【デュアルSIM携帯 Xperia M Dual C2005導入7】ドコモ(音声)+MVNO(データ通信)環境に完全移行できたので、パケホーダイを解約してみた



嫁さんの携帯をXperia M Dual C2005というSIMフリーのデュアルSIM携帯に変えまして、現状では、音声通話は従来通りドコモのSIM、データ通信はMVNO(IIJmio)のSIMという環境で、iモード/spモードメールの受信も問題なく出来るような設定まで完了しております。

xperia m c2005 dual sim

で、先日確認したとおり、現段階でドコモ側のSIMでは一切データ通信が発生しておらず、今後も必要無さそうな見込みなので、予定通りパケホーダイも解約しようとしたんですが、そこでちょっとまた一悶着あったもんで、軽く情報共有させて頂こうかなと。

 

パケ・ホーダイ系のサービスの解約は、ウェブ上のMy docomoからは手続きが出来なくて、電話(0120-800-000)またはドコモショップ店頭などでの手続きが必要になります。

店頭まで行くのは面倒臭いので、当然のことながら電話で手続きをすることに(家族が代理で電話してもOKですが、契約者本人が電話に替われるように同席している必要があります)。

 

早速電話(会話詳細は、記憶をたどって書いたので、ちょっと実際と違う部分もあるかも)。

 

当方:「あのー、嫁さんの携帯のパケホーダイを解約したいんですけれど」

オペレータさん(以下、オペと表記):「かしこまりました。差し支えなければ、今回なぜパケホーダイを解約するのか、お伺いできますでしょうか?」

当方:「携帯をスマフォに変えまして、家ではWi-Fi環境で接続できるし、出先ではほとんどデータ通信しないので、特に必要無いかな、ということで」

オペ:「ご契約回線の今月のデータ通信の利用実績を確認させていただいたところ、3,500円分くらいのデータ通信が発生しているようです。少ないとはいえども、若干なりともデータ通信が発生すると、結構な金額になりますので、契約を継続していただいたほうが宜しいかと思うんですが(※確かに、ドコモのパケット代、ハンパ無く高いっす。この3,500円って、わずか5MB≒写真2枚分くらいのデータ通信でコレだけの額になりましたから…)」

当方:「その3,500円は、スマフォでiモードメールを受信する設定を行った際に発生した分のデータ通信で、それ以降は一切データ通信は発生してないと思うんですが。出先ではモバイルルータとかを使ってますし、大丈夫だと思ってます(実際使ってるのは、デュアルSIMの2つ目のスロットに挿したMVNOのデータ通信SIMだけど)」

オペ:「それは失礼いたしました。データの利用状況の詳細が、こちらからは把握できないもので」

当方:「…(だったら適当なコメントすんじゃねーよ…)」

 

オペ:「お客様、先ほどiモード/spモードメールをご利用とのお話でしたが、パケ・ホーダイ解約後もiモード/spモードメールは引き続きご利用でしょうか?」

当方:「そのつもりです」

オペ:「お客様、そうしますとですね、現状、Wi-Fi環境でドコモメール/spモードメールをご利用いただくために、端末に”マイアドレスの登録”というのを行って頂いているはずなんですが、Wi-Fi環境でドコモメール/spモードメールを継続して利用するためには、実はこの”マイアドレスの登録”について、最長で90日以内に1度、”マイアドレスの更新”というのを実施していただく必要があるんです」

オペ:「この”マイアドレスの更新”は、Wi-Fi環境からではなく、ドコモの3G or LTEの回線からしか行うことができず、パケホーダイを解約してしまいますと、この3ヶ月に1度の”マイアドレスの更新”作業時に、バックグラウンドでの各種通信でものすごい額のパケット代が発生してしまう可能性がありまして…」

 

な、何ですと〜!!!?

だってアンタ、そんなこといったら、スマフォでiモード/spモードメール使ってる人は、み~んな3ヶ月に1回は、何千円とかのパケット代をこのためだけに御社に払ってるっつーことなんですか…?

そりゃ、パケ・ホーダイ入ってりゃ、上限まで行っちゃえばあとはどんだけ使おうがいっしょなわけですけれど、それはちょっと違うのでは無いかと…。

だって、「パケット代節約♡」とか思って、基本3GをOFFにして、ちまちまとできるだけWi-Fiだけで接続しているような人でも、”マイアドレスの更新”とやらの通知が来ると、いきなりそれだけで、パケ・ホーダイの上限までの何割かくらいの量のデータ通信が発生しちゃったりするわけでしょ? しかもそれが、ドコモ側の思うがままの間隔で発生させられるとは…。

じゃ、節約する意味ねーじゃん…的な…?

 

ちなみに、ドコモのホームページの中を確認していくと、それらしきことがちゃんと書いてあります(書いてあるのは当然、「マイアドレスの更新」っつうのが定期的に必要だよ、というだけの内容ですけど)。

Wi-Fiで利用する際の設定

ドコモのスマフォのWi-Fi環境での注意事項

spモードメール-ご注意事項

SPモードメールのWi-Fi環境での注意事項

ちょっとこれだけじゃ何のことか分かりづらいかも知れませんけれど、説明されれば、このことなんだというのは分かりそうです。

”マイアドレス”の期限が切れると、”マイアドレスの情報更新をして下さい”という表示が出て、Wi-Fi環境でiモード/spモードメールの送受信ができなくなっちゃうんだそうで…。

 

オペ:「アテクシ、このあたりは専門ではございませんで、宜しければ、機器操作担当におつなぎして詳しくご説明をさせていただきたいのですが」

当方:「…(オマエ、自分から話振っといてそりゃねーだろうが…。そういうの、一般的には”たらい回し”っつーて、客が一番嫌がることなんじゃね? こっちからの話の流れで、話題が全然違う方向にいきなり飛んだとかならともかく、オマエが始めた説明の詳細をオマエが出来ないって何…?)」

当方:「できれば、たらい回しにせずに、このまま説明していただけるとありがたいんですが…」

オペ:「いえ、アテクシ、このあたりは専門ではございませんで、間違いの無いように、宜しければ、機器操作担当におつなぎして詳しくご説明をさせていただきたいのですが」

当方:「できれば…」

オペ:「いえ…」

(以下2回ほどループ)

当方:「分かりました…。機器操作担当様におつなぎいただき、是非ともご説明を賜れますよう、おねげエ申し上げますだ…」

 

機器操作担当(以下、機器担と表記):「お電話代わりました〜。お客様、この度はパケ・ホーダイをご解約されたいとのことで、ただしその後も継続してWi-Fi環境でiモード/spモードメールを受信し続けたいとのことですが………あ〜たらこ〜たらで、パケホーダイを解約しちゃうと、大変なことになっちゃうと思うんですよね!!(話してる内容は結局さっきの担当者と全く同じなんだけど、なんでだか、無駄に勢いがあってハキハキしてる)」

当方:「そ、そうなんですか…。じゃぁ、仕方ないので契約継続しよっかな…」

 

当方:「ところで、これって、ドコモ純正の”ドコモメール”アプリじゃなくて、サードパーティ製のIMAPのアプリ使ってメール送受信してても、やっぱ当然だめってことなんですよね?(今の時代、アプリなんてほぼ100%サードパーティ製なんだから、今更過ぎる質問だし、そもそも”サードパーティ”なんてわざわざ呼ぶのもおかしいくらいか…と思いつつも念のため)」

機器担:「サードパーティ製のIMAPのメールアプリ…ですか…?」

当方:「ええ。IMAPに対応した、Mail DroidとかK-9 Mailとかのメールアプリで、ドコモのIMAPのサーバにアクセスしようとしても、3ヶ月経つとエラーになっちゃって受信できなくなっちゃうってことなんですよね?」

機器担:「ちょ、ちょっと確認しますので…お待ちいただけますでしょうか…」

機器担:「お待たせいたしました。確認しましたところ、先ほどご案内した、”マイアドレスの期限切れ”によるメールの送受信エラーについては、spモードメールアプリとドコモメールアプリを使用した場合のお話でして、その他のメールアプリを利用した場合に、何らかのエラーが発生するのかどうかは、当方では現状把握しておりません。確認した上で折り返しさせて頂いても宜しいでしょうか?」

 

当方:「…(「その他のメールアプリを利用した場合」って、こいつら、ドコモユーザはみんなドコモ純正のアプリだけ使ってるとでも思ってんのか…? IMAPサーバへの接続設定とかも公開してるんだから、サードベンダ製メールアプリの使用も当然想定の範疇内なはずでは…? )」

当方:「…(待てよ? そもそもこの仕組って、ドコモ側がユーザをドコモの3G/LTE回線から離れていけないように囲い込んでおくためにわざわざ用意した仕組みなはずだし、それで「把握してない」っつーコトは、この部分は囲い込み失敗=サードベンダ製メールアプリを使ってたら、”マイアドレスの更新”をしなくても問題は起きない、っつーことなんじゃないの?…)」

当方:「…(大して使ってるわけでもないメールアドレス維持のために、これ以上手間かけさせられるのもいい加減耐え難いな…)」

当方:「…(所詮、嫁さんの携帯だしな…)」

 

【結論】

当方:「もう良いです。なんでも良いので、パケ・ホーダイ、解約しちゃって下さい

 

つーことで、解約しときました。

だって、たかだか月372円とかだとしても、1秒も利用しないとはっきり分かってるものに毎月定額を払い続けるなんて、あまりにもバカバカしいじゃ無いですか。

 

サードパーティ製のIMAPメールアプリを使用している場合でも、もしかすると3ヶ月経つと、”マイアドレスの更新”的な作業を求められるのかも知れませんけれど、もしそうなったら、そのときはそのときでまた考えれば良いかなと。

ちなみに、サードパーティ製のアプリを利用したiモード/spモードメールの送受信は、ドコモのサービス上は、「ドコモメールのマルチデバイス利用」という中の1パターンに分類されているんですが、マルチデバイス利用にあたっては、「[ドコモメール設定サイト]の[docomo ID利用設定確認]で、”docomo ID利用設定を利用するに設定”」されていればOKという条件しか記載されていないので、何となく大丈夫のような気も…。

マルチデバイス利用におけるご注意事項」を読んでいっても、ドコモメール/spモードメールのときのように、「マイアドレスがど〜たらこ〜たら」とか「90日に一度」みたいな文面は出てこなかったですし。

 

それにしても、LINEとかFacebookとかがこれだけ普及した今の時代、今更大した利用価値も残って無いメールアドレスを使い続けるだけのために、ここまでユーザー側に負担を強いるのってどうなんですかね? 一生懸命囲い込んでるつもりなのかもしれませんけど、こういう1つ1つの勘違いが、長年ドコモを使い続けてきたユーザーのドコモ離れを激しく加速させている原因のような気もするんですけど…。

※【2014年6月26日追記】とりあえず、パケホーダイを解約してから2ヶ月ちょい経ちましたが、今のところは特にマイアドレスの期限切れ的な問題やアラートは発生してないです。7月末段階の状況もフォローして追記したいと思います(覚えてたら……ですが)。

※【2014年7月29日追記その2】パケホーダイを解約してから90日以上が経過しましたが、マイアドレスの期限切れ/更新通知は来てません。

つーことで、

ドコモ純正のメールアプリさえ使わなきゃ、パケ・ホーダイ完全解約しちゃっても、何の問題も無くドコモのメールアドレスのメール送受信できちゃいます。







カテゴリー: Mac,iOS,Android,Kindle関連やWiFi,無線LANなど, 嫁さんの携帯、デュアルSIM携帯化計画   パーマリンク

【デュアルSIM携帯 Xperia M Dual C2005導入7】ドコモ(音声)+MVNO(データ通信)環境に完全移行できたので、パケホーダイを解約してみた への1件のコメント

  1. ピンバック: 【デュアルSIM携帯 Xperia M Dual C2005導入8】タスク自動化アプリ”Tasker”を使って、Dual SIMの自動切り替えが出来ないか試してみた | 徘徊老人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>