徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
家BBQ:簡単で美味しいフランクステーキの作り方

こういうのも「ガーデニング」ジャンルなのか?と疑問ではありますが、ま、「お家の庭やテラスで楽しむ」という広義の目的に対して、そこでお役に立つであろうレシピを紹介するというのもあながち外れてはいないのかなということで。

で、フランクステーキとはなんぞや、という話なんですが、正直ボクも細かいところはよく知りません。簡単にいうと「脂身が少なくて硬い部位のお肉を、甘辛いタレに付け込んでから焼くことで、柔らかくて美味しいステーキにするアメリカの料理方法」というところでしょうか。

以前ある先輩から教えてもらって、あまりに簡単でしかも美味しかったので、それからというもの、自分の家でBBQをするときによくやってます。

友人宅でのBBQにフランクステーキ用に下ごしらえした肉を持参したら、かなり強烈に喜ばれたりもしているので、恐らくこの味、ほとんどの日本人にとって「ど真ん中のストライク」なのでは無いかと思います。

この「手軽で美味しいBBQレシピ」が、お庭/ベランダ/テラスでの生活を楽しむことに一役買うはず、ということでこの度ご紹介させていただくことにしたわけです。

 

【フランクステーキのレシピ】

お肉:牛肉です。そもそもは腹直筋の赤身の多い部分、ささみの部分を、ジューシーで美味しく仕上げるための料理法ですので、ココらへんを使うのが本来の「フランクステーキ」ですが、正直言って、どこの部位でもOKです(脂のある部位を使うと更にジューシーで脂っこい感じになりますので、お好みで幾つかの部位を試してみるのが良いかもしれません)。

つけダレ:以下を混ぜて作ります。目安として分量を書きましたが、各調味料の比率が合っていれば量はいくつでもOKです(肉全体が付け込める量を作れれば)。

・醤油 50cc

・植物油 50cc

・砂糖又ははちみつ 45cc(大さじ3)

・酢  30cc(大さじ2)

・生姜パウダー 小さじ 7.5cc(小さじ1と2分の1)

・ガーリックパウダー 2.5cc(小さじ2分の1)

・ネギ 少々(お好みで)

数字で書くと随分細かい感じですが、要は醤油とサラダオイルと砂糖を同分量混ぜて、そこにこの3点よりも若干少なめのお酢を足して、お好みで生姜とガーリック、ネギを入れる、というだけの非常に簡単な「タレ」です。生姜やにんにく、ネギ系は、臭み消し&風味付け的なものですので、胡椒や玉ねぎなどを使ってみたり、赤ワインをちょっと足してみたり、と、お好みで変えてみるのもアリです。

 

作り方:

(1)包丁の先を使って牛肉に切れ込みを入れます(これは肉の繊維を切って柔らかくする目的と、タレを染み込ませる目的があります)。切れ込みは5mm間隔くらいで均等になるように刺して行きましょう(とは言え相当適当でも大丈夫です)。

(2)上記のタレと肉をジップロックに入れて閉じ、冷蔵庫に3〜4時間位入れておきます。

(3)肉を焼きます。ついでにジップロックのタレで玉ねぎなどの野菜を焼いてみたりしても美味しいです。

上記で完成です。とても簡単で、しかも美味しく、皆でハッピーな気分になれます。

 

この夏BBQをする機会がありましたら、是非試してみてください。




arrowレスポンスなし

コメントを入れる