徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
【正直あんま欲しくない】Google Chromecast 日本国内販売開始

GoogleのChromecast、いつの間にか日本国内での発売も決定されてたんですね〜。

今朝Amazonを見ていたら、

chromecast Amazonで発売開始予定

 

5/29(木)発売開始、本日5/28(水)9:00から予約開始だそうで。

価格は税込み4,536円(税抜き4,200円)送料無料。

chromecast

chromecastのスペック

 

程なく実際の予約も開始されたので、思わずポチろうかと思ったんですが……。

ヤメときました!

 

だって、冷静に考えると、できることがあまりにも少なすぎるというか何というか…。

 

【Chromecastでできること その1】

Google PlayムービーやYouTube、dビデオなどで動画が見られる。

Chromecastでできることその1 youtubeとかの動画が見られる

そうですか。動画ですか。そりゃ、見られるでしょうね。

 

【Chromecastでできること その2】

PC(Windows、Mac)上のChromeで開いているタブを転送してミラーリングで開ける。

Chromecastでできることその2 PCのブラウザChromeの画面を転送できる

ええ、まあ、それは良かったですね……。

 

えーと、それってつまり、

PCでいうところの、ブラウザ機能+αくらい

iOS端末やAndorid端末でいうところの、アプリ3つ分くらい

っつー感じ?

 

んで、たったそれだけのことをテレビの画面上で出来るようにするために4,500円出せと……?

PCのHDDに入っている個人持ちの動画ライブラリや写真アルバムを視聴/閲覧出来るわけでも無く、その他のAndroidアプリをインストールできるわけでも無く、専用のコントローラがあるわけでも無く……。

 

対応アプリにAvia Media Playerが入ってるので、DLNA対応のPCやHDDレコーダーからだったらDLNAクライアントとして動画の転送を受けることはできるっぽいですが。

その他、AndroidもiOSも、Chromecastに対応したアプリからだったら画面やコンテンツを転送することはできるみたいですね。Google製のアプリはほとんどこれに対応していて、例えばGoogle Play Musicとかも対応してますから、Android携帯の中にある音楽コンテンツをChromecastでテレビに転送することとかもできるわけです。が、正直いうと別に携帯の中に入ってるコンテンツをテレビに転送とかしたくないかなぁ……。

あ、でも、音楽データはGoogle PlayのクラウドiTunes Matchに突っ込んでおけば、ここから携帯経由でChromecastでテレビに転送できますから、ネットワーク環境さえ安定しているならこの使い方はありかも知れませんけど。

 

正直言うと、そこまでクラウドに頼り切る方向一辺倒じゃなくて、やっぱ「母艦のPCから直接転送」という選択肢をもっと残して欲しい気がするんですよね。その方が、現状では何かと便利だし楽だしという気がします。

この先クラウドがどんどん普及して、「家にはPCなんか無くてデータは100%クラウド上。で、そのデータを携帯経由で操作してテレビやスピーカーに直接転送」という世の中になれば、まさにこんな仕組みがベストになるんでしょうし、まさにそれを見越して先取りした製品なんでしょうけれど、実際のところはまだまだソコには辿りつけてないかなと。

 

音楽データでも写真データでもなんでもそうですけれど、そのコンテンツをちゃんと楽しんで、そのサービスをしっかり使ってるユーザであればあるほど、現状では「クラウド+携帯+Chromecast」だけで満足出来るような状況にはなって無いんじゃ無いかと。

そりゃ、音楽のアルバム全部で100枚1000曲も持ってませんとか、写真撮っても撮りっぱなしで特に見返りたりもしません、みたいなユーザーなら、携帯からちょこっと操作してテレビとかに転送できればOKだと思うんですけれど、音楽のデータが8,000曲ありますとか、写真は取る度にざっくりでもタグ付けして、10年後20年後に家族で見返せるようにしておきたいです、みたいなユーザは、携帯からじゃデータの整理とか絶対にできませんから。

 

話をChromecastに戻しますと、そういうわけでこの製品、ちょっとまだ「色々足りて無い」感じがしちゃうんですよね。

 

確かに値段はそれほど高く無いですけれど、

たかだかそんだけのものに4千円以上も出せません的な

テレビのHDMI端子も無限にあるわけじゃないんで。アンタ挿すくらいならレンコンでも挿しときますが。

 

これ、AppleTVが出てきた頃からずっと感じてることなんですけれど、やっぱこれ系の「テレビに接続して使用するタイプのセットトップボックスやスティック型端末」は、アプリが動かないとダメだと思うんですよね。

そういう意味ではやはり本命はAmazon Fire TVかなと。

 

専用のリモコン付きで99ドル。

Amazon Fire TV リモコン付き

CPUはQualcomm Snapdragon 8064クアッドコア搭載、メモリも2GBと十分。当然各種アプリもインストールできますし、 別途39.99ドル出せばゲームコントローラーもつけられちゃいます。

Amazon Fire TV のゲームコントローラ

このくらいの感じでグイグイ来てくれたら、間違いなく買っちゃうんですけどね。

早く日本でも発売になって欲しいものです。

ココまで書いた以上、日本でFire TVが発売になった暁には発売当日に必ず買いたいと思います。ただし、日本向けだけ18,000円とか、そういうムチャなことになってない場合に限りますが……。

 

ちなみにChromecastの方はといいますと、9時過ぎの段階では特に予約殺到という感じでもなく、欲しけりゃ誰でも買えそうな感じだったんですが、10時過ぎの段階で再度Amazonをチェックしたところ、既に当初予定数はハケてしまったようで、「出品者からお求めいただけます」に。

chromecast 出品者からお求め頂けます

んで、出品者のほうをチェックしにいったら、トサカ書房とかいう会社が14,500円(税込み・送料別途340円)で売りに出しとりましたが……。

chromecastを高値で転売しようとする業者

在庫希少のため、定価より高くなってるんだそーで……。

 

もうね。

アホじゃねーのと。

 

※その後、Amazonが販売するものの在庫割り当てが補充されたらしく、再び4,536円で予約受け付けが再開されましたが、トサカ書房さんの販売する「希少な」在庫は引き続き14,500円で売られ続けておりました。




arrowレスポンスなし

コメントを入れる