徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
木製のクーラーボックス Wooden Cooler

このクーラーボックス、全然新しい感じじゃないですけれど、でも良い感じです。

木製のクーラーボックス1

どんな作りをしているかと言いますと、単純に木製のボックスの中に発泡スチロールの断熱材が入っているだけなわけで、今どきの普通のクーラーボックスと比べても機能的にも若干落ちるでしょうし(普通のクーラーボックスはゴムのパッキンとかを使って高い気密性を保ってるんだろうし、数時間は持つでしょう)、そういった意味では「劣る」わけですが、それを補って余りある「雰囲気」があるかな、と。

木製のクーラーボックス2

こんなクーラボックスを持ってピクニックに出かけたら、プラスチック製のクーラボックスでは味わえない「のんびり感」を味わえそうな気がしますね。

作りは非常にシンプルで、仮に中に液体がこぼれたりしても、発泡スチロール部を外して水で洗って陰干しすれば大丈夫そうです。

木製のクーラーボックス3

そういう意味では、「いい雰囲気のものを大事に長く使えそう」という、単なる工業製品には無い魅力もありそうではあります。

 

ま、普通にこのサイズのクーラーボックスを買うとしたらせいぜい1,500円くらいでそこそこのものが買えてしまうわけですが…。

で、お値段の方はといいますと、55ドル…+送料…。

カナダからのシッピングで、日本への発送は現在のところしておりませぬ…。

参考までにアメリカ向けの送料が15ドルだそうで、仮にアメリカ在住の人が買うとしても70ドル≒5,600円…。

 

うーん…。

送料込みで2,000円くらいだったら、間違いなく「買い」なんですけれど…。

酒屋で良い感じのワインの木箱でも貰ってきて、ホームセンターで発泡スチロールの板を買ってきて自作したら、2,000円で作れてしまいそうな気もしますが…。

そういう意味でも、もっと大きいのとか、いくつかのバリエーションが欲しいですね…。

ビールとかジュース類の瓶缶ものが6本くらい入る「小」と、ペットボトルとワインとかシャンパンとかが入る「中」と、お食事類も入れられる「大」をセットにして、三つで送料込み5,000円なら買っちゃうと思いますが。

 

セレクトショップではなく、商品開発検討になってしまいました…。




コメントを入れる