水中撮影 GoPro導入計画 その3



サーフィンの水中撮影に
GoPro HDを導入します、ということで


その1:GoPro HDの機種選定、価格比較と
   サーフボード取り付け用部材準備

その1.5:GoPro HDで撮影したサンプル映像
その2:GoPro HDのスケートボードへの取付

と書いてきて、いよいよ今回は、
本題であるGoProのサーフボードへの
取り付けです。


GoProには、GoPro HD Surf HEROという
サーフボードマウント用のキットが
同梱されたセットもありますが、
ピクチャ 6
ピクチャ 5

このキットだと、サーフボード1枚の
しかも、ノーズ側への取り付けしか
対応できそうに無い、ということで、
今回は、水中ハウジング以外の
オプションがついておらず、最も
安価なGoPro HD NAKED
に以下の部材を組み合わせて
使うことにしました。


フラットマウント セットピクチャ 16
マウントのベースとなるキット 5個。

GoPro グラブバッグ2ndピクチャ 15
 これがあると、15cmくらい
  高い場所に設置できる。
  サーフボードのテールに設置をする場合、
なるべく高さが必要なため。

エポキシパテ 水中用
PICT0001_2_[0]
セッションセイバーという名前で
 サーフボード修理用に売られている事も
 あります。
 練り合わせると15分くらいで固まる
 エポキシ粘土と思ってください。
 サーフテックやEPS等、ボードの
 素材に関わらず使えて、とても便利。
 今回は、コレで色々とカメラの固定用の
 部分を補強、作成します。
 たぶん、このパテはかなり汎用的に
 色々なものへの取り付けに活用できると
 思います。強度もかなりあるし。


まずは、サーフテック社製の
5’4″ツインフィンで思い切って試します。

フラットマウントにドリルで穴を切り
PICT0033_[0]

続いて、板のテール近辺にも
同じ間隔で穴を切ります。
いずれもサイズはM3径で。
PICT0039_[0]
先にフラットマウントに穴を開けて、
それを板にあてて、板側の穴の
場所を決めると、穴位置がぴったりと
合うと思います。

穴を開けたところに、M3径で
長さが20mmのナット
PICT0008_[0]
を押し込んでからエポキシ樹脂を
乗せます。
PICT0046_[0]
このとき、ナットの奥側も
エポキシ樹脂で埋めておかないと
ここから浸水するので、忘れずに
埋めましょう。

その上に、フラットマウントを
取り付けます。
PICT0047_[0]

M3径の低頭ネジ(頭の部分が
フラットになっているネジ)で
止めます。
PICT0003_[0]
ネジ止めしたら、ネジ穴と、
フラットマウントの周りも
エポキシ樹脂で埋めて、浸水を
防ぎましょう。


ノーズ側も同様にして・・・。
PICT0004_[0]
思い切って穴を開け、GoProの
マウントキットを取り付けて、
豪快にエポキシ樹脂で埋めてます。

PICT0002_[0]
GoPro HD本体をマウントしたところです。


最近、水中で撮影するためならば
結構どんなことでも躊躇無く出来るように
なってしまいました・・・。


続きまして、長年愛用している
M10 EPSの板も。
こちらEPSですが、エポキシ樹脂は
発泡素材を溶かさないので、同様に
エポキシ樹脂が使えます。

テール側です。
PICT0053_[0]
M10の方は、穴はあけずに、
GoProマウントキットの両面テープと
エポキシ樹脂のみで固定してみました。
これでも十分に強度保てそうな気が
します。


ノーズ側も取り付けたんですが、
写真は別途ということで。


テール側の取り付けにあたって
一つだけ注意する点があると思います。

それは、ワイプアウトした際に
なるべくリーシュが絡まない場所に
したほうが良い、という点です。


が、色々考えたんですが、基本は
中心が一番良いと思います。
というのは、ワイプアウト後に、
最終的にリーシュが伸びきった状態に
なった際に、左右の位置だと、その分、
絡まったリーシュに中央に向かって
引っ張られる様な負荷がかかると
思うので。
中央なら、ほとんどそういう負荷は
かからないと思います。


以下はM10のテールからGoPro HDの
r4モードで撮影した映像です。


M10はテールの右側にマウントを
取り付けましたが、何度かリーシュが
絡まりましたが、特にはがれたり等の
問題は無かったです。


GoProで撮影した映像は、これから
順次アップしていきたいと思います。








カテゴリー: サーフィン&水中撮影&水中カメラ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>