことをダラダラと書いたりして、すっかりCX-8のお話を書き忘れておりましたが、あちらの方も、やりたかったことは着々と進んでおります。

まず、ホイールのブラック化、完了しております。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装1斜め前

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装2斜め後ろ

どうでしょう?

足回りが少ししまった感じがして、なかなかよろしいのではないかと。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装3斜め前

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装4斜め後ろ

 

塗装前にPhotoshopで作成していた完成イメージはこんな感じでした。

CX-8 左斜め後ろから2ホイール黒塗装

 

塗装自体はハーフマットでお願いしたんですが、もしかして、もう少しマットよりでも良かったかも。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装5斜め前

 

例によって、たくさん写真を撮っておりますので、もう少し貼らせていただきます。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装 夜 斜め後ろ

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装 夜 サイド

 

タイヤ交換は、スタッドレス→ノーマル戻しのついでに、いつものタイヤフィッター都筑店さんでお願いしました。

タイヤフィッター都筑店でCX-8のタイヤ交換1 純正19インチをパウダー塗装でハーフグロスの黒に塗り替え_[0]

 

塗装は北海道の小樽ラジエーターさん。こちらからの往路分の送料はこちら持ちですが、塗装完了後の返送料は無料です。塗装代金は、パウダー塗装1本21,600円×4本=86,400円。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装 昼 サイド

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装 昼 斜め後ろ

小樽ラヂエーターさんの仕事は素晴らしく、何も不満はなかったんですが、他にも良さげな業者さんを発見したので一応備忘録として残しておきたいと思います。

それはこちら、愛知県東海市にあります、東海ビレットさんでございます。

東海ビレット 粉体塗装

パウダー塗装21,600円と同額。実績もちゃんとありそうですし、もう一式のホイールを塗装するときには、ここに頼んでみてもいいかも(ホイールは送料が結構かかるので、送料込みで安くなる方、ということで選んでみようかなと)。

 

コーティングも完了しております。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装+コーティング 斜め前

どこでどのコートをかけてもらうか、結構悩んだんですが、最終的には神奈川県藤沢市のコーティング専門店 PROTECSさんで、ガラスコーティングのPRO-7をかけてもらいました。

仕上がりは弱撥水性。7年間の完全保証つき(当然、定期的なメンテナンスは必要です)。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装+コーティング 斜め後ろ

このヌメギラ感、やっぱガラスコーティングはいいですね。

 

という感じで、当初やりたいと思っていたことは、これで一通りほぼ完了したかなと。

あとは、車高を少し下げるかどうかと(でも、下げるといろいろと弊害もありますしね)、マツコネにTVキットとかビデオ入力用のハーネスを組み込むくらいでしょうか。

そういえば、ヒッチカーゴ系も購入/取り付け完了してます。こちらも近いうちに写真アップしたいと思います。







カテゴリー: CX-8, 車関係 | コメントをどうぞ