徘徊老人 http://www.haikaiold.com MacやFireタブ、各種Android端末を意味もなくイジクリ倒したりします。海、IKEAとコストコ、テラスで植物育てたりBBQしたり。 Fri, 05 Apr 2019 12:42:44 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.5.1 【積載量、さらにアップ】CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチキャリアカーゴで荷物積み放題 http://www.haikaiold.com/blog-entry-10133.html http://www.haikaiold.com/blog-entry-10133.html#comments Wed, 03 Apr 2019 12:30:40 +0000 うー http://www.haikaiold.com/?p=10133 CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 斜め後ろから2今回 CX-8を買うときに、ディーラーオプションでトレーラーヒッチをつけまして。 といっても、実際にトレーラーハウスとか船とかを牽引する予定は今のところなくて(AirStreamあたりのキャンピングトレーラーは、欲しいな … 続きを読む ]]> 今回 CX-8を買うときに、ディーラーオプションでトレーラーヒッチをつけまして。

といっても、実際にトレーラーハウスとか船とかを牽引する予定は今のところなくて(AirStreamあたりのキャンピングトレーラーは、欲しいなと思うことはたまにありますが、置き場がないですよね…)、ヒッチキャリアカーゴを取りつけて、自転車とか、家族旅行のときの荷物とかをガンガン積んでしまおうということで。

とりあえず、この間、南房総の家に家族で行ったときに、ヒッチカーゴを取りつけて、大物の荷物を運ぶのに使ってるキャリーカートを乗せてみました。

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 斜め後ろから2

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 サイドから1

 

これ、なかなかいいですよ。

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 後ろからアップ1

 

トレーラーヒッチ自体は、オプションで127,871円と、なかなかいいお値段しましたが、ヒッチカーゴの方は14,000円くらいと結構リーズナブル。

僕が購入したのは、アメリカのCURT社製のシンプルなメッシュタイプのカーゴ。幅152.4cm×奥行き50.8cmの、折りたたみ可能なタイプのもの

US CURT社製 ヒッチカーゴキャリア

フックを引っ掛けるための穴が合計12個あり、荷掛けベルトが6本まで使用可能です。

荷掛けベルトを周囲のレール部に掛けるタイプのカーゴの場合、ベルトは制限なく何本でも使用OKになるわけですが、左右にずれて緩んだりするリスクもありますので、こいうった穴のタイプにもメリットはあるのかなと。普通に考えて、ベルト6本も掛けられれば十分でしょうし。

今どきは、こういうフックのついたラチェット式のベルトが売ってまして、ものすごく簡単に荷物を固定できますし、全く緩んだりもせず、とても便利です。

ラチェット式ベルト荷締機2.2m

こちらのベルトは2.2m×2本セットのものを3セット=計6本購入。4.5mのタイプもあったので、「大は小を兼ねる」的にそちらにしようかとも思ったんですが、用途から考えて4.5mは絶対に必要なさそうな上に、余った分がたるんだり絡まったりするとややこしいかな、ということで。

ヒッチカーゴ自体も1〜2分で取り付けられますし(レシーバに差し込んで、ヒッチピンを差し込むだけですから)、ベルトでの固定まで入れても、5分とかからず荷物積載完了できちゃいます。

 

あと、MAZDA純正のヒッチレシーバーは40mm角なので、アメリカ製のカーゴなど(大抵は2インチ≒50.4mm角です)を使用するためには、こちらの変換アダプタが必要になります。

ヒッチレシーバ用変換アダプタ40mm-50.4mm_1

ちなみにこのアダプタ、微妙にサイズが大きくて、レシーバーに入らなかったので、軽く削りました(多分、本当にジャスト40mmとかで作って、そこに塗装をするもんだから、40.3mmとかになってるんだと思います)。

ヒッチレシーバ用変換アダプタ40mm-50.4mm_2

このアダプタをかますと、長さが140mmくらい長くなります。その分リアのオーバーハングが長くなるので、急な坂などに入る場合のアプローチは多少気を使う必要がありますが、車のリアとカーゴの間にスペースができるので、荷物の積み下ろしがしやすくなるというメリットもあるかなと。

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 サイドからヒッチカーゴのみ

この後ろに長く伸びた感じ、僕は結構好きですけれど、 これは人ぞれぞれ、好みによりますかね。

CX-8にトレーラーヒッチ+ヒッチカーゴでリアに大容量積載 斜め後ろから4

 

そういえば、ヒッチキャリアカーゴをつける際に、気をつけなければ(というか知っておかなければ)いけない点が一つありますので、ご参考までに。

マツダのCX-8の場合、安全装備として、前後方や側後方のモニタリング/ブレーキサポートのシステムが搭載されていますが、リアにカーゴをつけていると、これが誤動作してしまうことがあるんです。具体的には、前後方のモニタリングが、「SBS/SCBS(中高速前方スマート・ブレーキ・サポート/低速前後方スマート・シティ・ブレーキ・サポート)」、側後方のモニタリングが、「BSM(側後方ブラインド・スポット・モニタリング)」という機能になるんですが、このシステムが、リアの荷物を障害物や人と判断して、後退時に緊急ブレーキが作動して進めなくなってしまうことがありまして…。

ヒッチレシーバーの横にあるカプラーに、トレーラーなどから来るソケットが差し込まれていると、これらの機能がキャンセルされるようになっているらしいんですが、ヒッチカーゴにはそういったソケットは当然ありませんので、手動で設定を変えて、機能をキャンセルしておく必要があります。

マツコネの設定画面から安全装備のセクションに入って、

CX-8 マツダコネクト 設定-安全装備_[0]

(1)SBS/SCBSの機能をOFFに。

CX-8 マツダコネクト 設定-安全装備-SBS:SCBS(中高速前方スマート・ブレーキ・サポート:低速前後方スマート・シティ・ブレーキ・サポート)_[0]

(2)BSMの機能をOFFに。

CX-8 マツダコネクト 設定-安全装備-BSM(側後方ブラインド・スポット・モニタリング)システム_[0]

BSMの方は、ミラーの死角に入った車やバイクを知らせる、サイドミラーにオレンジのランプがつくアレですので、もしかすると関係ないような気もするんですが、ディーラーさんに聞いたところでは、「(あちらも正直良くわかっていないようではありましたが)「とりあえずこの2点をOFFにしてみてください」とのことでした。

この2点をOFFにすると、後退時のブレーキ誤作動は起こらなくなります。本当に両方をOFFにする必要があるのか、それとも、SBS/SCBS、またはBSM、いずれかのOFFのみでOKなのかは、また別途確認してみたいと思います。

 

近々、自転車を乗せて、どこかちょっと遠くに家族でサイクリングに行ってみようかなと考え中。

とりあえず、ロープが6本かけられるので3台まではイケると思うんですが、4人家族なので、あと1台はどうしたらいいでしょうかね。やっぱ、DAHONかKHSの程よい価格帯の折りたたみミニベロでも買って、荷室に積んでみようかな。Dash Altenaなんていいですよね。高いけど。

]]>
http://www.haikaiold.com/blog-entry-10133.html/feed 0
【ほぼ一段落】CX-8のエクステリアカスタム ホイールパウダー塗装&ガラスコーティング完了 http://www.haikaiold.com/blog-entry-10110.html http://www.haikaiold.com/blog-entry-10110.html#comments Tue, 02 Apr 2019 02:15:31 +0000 うー http://www.haikaiold.com/?p=10110 CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装1斜め前この半月くらい、深センに行ったり、そのときのことをダラダラと書いたりして、すっかりCX-8のお話を書き忘れておりましたが、あちらの方も、やりたかったことは着々と進んでおります。 まず、ホイールのブラック化、完了しておりま … 続きを読む ]]> この半月くらい、深センに行ったり、そのときのことをダラダラと書いたりして、すっかりCX-8のお話を書き忘れておりましたが、あちらの方も、やりたかったことは着々と進んでおります。

まず、ホイールのブラック化、完了しております。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装1斜め前

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装2斜め後ろ

どうでしょう?

足回りが少ししまった感じがして、なかなかよろしいのではないかと。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装3斜め前

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装4斜め後ろ

 

塗装前にPhotoshopで作成していた完成イメージはこんな感じでした。

CX-8 左斜め後ろから2ホイール黒塗装

 

塗装自体はハーフマットでお願いしたんですが、もしかして、もう少しマットよりでも良かったかも。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装5斜め前

 

例によって、たくさん写真を撮っておりますので、もう少し貼らせていただきます。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装 夜 斜め後ろ

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装 夜 サイド

 

タイヤ交換は、スタッドレス→ノーマル戻しのついでに、いつものタイヤフィッター都筑店さんでお願いしました。

タイヤフィッター都筑店でCX-8のタイヤ交換1 純正19インチをパウダー塗装でハーフグロスの黒に塗り替え_[0]

 

塗装は北海道の小樽ラジエーターさん。こちらからの往路分の送料はこちら持ちですが、塗装完了後の返送料は無料です。塗装代金は、パウダー塗装1本21,600円×4本=86,400円。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装 昼 サイド

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装 昼 斜め後ろ

小樽ラヂエーターさんの仕事は素晴らしく、何も不満はなかったんですが、他にも良さげな業者さんを発見したので一応備忘録として残しておきたいと思います。

それはこちら、愛知県東海市にあります、東海ビレットさんでございます。

東海ビレット 粉体塗装

パウダー塗装21,600円と同額。実績もちゃんとありそうですし、もう一式のホイールを塗装するときには、ここに頼んでみてもいいかも(ホイールは送料が結構かかるので、送料込みで安くなる方、ということで選んでみようかなと)。

 

コーティングも完了しております。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装+コーティング 斜め前

どこでどのコートをかけてもらうか、結構悩んだんですが、最終的には神奈川県藤沢市のコーティング専門店 PROTECSさんで、ガラスコーティングのPRO-7をかけてもらいました。

仕上がりは弱撥水性。7年間の完全保証つき(当然、定期的なメンテナンスは必要です)。

CX-8 ホイール ハーフマットブラックに粉体塗装+コーティング 斜め後ろ

このヌメギラ感、やっぱガラスコーティングはいいですね。

 

という感じで、当初やりたいと思っていたことは、これで一通りほぼ完了したかなと。

あとは、車高を少し下げるかどうかと(でも、下げるといろいろと弊害もありますしね)、マツコネにTVキットとかビデオ入力用のハーネスを組み込むくらいでしょうか。

そういえば、ヒッチカーゴ系も購入/取り付け完了してます。こちらも近いうちに写真アップしたいと思います。

]]>
http://www.haikaiold.com/blog-entry-10110.html/feed 0
【香港&深セントリップ02】初日夜、深セン福田区崗廈の夜の裏通りで夕飯&スーパーマーケットチェック http://www.haikaiold.com/blog-entry-10037.html http://www.haikaiold.com/blog-entry-10037.html#comments Tue, 26 Mar 2019 22:28:54 +0000 うー http://www.haikaiold.com/?p=10037 中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテルで青島ビールで一休み Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]前回に引き続きまして、今回は香港&深セントリップの02、初日夜編でございます。 紆余曲折を経て、無事、深セン福田区崗廈のホテルに辿り着いたアテクシは、とりあえずホテルの部屋で青島ビールで一息ついた後、表に夕ご飯を … 続きを読む ]]> 前回に引き続きまして、今回は香港&深セントリップの02、初日夜編でございます。

紆余曲折を経て、無事、深セン福田区崗廈のホテルに辿り着いたアテクシは、とりあえずホテルの部屋で青島ビールで一息ついた後、表に夕ご飯を食べに行くことにしたのでございます。

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテルで青島ビールで一休み Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

 

ホテルを出て、眼の前の大通りを渡り、向かい側のブロックへ。

中国 深セン 福田 ウィンダムグランド 夜景2 Shenzhen Futian Wyndham Grand hotel_[0]

中国 深セン 福田 夜景1 Shenzhen Futian_[0]

こちらに何かあるとわかって向かっていったわけではないんですが、なんとなく人の流れがそっちの方へ向かっていたので、そっちに何かあるんだろうなと思って。



 

裏通りは一気に薄暗い感じになりまして、若干不安な気持ちになりますが、仕事帰り風の若い女性なんかも一人でちらほら歩いてますし、そこまで危険な感じはしません(嗅覚ニブ目ですので、実際どうだったのかはわかりませんが…)。

深セン ウィンダムグランドホテル近くの夜の裏通り1

深セン ウィンダムグランドホテル近くの夜の裏通り2

案の定、裏通りには、一人〜数人で夕食が食べられそうなお店が何軒も立ち並んでました。

中国 深セン 福田の裏通り Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

最初に目をつけたのは、こちらのお店。

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店1 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

「好兄弟美食」という、串焼きや鍋などのお店。メニューはよくわかりませんでしたが、看板にある「烧烤(Shāokǎo)」は、烧(焼く)+烤(ロースト)=バーベキュー的な意、醉鵝は、「醉」はよくわかりませんが(「酔う」と同じような意味らしいですが)、「鵝」はガチョウとい意味らしいので、鳥系料理の何かかと。

ちなみに、「好兄弟」は、仲のよい兄弟、「美食」は食べ物、というような意味らしいので、「好兄弟美食」は「仲良しレストラン」的な感じということでしょうかね。

入りたかったんですが、一人で入るにはちょっと楽しげすぎる感じがして、やめておきました。

 

そのあと、このならびのお店を何軒か物色し、

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店2 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店4 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

最終的には、明るめの作りの、小綺麗な中華料理屋へ。

深セン福田崗廈の裏通りのレストラン1

深セン福田崗廈の裏通りのレストラン2

深セン福田崗廈の裏通りのレストランの中

 

それほどお腹がすいていなかったのと、このあと、スーパーマーケットに行って少し物色してみたかったので、軽めのメニュー+青島ビール。

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店で夕ご飯 青島ビールと肉サンド Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

小麦粉ベースの、カリカリ系の薄皮パンみたいなので、豚肉を包んだ、カリカリ肉まん的なヤツです。ホントのところ、なんという食べ物なのかはわかりません。

「肉夹馍」でいいんでしょうかね。

深センの夕飯 肉夹馍 中華ハンバーガー 中国式ハンバーガー

調べてみたところ、肉夹馍(肉夾饃 Rougamo ロージャーモー)は、焼いた蒸しパンに煮込んだ肉を挟んだ料理のことで、中華式バーガーなどとも呼ばれるているようです。2個で19元(≒313円程度)。

 

深センでは、大きなホテルとかであれば当然英語が通じましたが、こういったローカルなお店ではほとんど全く英語が通じませんでした。でも、店員さんの携帯には必ずと言っていいほど翻訳アプリが入ってまして、それを使ってコミュニケーションを取ってくれるので大丈夫。

これも、メニューを見ながら適当に頼んだところ、中の具が数種類あったらしく、わざわざ翻訳アプリで

「豚が食べたいですか?」

と確認して、店員さんが選んでくれました。

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店で夕ご飯 青島ビールと肉サンド2 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

支払いは当然WeChatPayで。

WeChatPay 画面

 

青島ビールと肉夹馍2個で合計25元、412円くらいでした。

WeChatPay 支払い画面

WeChatPay 支払い画面翻訳

 

とりあえず軽く腹が満たされたので、表に出て、予め目を付けておいたスーパーに向かいます。

中国 深セン 福田の裏通り2 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

スーパーの前では、小学生くらいの男の子が3人、ミニカーでレースをして遊んでました。

中国 深セン 福田の裏通り 子どもたちがミニカーで遊ぶ Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

急速に豊かな層が増え、急速に自動車も普及し、高級車がバンバン走るこの国では、「カッコいい車」が、子どもたちの憧れ、欲しいものの1つなのかも。ミニ四駆とか、輸出したら売れそうな気がします(もう輸出してるかもしれませんが)。

スーパーは、野菜や果物、肉類などの生鮮食料品から乾物、雑貨まで、品揃えがとても豊富。

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー1 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー5 野菜果物 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー6 精肉 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー2 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

でも、ざっと見て回った限りでは、特別に目新しい感じがするものはなさそうでした。

正直、今日1日の移動で結構疲れていたのと、なんだかよくわからないものを買って帰って食べるのもちょっと勇気が要ったので、ビールとスナック的なものを買ってホテルに戻ることに。

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー7 ビールが安い3元〜5元 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

ビールはめちゃめちゃ安いです。青島ビールとかの中国系ブランドなら3.5元=60円弱、バドワイザーなどの海外ブランドのものでも5.5元=90円程度ですから。

つまみには、かっぱえびせん的なアレを。

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー4 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

帰路で、放置されたシェアサイクルを見かけました。

中国 深セン 福田 Mobike 乗り捨てられた自転車 Shenzhen Futian_[0]

こちらはMobikeという業者のもの。捨てられているのか、ここに停めてあるのかは不明ですが…。

中国 深セン 福田 夜景5 Shenzhen Futian_[0]

 

ホテルの部屋に戻り、買い込んできたビールと、かっぱえびせん的なアレで、一人晩酌。

中国 深セン 福田 ウィンダムグランドホテル ホテルに戻ってビールで一杯1 Wyndham Grand Shenzhen Futian_[0]

 

深センの夜のお供は、誉田哲也氏の「武士道エイティーン」です。

中国 深セン 福田 ウィンダムグランドホテル ホテルに戻ってビールで一杯1やりながら、武士道エイティーン 誉田哲也 Wyndham Grand Shenzhen Futian_[0]

小4の息子に読ませようと思って買ったんですが、完全に僕がハマってしまいました。武士道シックスティーンから始まり、セブンティーン、エイティーンと、あっという間に3作目(当然息子もハマってます)。

この話、本当にいいですよ。過激/性的な描写が一切なく(題材が剣道だけに、一部「暴力的っぽいシーン」というのはありますが)、小学生にも安心して読ませられますし、内容的にも、小学校高学年から中学生くらいの時期に、ぜひ読んでもらいたいな、と思うような素晴らしい青春ストーリー的な内容になってます。

 

このえびせん、完全なるパチもんなのかと思いきや、カルビーと中国の合弁企業である「四洲」という会社のものだったみたいです(今はもう合弁は解消してしまっているみたいですが)。

中国 深セン 福田 ウィンダムグランドホテル ホテルに戻ってビールで一杯3 Wyndham Grand Shenzhen Futian_[0]

味は正直、ちょっとアレな感じ。でも、そのアレな感じが、異国の地で、武士道をテーマにした青春ストーリーを一人読みながらつまむには、ちょうどよかったかも。

明日は世界最大の電気街、華強北(Huaqiang Bei フアチャンベイ)に行ってみるつもりです。

]]>
http://www.haikaiold.com/blog-entry-10037.html/feed 0
【香港&深セントリップ01】初日、羽田〜香港国際空港〜中環、旺角〜羅湖、中国入国〜深セン福田区崗廈まで http://www.haikaiold.com/blog-entry-9912.html http://www.haikaiold.com/blog-entry-9912.html#comments Tue, 26 Mar 2019 11:06:47 +0000 うー http://www.haikaiold.com/?p=9912 香港と中国の国境の街 羅湖 中国入管に向かう_[0]というわけで、行ってまいりました、深セン。 深センへは、早朝6:40羽田発のキャセイ便で現地時間昼前くらいに香港入りし、空港から高速鉄道と地下鉄(MTR)を乗り継いで、香港と中国の国境の街、羅湖(Lo Wu)へ、というル … 続きを読む ]]> というわけで、行ってまいりました、深セン。

香港国際空港_[0]

深センへは、早朝6:40羽田発のキャセイ便で現地時間昼前くらいに香港入りし、空港から高速鉄道と地下鉄(MTR)を乗り継いで、香港と中国の国境の街、羅湖(Lo Wu)へ、というルートで行きました。

香港地下鉄MTR路線図_[0]

 

空港と市街を結ぶ高速鉄道はゆったり座れて快適です。

香港空港から市街への高速鉄道_[0]

空港-香港/中環間の往復で205香港ドル。1香港ドル14.5円換算で3,000円弱といったところ。この距離を快適に移動できて片道1,500円は、めちゃ安というわけではないですが、まあ納得の料金かなと。

チケットはこんな感じ。

香港地下鉄 高速鉄道 チケット_[1]

上が高速鉄道の往復券、下がMTRの券です。

これ以外に、「オクトパスカード」という、日本でいうSuicaやPasmo的なチャージ式のICカード(全交通機関、コンビニ、ファーストフード、スーパーマーケットなどで使えて便利)や、旅行者向けの24H乗り放題券(65香港ドル≒950円くらい)、空港往復+72H乗り放題券(350香港ドル≒5,000円くらい)などがあります。

僕は今回、香港にはほとんど滞在しない予定なので普通の券を購入しましたが、香港に数日滞在する場合には、用途に応じてどれかを選んで購入するのがいいと思います。こういう便利で安いチケットがあるあたりは、なんとなくイギリスの地下鉄に似た感じ、ありますかね(といっても、最後にイギリスに行ったのは確かもう20年以上前だから、今もそうなのかはわかりませんが)。

ちなみにですが、中国側の地下鉄の券はこんな感じ。

中国 深センの地下鉄のチケット ICチップ入りの樹脂製コイン_[0]

樹脂製のコインの中に非接触型のICチップが入っています。息子がお土産に欲しがってたけれど、お土産分を買い忘れてしまいました(セキュリティ対策で指紋を消させていただいております)。

 

深センに向かう前に、行きがけに軽く香港市街、中環(Central)と旺角(Mong Kok)周辺をチェック。

まずは香港の中心地、中環へ。

地下鉄の中の風景はこんな感じです。日本の地下鉄と言われてもわからないかも。違いは網棚がないことくらいでしょうか。

香港の地下鉄の中の風景2019-03-13 12.54.21_[0]

 

中環市街。ともかく人が多い。平日の昼間なのに、皆さんいったいどこから来てどこへ行くのか、というくらいにぞろぞろぞろぞろと、際限なく大量の人が行き来してます。

香港 中環 人が多い1

休日のアメ横か、ハロウィンパーティのときの表参道か、人通りの多いときの銀座のホコ天くらいの感じ。

さすが中国、といっても香港なわけですが、面積1,100平方kmの香港に人口740万人くらいの人が暮らしているとされていまして、これを人口密度でみてみると6,500人/平方kmという数字。対して、東京都は面積約2,190平方kmに1,380万人、人口密度6,310人/平方kmという数字ですから、人口密度的には東京よりも香港のほうがさらに上なわけで、人通りの多さにびっくりするのも当たり前でしょうかね。

香港 中環 人が多い2

 

そして、ビルの間が狭すぎ。

香港 中環 ビルの間が狭い2

香港 ビルの間が狭い1

何かの間違いで1本倒れたら、連鎖的に5本くらい一気に倒れそうな感じ。火事とかあったら一気に燃え広がりそうな…。

香港 中環のビル群 密集_[0]

日本も、昔ながらの雑居ビルとかはかなり密集して建っている印象はありますが、大手町とかの高層ビルは、ちゃんと間をあけて建てられてますよね。建築基準法で厳しく規制される日本の感覚からすると、びっくりです。

歴史を感じさせられる古い町並と、そこにどんどんと加わっていく新しいビル群のミックス。独特の風情があって素敵です。

香港 中環の古い街並1_[0]

香港 中環の古い街並2_[0]

香港 中環の古い街並3_[0]

香港 中環の古い街並4_[0]



今回の旅、Insta360 ONE X、大活躍でした。手ブレも完全に抑えてくれるし、アングルも後から選択することもできるので、手持ちしながら適当に歩くだけで旅の動画が簡単に撮影できちゃいます。このカメラ、マジですべての人にオススメです。

 

続きまして、旺角へ移動。ファッションや雑貨のお店、電気店などが多数あるエリアです。

香港 旺角の街並1_[0]

香港 旺角の街並2_[0]

 

裏道を入っていったところの半屋台みたいな麺処で昼飯を食べました。

香港 旺角の裏通りの麺屋 龍記の外観

香港 旺角の昼食 麺屋の店内_[0]

 

オーダーは、こういうオーダーシートが用意されてます。

香港 旺角の麺屋の昼飯メニュー1_[0]

えー、正直いいまして、

まったくわかりませぬ。

麺+トッピンク3種で36元で、トッピング追加が一品7元ってことかなぁ…って感じ?

猪皮(小辣)→なんか、豚系の辛いやつ?

歯水翼尖→食べられんの?

牛丸→食べられそう。

豆卜→なんかの道具ぽい。

 

こういうときは、翻訳アプリでございます。

MicroSoftさんの”Translator”というアプリでこの写真を読ませますと、こんな感じに翻訳してくださいます。

香港 旺角の麺屋の昼飯メニュー MSの翻訳アプリ Translatorで翻訳2_[0]

これでも、

猪皮(小辣)→ピッグスキン(小スパイシー)

歯水翼尖→塩水の翼の先端

牛丸→牛丸

豆卜→ビーンBU

と、なんだかよくわからない状況にあまり変わりはありませんが、

なーんだ、俺の解釈、大体あってんじゃん。

と思えるだけで、人間結構安心できちゃうものです。

海藻とか、オムレツ、キノコとか、水イカ、ランチミート、チーズの腸など、わかった(&わかったような気になれる)ものも結構ありますしね。ブタ大腸とか赤腸、秘密のフェニックスの爪あたりは、もう少し元気いっぱいなときにまたチャレンジしてみたいと思います。

で、結局食べたのはこちら。さつま揚げみたいなのを2種類と、ゆで卵をトッピングしました。麺はラーメンっぽい、太からず細からずの縮れ麺。ツユはさっぱり系の甘じょっぱい感じ。

香港 旺角で食べた昼食 麺_[0]

ツユのせいもあるんでしょうが、ラーメンというよりは、どちらかというと、和風の麺類を、少し脂っぽいこってり系に寄せていったような、そんな感じの食べ物でした。

 

実はこのとき、携帯のバッテリ残が5〜6%くらい。「まずいな〜」と思いながら、「ま、中国入国からホテルまでのルートは、飯食いながら、紙に書き写せばいいか」と思って、昼飯の写真を撮っていたら…。

バッテリ切れで、唐突にシャットダウン…。

ちょっと…。待って…。まだ5%あるっていうから、情報書き写してないんですけど…。このあとのルートとか、ホテルの最寄駅とか、一切わかんないんですけど…。

 

つーか、そもそもホテル名もわかんないんですが。全情報All携帯の中なもので。Googleマップがあるから地図も持ってないし、はっきり言って地下鉄の駅だってどっちに行けばいいのかわからんですよ(これは適当にウロウロしてれば見つけられたとは思いますが)。

と、結構、絶体絶命感一杯で途方にくれてました。

とりあえずどこかで携帯を充電するしかない、と思って、近所の比較的きれい目なニセXiaomi携帯&家電のお店に入って、どこか、携帯を充電できるとこがないか聞いてみると、

「セブンイレブンでできるよ」

と。

な~んだ。さすが香港、セブンで携帯充電できるんだ。心配して損しちゃいましたよ。

喜び勇んでセブンに行ったんですが、店内くまなく探しても、携帯の充電器らしきものは見当たりませんぬ…。

恐る恐る、店員さんに英語で尋ねてみると、

「携帯なんか、ここで充電できるわけないでしょ。何言っちゃってんのアンタ(中国語なので、ほんとにそう言っていたかは不明ですが…)

 

ガーン……

で、では、アテクシはどうしたらいいのでしょうか…。次の一手が思いつかん。こういうときはとりあえず、個人商店だな。個人商店なら頼めばコンセント貸しくれるかもしれないし。でも個人商店のおっさんおばさんは、あんま英語が通じないな…。どうしたらいいかな…。

と、思いながらうろうろしているときに発見したのがこちら。

香港 旺角の電気ビル 先達広場の外観

携帯修理店が数十店入居する3階建てのビル、先達広場です。秋葉原駅前のラジオ会館風な感じの、広さ1坪2坪くらいの小さな個人商店がぎっしりと入居するビル。

何だかちょっと、いい予感♡

と思いながら、おもむろにビルに突入し、中をウロウロ。

意を決して、このビルの中の、1階一番奥にあった明豊手機(手机)修理中央(Ming Phone Repair Centre)というお店のあんちゃん2人組に相談したら、携帯を充電してくれました。20香港ドル取られましたけどね。300円くらい。結構高い。でも背に腹は変えられませんから、この際よしとしました。

充電している間に、3階の別のお店でモバイルバッテリを購入。

香港旺角の先達廣場で買ったxiaomi パチもんモバイルバッテリ5000mAh

Xiaomiのマークが入ってますが、パチもん臭いような気も…。

5,000mAhで88香港ドル。1200円くらいでしょうか。このときのアテクシの置かれていたシチュエーションも加味しますと、そこそこいい買い物だったのではないかと思います。このモバイルバッテリは、このあとの丸2日間、出先における携帯&Insta360 ONE Xの充電に、ものすごく役に立ってくれました。

お店のお姉さんに事情を話してお願いして、携帯の充電が終わるまで、モバイルバッテリの方も充電しておいてもらうことにしました(後で調べたところ、マクドナルドなら、コンセントがあって充電出来たらしいです。マックはそこそこあちこちにあった気がするので、携帯が充電切れしたらマックを探せばよかったんですね)。

ちなみにこの先達広場、後で調べてみたら、とても有名な携帯修理専門店のあつまるビルだったようで。



 

ということで、ここで1時間くらい足止めを喰らいましたが、携帯も30%くらいは充電でき、モバイルバッテリも手に入れ(5,000mAhの半分くらいはチャージされてます)、再び深センに向かって移動開始。

だんだん夕方に近くになってきて、ちょっと気持ちが焦ってきます。だって、夜遅くとかに中国国境越えるのとか、なんかちょっと不安じゃないですか…。見知らぬ街に夜到着してウロウロするのもちょっとアレですし…。

 

旺角駅からMTRの観塘線に乗って、九龍塘(Kowloon Tong)駅で東鉄線に乗り換え。

香港 旺角から中国国境の街 深セン 羅湖へ MTRで_[0]

香港 旺角から中国国境の街 深セン 羅湖へ MTR路線図_[0]

 

羅湖の5個手前の大埔墟(Tai Po Market)という駅の風景。設備は整っているけれど、利用客はあまりいません。田舎な感じ。日本でも、地方の特急列車の駅とか、結構こんな感じですよね。

香港 旺角から中国国境の街 深セン 羅湖へ MTR 大埔墟 Tai Po Market Station_[0]

香港 旺角から中国国境の街 深セン 羅湖へ MTR 大埔墟 Tai Po Market Station_[0] 越境して香港の学校に通う子どもたち

深センからは、越境して香港の学校に通う小中高生もたくさんいるらしく、電車の中でちらほら姿を見かけました。

国境周辺のエリアは、こんな感じの自然あふれる風景です。

香港と中国 深センの国境の街 羅湖周辺の風景_[0]

電車の中や外などの、このなんとなくのどかな雰囲気の感じの風景を見ていたら、焦る気持ちもだんだん和らいできました。

 

国境の街、羅湖駅に到着。

香港と中国 深センの国境の街 羅湖のホーム_[0]

昼の時間に越境していた地元の人たちが、大量に戻ってくる時間だったようです。

ビジター側のサイドに進みます。

香港と中国の国境の街 羅湖 中国入管に向かう_[0]

入国審査の前に、指紋を登録(撮影禁止エリアだったので写真がありません)。入国カードを書いて、入国審査の列に並びます。

審査では特に何も聞かれることもなく、パスポートをチェックされて、指紋をまた取られて(さっきも取ったのに、なぜでしょう?)、無事中国へ入国。

香港と中国 深センの国境の街 羅湖の中国側_[0]

香港で変えておいた香港ドルをここで元に変え直し、深セン地下鉄1号線(羅宝線)の崗廈駅(Gangxia)までの切符を買います。

なぜだか、電車に乗る前に、ここで再びX線ほかの荷物検査。最初は面食らいましたが、中国の地下鉄では入場時に必ず荷物検査があります。もしかすると、中国の少数民族のための自治区や、その周辺で起きている民族問題なんかが関係しているのかも。

切符は、先程もお見せした、こんなプラスチックのコインみたいなのです。

中国 深センの地下鉄のチケット ICチップ入りの樹脂製コイン_[0]

中に非接触ICが入っているらしく、これでゲートにタッチするとゲートが開きます。出るときには、コイン投入口にこれを入れます。

地下鉄の中の風景は、香港とほとんど変わりません。

中国 深セン地下鉄1号線 羅宝線の電車内路線図_[0]

中国 深セン地下鉄1号線 羅宝線のなか1_[0]

もしかすると、香港の地下鉄よりも、こちらの深センの地下鉄のほうが、さらにきれいで近代的な感じかも。中国の中でも裕福な沿岸部の、現在もっとも勢いのあるエリアの一つということを考えると、当たり前といえば当たり前なのかも知れませんが。

 

そういえば、深センは現金だけでも十分生活できますが、あちらはWeChatのWeChatPayがものすごく普及していて、これが使えると何かと便利です。いまのところ日本の銀行口座とかクレジットカードからはチャージができないですが、羽田の国際線ターミナル到着ロビー2階にある「ポケットチェンジ」という機械からはチャージできます(中国では、日本のクレジットカードは、大きなホテルとか特別な場所以外ではほぼ100%使えません。ご注意を)。

※ポケットチェンジでのWeChatPayへのチャージの際に「9980308」のコードを入れていただくと、チャージのレートが2%良くなります。どうぞご活用ください。ポケットチェンジは、羽田空港だけじゃなくて、渋谷のMEGAドンキとか、新宿のH.I.Sの本社とか、池袋のサンシャイン60通りのBOOKOFFとか、関東でも都心部以外にもたくさんありますし、全国にもいろいろあるみたいです。

 

無事、崗廈駅について、駅の行き先案内板を確認。

中国 深セン地下鉄1号線 羅宝線 崗廈駅の出口案内1_[0]

中国 深セン地下鉄1号線 羅宝線 崗廈駅の出口案内2_[0]

本日の目的地、深セン温徳姆至尊酒店(Wyndham Grand Hotel Shenzhen)はC出口から出れば良いようです。アジア系で、こんな、駅の行き先案内板に表示されるようなホテルに泊まる旅は、はじめてかも。

中国 深セン地下鉄1号線 羅宝線 崗廈駅 福田の街の夕暮れ3_[0]

ところで、「温徳姆至尊酒店」って、どこでどう区切ると”Wyndham Grand Hotel”になるか、パッと見ただけだとわかんないですよね。こういうことらしいです。

「温徳姆」→Wyndham(ウィンダム)の当て字。

「至尊」→最も尊い人、天子、皇帝、日本では天皇陛下の意。でGrand。単に、「大」をつけて、Grand、高級な、という意味としてしまうことも多い(大酒店とか、大飯店とか)。

「酒店」→ホテルの意。台湾や、中国でも80年代以前からあるホテルでは「飯店」と書くことも多い。宿泊してご飯を食べられることから「飯店」。単に泊まるだけでなく、お酒も飲んで、レジャー/リゾートとして楽しむこともできるから、「酒店」とアップグレードされてきたということらしい。ちなみに、台湾では「酒店」はちょっと違う系の施設として使われることもあるらしいです。

 

家を出てから12時間以上、香港についてからも、昼飯休憩以外6時間以上歩きっぱなしでしたから、結構疲れました。やっとついたな、暗くなる前にホテルにつけてよかったな、と思いながら、Googleマップを頼りに歩いていったんですが、なんか様子がおかしい。

中国 深セン地下鉄1号線 羅宝線 崗廈駅 福田の街3_[0]

Googleマップの指すホテルの場所が、なぜか、片側3車線の道同士が交差する、巨大交差点のど真ん中なんです…。

中国 深セン地下鉄1号線 羅宝線 崗廈駅 福田の街4_[0]

おっかしーなー、と思いながらも、とりあえずそこまでテクテクと歩いていったんですが、その交差点から周囲を見回しても、どう考えてもホテルがない…。

そうです、ここは中国。

Google様の力の及ばぬ場所なのです…。

Googleマップの指している場所は、ホテルの場所とは全然違う場所なのでした。

仕方ないので、ホテルの住所を調べて、漢字で一字一字打ち込んで、再度検索…。どうも、該当する住所はここから500mほど東、1ブロックくらい位置がずれている様子。

GoogleMapにおける中国深セン Wyndham Grand Hotelの位置あやまり

 

取りあえずそちらに向かって歩いていってみると、ビルとビルの間から、それらしきホテルが見えてきました。

中国 深セン地下鉄1号線 羅宝線 崗廈駅 福田の街 ホテル Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

このときばかりは、大きくて立派なホテルにしておいて良かったと、心底思いましたね。小さなローカルホテルで、夕暮れになってたら、多分本当にホテルにはたどり着けなかったと思います。まあ、そしたら、Baiduマップインストールして検索し直すか、最悪、どっか適当にそこらのホテルに飛び込んで泊まればよかったのかも知れませんが。

だんだん疲れも出てきたので、コカ・コーラ(可口可来)で栄養補給しながら。

中国 深セン コカコーラも漢字 可口可来_[0]

 

ちなみにですが、深センは、ご覧のように超高層ビルの建ち並ぶ大都会ですが、このように片側3車線両側6車線の大きな道路にもかかわらず、道路脇にちゃんとした歩道が用意されていない、という強烈な作りの道が普通にたくさんあります。

中国 深セン地下鉄1号線 羅宝線 崗廈駅 福田の街の夕暮れ5_[0]

みんな、この道の路肩をぞろぞろと徒歩で歩いたり、電動原チャリのおっさんとかは、平然と逆走していったりします。

中国、スゴいっす。

そのとき妻宛に送ったLINEです。

深セン片側3車線道路に歩道がなくて危険 妻とのLINE

なんか、

「お前らなんか、轢いちゃっても別にいいんでしょ?」

的な運転をする高級車がビュンビュン走っていたような…。偏見でしょうか…。

 

途中、携帯の充電が切れたせいで、思いのほか遠回りさせられた気もしますが、やっとホテルに到着。

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテルのロビー Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテルの室内 ベッド1 Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

今回は2泊3日の弾丸旅行ということもあり、各種利便性を考えて、いい場所にあるいいホテルを選んだので、かつてない感じのラグジーな室内風景です(2年くらい前に家族で行ったカリフォルニアも、結構いいところに泊まりまくりではありましたが)。

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテルの室内 ベッド2 Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

24階のスーペリアのダブルの部屋で、一泊14,000円くらい。一人泊なので割高ですが、それでも、この部屋がこの値段というのは、日本の大都市圏に泊まることを考えたら安いです。

お風呂もこんなですから。

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテルのバスルーム Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

いつか家族も連れてきてみたいですが、深センよりは香港に行きたいとか言うんでしょうね。

 

部屋からの風景。

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテル24階からの風景 Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

深センの街は、古い団地のような低層のビルがたくさんある中に、それを壊してどんどん高層ビルが建てられていくという、発展途上の国でよく見る感じの風景です。

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテル24階からの風景2 Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

 

荷物をおろして、冷蔵庫に入っていた青島ビールを飲みながら一休み。

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテルで青島ビールで一休み Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

引っ張って取り外すタイプのプルタブが懐かしい感じ。

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテル 青島ビール 懐かしいプルタブ Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

初日から結構歩いたし、トラブルも多少あったので疲れました。

このあと、表に夕食を食べに行ったんですが、長くなったので、その話はにしたいと思います。

]]>
http://www.haikaiold.com/blog-entry-9912.html/feed 0
【中国マジであなどれません】Insta360 ONE Xでテスト撮影&編集してみました http://www.haikaiold.com/blog-entry-9896.html http://www.haikaiold.com/blog-entry-9896.html#comments Tue, 12 Mar 2019 11:41:31 +0000 うー http://www.haikaiold.com/?p=9896 Insta360 ONE Xと自撮り棒+ダイビングケース_[0]唐突に話題が変わりますが、最近、サーフィン撮影用のアイテムを新たに一つ加えまして。 それはこちら、 Shenzhen Arashi Vision社さんの全天球カメラ、Insta 360 ONE X でございます。 水中撮 … 続きを読む ]]> 唐突に話題が変わりますが、最近、サーフィン撮影用のアイテムを新たに一つ加えまして。

それはこちら、

Shenzhen Arashi Vision社さんの全天球カメラ、Insta 360 ONE X

でございます。

Insta360 ONE Xと自撮り棒+ダイビングケース_[0]

水中撮影をする前提ですから、当然ダイビングケース(右)も購入してあります。

まだ海では撮影してないんですけど、とりあえず、先日家族で苗場にスキーに行ったので、そのときに軽くテスト撮影をして参りました。



正直言って、このカメラ、

スゴイっす。

 

どこがスゴイかといいますと、まず、常に360度で撮影をしてくれるので、適当に自撮り棒持って何も考えずに滑ってるだけなのに、

手ブレゼロのスーパースムース動画

が自動的に撮れちゃいます。しかもその自撮り棒自体が自動で消えちゃうんで、普通に撮ってるだけなのに、近距離からドローンで追い撮りさせたような映像になってしまうという…。

息子に持たせて滑らせた映像はこんな感じ(こちらはダイビングケースに入れての撮影です)。



ダイビングケースが消しきれず、結果、自撮り側に半透明のケースのカゲが出てきてしまうのが残念ですが…。これについては、サーフィン撮影の際にどうするのが良いか、もう少しいろいろと考えてみたいと思います。

あんま専門的な話はわからないので、スペック関係は軽く触れる程度にしておきたいと思いますが、動画撮影の解像度は5.7K/30fps(HDR)、4K/50fps、4K/50fps、4K/30fps、3K/100fpsに対応、その他、タイムラスプやバレットタイム、インターバル撮影なんかも可能です。今回撮影したのは4K50fpsなんですけれど、コントラストもくっきりはっきりっつー感じで、普通の方が普通の使い方をする分にはこれでも十分すぎるくらいなのではないかと。

 

撮影した動画が勝手に高クオリティになってくれるところもさることながら、今回何よりもスゴイなと思ったのが、Insta360 ONE Xで撮影した動画を編集するためのソフト、Insta360 Studio for ONE X。

これもスゴイっす。

何がスゴイって、超簡単なんです。もう、使い方の説明とか何も読まなくても、ほぼ直感だけ(は流石に言い過ぎましたが、適当に20〜30分いじってるくらい)で、動画の編集方法が理解できちゃいます。

Insta 360 Studioで編集2.mov

GIFを貼っつけときましたが、簡単に説明しますと、

(1)編集画面上部のタブで、”FreeCapture”を選ぶ。

(2)マウスでグリグリとアングルを変えて、選択したいアングルになったら、画面左下にある、黄色い丸(ターゲットマークみたいなの)をクリック。

これだけで、そのタイミングでのアングルがどんどん設定されていきます。最初わからなくてちょっとだけハマりそうだったのは、この「アングルの設定」は動画を再生しながらではできないので、その都度、動画の再生を止めてからターゲットマークをクリックする必要がある、という点くらいでしょうか。

この編集ソフトのできの良さが、このカメラの魅力を引き出すにあたって、かなりいい仕事をしているのではないかと。

 

いやー、中国、あなどれませんな。

ちょっと前までは、まだまだパチもんばっか作ってるというイメージでしたが、そのイメージ、完全に覆されてしまいました。Gear Bestなんかで小さいカメラと水中ハウジングのセットとか買って、速攻で水漏れしておしゃかになったこととかもありましたが、もうそういう時代は終わったのではないかと、本気で思っております(そういうのも、まだたくさんあるとは思いますけど)。

 

ということで、

ちょっくら深センを見てこようかな

と。

年度末に向けて、ホントの最後のあたりはちょっと予定がつまってるんですが、今週後半、空いてるんですよね。

香港経由で2泊3日、明日から行ってきます。

気軽にブラブラ見て回りたいので、荷物は必要最小限で、洗面用具と着替え、USB充電器、PCとInsta360 ONE Xくらい持って。

深セン旅行、最小限の携行品、歯ブラシやコンタクト、メガネ、薬、USB充電器とコンセントアダプタ_[0]

SIMは、China unicomの2GBのを2枚買っときました。

中国&香港SIMカード China Unicom_[0]

では、行ってまいります。

 

]]>
http://www.haikaiold.com/blog-entry-9896.html/feed 0