【デュアルSIM携帯 Xperia M Dual C2005導入4】海外SIMフリー端末にiモード/spモードメールの受信設定をしてみた



タイトルそのまんまですが、先日Expansysで購入した嫁さん用のXperia M Dual C2005に、やっとこさiモード/spモードメールをIMAPで受信するための設定をしてみました。

でも、何かあんまりにも面倒くさい作業をさせられたもので、やった内容とかを細々と書きたく無い気持ちなんですよね…。スクリーンショットもあまり取れなかったので、写真とかも少ないですし…。

というわけで、申し訳ありませんが、今回は備忘録的なものも含めて、ざっくり手順だけ共有させていただこうかなと。

 

【海外SIMフリー端末でiモード/spモードメール(ドコモメール)を受診するために必要なもの】

1.spモードの契約をしたドコモのSIM。

2.「ドコモメール」アプリに対応したドコモ製のスマホ。

 

もういきなりこの「2」項でサイコーにイヤになっちゃうんですが、これが必要なんですよ…。

 

何でそんなことになってるのかといいますと、

・ドコモ製以外のスマフォには「ドコモメール」アプリがインストールされていないので、「その他のIMAP対応のメールアプリ」でiモード/spモードメールを受信することになる。

→「その他のIMAP対応のメールアプリ」でドコモのIMAPサーバに接続するためには、dmenuサイトのお客様サポート内にある「メール設定」の項目から、「docomo ID利用設定」を「利用する」に設定する必要がある。

(こうやって入っていきます)

dmenuのお客様サポート

dメニューのお客様サポートからメール設定にはいる

メール設定

docomoID利用設定確認に入る

 

→上記設定項目は、「ドコモ製端末を使って」「ドコモのSIMの3G or Xi回線から」アクセスしないと、設定出来ない。

wifi経由だとDocomoID利用設定が出来ない

Wi-Fi経由で設定しようとすると弾かれますし、ドコモ端末以外にドコモのSIMを挿して設定しようとすると、そもそも3G通信ができません…。

※でも、未検証ですけれど、今回作業した感じだと、「ドコモメール」に対応していない端末でも、ドコモ製端末にspモード契約したSIMを挿した環境だったら、この「docomo ID利用設定」の作業ができるような気がしました。この環境なら少なくとも端末×回線の環境としては今回の作業要件には合致しているわけで、あとはブラウザとかユーザエージェント関係で弾かれるかどうかだと思うんですけれど、もしもデフォルトの環境で弾かれちゃったとしても、Opera Classicあたり使ってユーザエージェント設定をゴニョゴニョすれば大丈夫な気がします。

 

ね?アホでしょ?

一生懸命、何とかして囲い込もうとしてるわけです。

ドコモ製の端末を持っていれば、特に不正なことをしなくても結局は設定出来ちゃうんですけどね。

でも、3人やったら1人くらいは面倒くさくなって途中でやめるか、または、怒り狂って携帯を破壊するか、というくらい、いちいち回りくどいコトをさせられます…。

そうやって囲い込んでいっても、余計にドコモが嫌いになって、最後は離れていくだけだと思うんですけど…。

 

今回ボクは、Fの08Dっつう端末を使って設定しました。

Disney Mobile on docomo F-08D ピンク 白ロム

中古で安くなってたもんで。

ネット上で色々調べてみると、ドコモメールアプリとかdメニューアプリのapkファイルも転がってるみたいで、そういうのを無理やり入れて、Nexus7とかのドコモ製じゃない端末で強引に設定しきっちゃう強者もいるみたいですけど…。ま、それは明らかに問題のある方法なので、オススメはいたしません。万が一実行される場合には、自己責任でお願いします。

 

で、話を戻しますと、まずは上記のような環境&手順で、ともかくdmenuサイトの中で、「docomo ID利用設定」を「利用する」にします。

で、次に、同じくdmenuサイトの「メール設定」の中から、「iモード/spモードメールアドレス入れ替え」というのを実行します。

iモードメールアドレスとSPモードメールアドレスを入れ替え

 

ここでまたまたドコモがサイコーにアホなのでは無いかと思うことがあったんですが…。

 

下の方にずずずいーっと行きますと…。

こんな「※」が…。

iモードメールアドレスとSPモードメールアドレスを入れ替えの『注意事項」

そもそも、「メールアドレスを入れ替えてもよろしければ『決定』を押してください」というメインの文章がたった2行なのに対して、「※」の文章が余りにも長過ぎると思うんですが。もしも、それだけ沢山書いて説明しなきゃならない重要な事項だと思っているなら、まずそれを「主」の2行の前に持ってきて書くべきだと思いますし。

そういう根本的な文書構成力とか日本語力の問題はとりあえず横に置いておくにしても、特に2番めの「※」ね…。

「めんどくせーな…」と思いながら読んでいくと、「…docomo IDも入れ替えた後のspモードアドレスに変更されます。」とか、さらっと書いてあるんですが?

これ、「※」じゃなくて、なによりも先に、本文の頭に書いておくべき事項では?

だって、docomo IDって、ドコモの各種Web系サービス使うために必要になる全部の大本のIDなわけじゃないですか。

それが変わっちゃうという重大な事項を、※印で、しかも、「『メアド変えても転送サービス』がなんちゃら」なんつーどうでも良いような事項の下に書くって…。

しかも、2番めの「※」と3番目の「※」、だらだらとそれぞれ各7行も使って書いてますけれど、これ、ほぼ同じ内容2回書いてね?どう考えても、小学校高学年くらいの国語力があれば、もう少し分かり易い表記にした上で、1つの項目にまとめられると思うんですがね…。

こいつら、ホント何も考えてねーなと。

あ、 もしかして、※マークが「最重要事項」か何かの意味だと思って使ってるんですかね? 違います。これは「注釈」「但し書き」とかの意味で、引用の出典元を記したり、主文を補足する情報やコメントを追記するためのものです。極端な話、読み飛ばしても構わないような枝葉の説明を記載するためのもので、誤りのもとにも成り兼ねないので、ビジネス文書の世界ではあまり使わないほうが望ましいとされているようなものだと思うんですが。

 

もう、どっと疲れちゃったんですよ…。

 

ともかくね。海外製のSIMフリー端末買っても、iモードメールとかspモードメールを受信する設定は出来ます。それだけははっきり言っておきます。でも、設定するために、バカの相手を1〜2時間くらいはさせられます。実行するのは、それに耐えられる方だけにしておいたほうが宜しいのでは無いかと…。

 

ちなみに、この一連の手続きのために、(できるだけWi-Fiを使いつつ)必要最低限な分だけ3G回線に接続して作業をしたんですが…。

パケット代だけで3千円以上取られました。

dmenuからdocomo idを利用設定するためだけに4万パケットも掛かったんですが

何かの間違いかと思ったんですけど、スマフォ側でのdocomoのデータ通信は、この作業をした1日だけ、これの作業のためだけにしか使ってませんから。

4万パケットって、1パケット128バイトとして計算すると5MBちょい…。今どきのデジカメで撮影した容量大き目な画像ファイル2個くらいでしょうか。それで3千円とか、ユーザーなめてんのか? と…。

 

ま、何はともあれ、ココまでやれば、Wi-Fi環境からでも何でもiモード/spモードメールを受信することができるようになりますので、あとはIMAP対応のメールアプリに設定を落とし込んでいくだけです。

 

メールアプリは、とりあえずMailDroidを使うことにしました。

設定項目はこんな感じ。

IMAPでドコモメールを受信する設定

MailDroidにドコモメールのIMAP設定1

MailDroidにドコモメールのIMAP設定2

 

※その後、メールアプリを、MailDroidからK-9 Mailに変更しました。

Xperia M Dual C2005のデスクトップとK-9 Mail

MailDroidも悪くなかったんですが、発信者名に「連絡先」アプリに登録されている名前が反映されなくて、メールアドレスがそのまま表示されてしまうという問題がありまして、これ、結構使い勝手良くないかなということで。

K-9 Mailだと、設定さえしておけば、「連絡先」に登録されている人からメールが来れば、メールアドレスじゃなくて名前がきちんと表示されます。

 

設定方法はこんな感じ。

「グローバル設定」の中の、「表示設定」を開く。

K-9 Mailのグルーバル設定の表示設定

「表示設定」の中の、「連絡先の名前を表示」にチェックを入れる。

K-9 Mailの「連絡先の名前を表示」でアドレス帳の名前が反映される

これだけやっておけば、「連絡先」の中に登録されている人からメールが来れば、メールアドレスじゃなくて、その人の名前が表示されるようになります。

 

これでめでたく3G回線以外からiモード/spモードメールが受信できるようになったので、データ通信はMVNOのSIMオンリーで、ドコモにパケット代を一切払わなくて良いようになりました。

「大して使ってるわけでもいないのに、携帯代が月5〜6千円も掛かるのは如何なものか」というところからスタートした今回の計画、やっとこさ90%くらいは完了したかなと。

 

あとは、2枚のSIMを自動で切り替えさせる方法を見つけることができれば100%完了です。

誰か良いやり方無いか教えてくれませんかね…。やっぱ、ココらへんを切り口にしてxShortcutなりで設定変更まで完了させるか、それが無理なら、この設定項目を参考にしつつ簡単なアプリでも作っちゃうしか無いんですかね?







カテゴリー: Mac,iOS,Android,Kindle関連やWiFi,無線LANなど, 嫁さんの携帯、デュアルSIM携帯化計画   パーマリンク

【デュアルSIM携帯 Xperia M Dual C2005導入4】海外SIMフリー端末にiモード/spモードメールの受信設定をしてみた への2件のコメント

  1. ピンバック: 【デュアルSIM携帯 Xperia M Dual C2005導入6】海外SIMフリー端末にiモードメールの受信設定をした結果(料金) | 徘徊老人

  2. ピンバック: 【デュアルSIM携帯 Xperia M Dual C2005導入7】ドコモ(音声)+MVNO(データ通信)環境に完全移行できたので、パケホーダイを解約してみた | 徘徊老人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>