【2014/2015シーズン初滑り】ひなびて無くてもいーんです。バブル香残るスキー場、苗場プリンス行ってみます。



今シーズンの初滑り、行き先が決定いたしました。

何と、

苗場プリンス…。

苗場スキー場_[0]

 

ひなびてもいませんし、温泉街でも無いですが、

イーんです。

静かにのんびりするのは、暮れと年明けに取っておきたいと思います。

一応嫁さんへのクリスマスプレゼント的な意味合いも込めて、天皇陛下のお誕生日休日の飛び石にくっつけてお休みを取りまして、ちょっと足を伸ばしてみようかなということで。

実は、35年にも渡るスキー/スノボー人生の中で(途中十数年ほどブランクありですが)、初の苗場だったりして。

 

【苗場プリンスの意外と良さそうなところ】

(1)ゲレンデが目の前。

しょっぱなから全然「意外と」じゃありませんが、これ、大事です。去年志賀高原に行ったときにもちょっと書いたんですけれど、小さな子供を連れてのスキー/スノーボードって、宿からスキー場までのアクセスが車だと、たとえ短距離でも必ず全員で一緒に移動することになっちゃいますから、疲れて休みたくなった家族を宿に戻すのも一苦労だったりして、かなり具合が宜しくない…。

その点「ゲレンデ目の前」的なロケーションだと、例えば「嫁さんと娘だけ先に部屋に戻って、長男と僕だけもうちょっと頑張る」みたいなのも簡単にできますし、ひと通り家族の相手して皆が満足したら、最後の小一時間だけでも、ちょっと別行動で滑ったりができますから。

 

(2)意外と安い。

相変わらずミミッチい感じで行かせていただいております…。

そりゃプリンスですから基本的には高いんですけれど、宿泊日とかを選べば思ったよりも安く泊まれます。

っつーか今回のプランでいえば、「2号館ファミリーツインA」という35.8平方mもあるかなりデカ目のファミリータイプの、しかもゲレンデビューのお部屋に、一家4人2泊で34,000円ですから。

苗場プリンスのファミリーツインAの部屋の詳細

そりゃもっと安い宿も探せばいくらでもありますけど、この条件でこの価格だったら結構リーズナブルと言える範囲内なのでは無いかと。

 

ちなみに苗場プリンスって価格設定がちょっと変わってまして(多分苗場だけじゃなくて、プリンス系列はみんなそうなのかなとも思いますが)、そのそもの宿泊料というのが一泊室料的な価格設定になってて、例えばこのお部屋、大人2人で泊まっても4人で泊まっても、同じ合計金額(40,000円くらい)になるような設定になってるんですが(人数が変わると1人あたりの泊料が変わる)、そこに子供が入ってくると、何でだか一泊単価がそこから子供分だけ安くなりまして、当然合計金額も安くなって34,000円で泊まれるようになってしまうという…。

 

言葉で説明すると分かりづらいかも知れませんけど、具体的にはこんな感じ。

・大人2人で2泊だと、1人1泊1万円×2人×2泊で4万円。

・大人3人で2泊でも、1人1泊6,600円×3人×2泊で4万円。

・大人4人で2泊でも、1人1泊5,000円×4人×2泊でやっぱり4万円。

苗場プリンスのファミリーツインA他の宿泊料

苗場プリンスのファミリーツインAの宿泊料大人4人の場合

 

んでそれを、大人2人+子供2人で2泊にすると、 (大人1人1泊5,000円×2人+子供1人1泊3,500円×2人)×2泊で3万4,000円。

苗場プリンスのファミリーツインAの宿泊料大人2人+子供2人の場合

 

これ、(プリンスだけじゃなくて、もしかすると世の中のホテルはみんなそうなのかも知れませんが)なんかおかしくないですか?

だって、夫婦2人で2つベッドメイクしてもらって泊まるより、夫婦2人+子供2人でベッド4つ用意してもらって泊まるほうが安いんですよ?

ま、子供のいる我々としてはありがたい限りなので、今後もずっとこうしておいて欲しいのは間違いないんですけれど、カップルの方とかが聞いたらちょっとムッとくるかな、とか。

 

しかもプリンス系列のスキー場は小学生以下のリフト代がタダ。大人のリフト代は1日券が5,000円(かぐら田代との共通券は5,700円)と確かにちょっと高めの価格設定なんですが、ヤフオクとかで出てる株主優待の各種割引券をゲットしていけば、一日券が大体2,500円〜3,000円で入手できてしまうので、なんだかんだトータルで考えるとリフト代も結構安く抑えられます。

 

例えばこれは株主優待の「共通割引券」と「選べる!株主優待プラン」というのを組み合わせたパターンで、「共通割引券」でまず1,000円引き、それに加えて、「選べる!株主優待プラン」を使うと「1枚買うともう1枚貰える」サービスが受けられるので、この合わせ技で4,000円でリフト券が2枚買えることになります。この2つのセットがヤフオクで2,000円とかで出てるので、結局合計6,000円でリフト券が2枚買える計算に。

プリンス系スキー場のリフト券を安く入手する方法1 割引+2枚券で半額に

 

他にも、「平日半額券」というのが500円くらいで出てまして、これ1枚で4人まで半額にできるので、これをゲットしていけば平日も3,000円以下でリフト券が入手出来ます。

プリンス系スキー場のリフト券を安く入手する方法2 平日半額

他のスキー場だと、例えば去年何度も行ったふじてんとかは子供も4歳以上はリフト代がかかるので、家族4人でみんなしてリフトに乗ると、3,200円のインターネットリフト券を使っても4人で12,800円。2泊3日の日程で3日間フルで滑ったらリフト代だけで40,000円近く掛かっちゃいますから。それに対して苗場プリンスの場合だと、同じスケジュールでリフト代15,000円〜18,000円ですから、意外とバカに出来ない違いだったりするかなと。

 

確かに食事は、ネットでチェックする限りでは、高いし混んでるしで評判はあまり宜しくないんですが、どうせ子供連れじゃのんびりディナーという感じは無理でしょうし、だったら東京から美味しいワインと樹脂製の割れないワイングラス自家製スモークチーズとビールでも持参しつつ、ついでに途中で米処新潟の美味しい日本酒でも買い込んで、午後は早目にスキーを切り上げ、空いてる時間に大浴場〜早い時間に夕食も済ませーの、夜は子供たちも一緒にワイン片手に部屋でウノでもしながらゆっくり過ごすというのが宜しいのではないかということで。

 

(3)意外と近い。

そりゃ、湯沢みたいに「高速降りて5分」みたいなところには敵いませんけれど、走行距離181km、空いてりゃ世田谷から3時間弱、多少混んでたって3時間半くらいでつくなら、まあ御の字かなと。

世田谷から苗場まで181km2時間40分_[0]

月夜野ICを降りてからの下道が30km以上あるというのは、ちょいと面倒な感じもしますけどね…。

苗場まで月夜野ICを降りてから30km以上_[0]

 

(4)意外とコースが楽しそう。

もう最後は意外だろうが意外じゃなかろうがどーでも良い感じですが、これ、超大事でしょー!!!

苗場のコースマップ

だって家族サービス的意味合いが如何に大きかろうとも、基本的には滑るために行くんだし。標高も結構高めですから、何気に雪質も期待できそうな気がします。

 

足慣らし&レッスンは第4ゲレンデでしょうか。

苗場ゲレンデ初級

子供たちが多少滑れるようになってきたら、山頂付近にある筍平ゲレンデというのに家族皆で行ってみるのも良いかも。このゲレンデ、第二ゴンドラで上まで上がるとその先に最大斜度15度平均斜度11度という超緩やかなゲレンデがあって、初心者でも山頂近辺の眺望を楽しみながら滑ることが出来るらしいです。

 

お父さんは、ここいらアタリの動画でイメージを固めつつモチベーションを高めておいて、フラットな一枚バーンの中斜面でも見つけて気持ち良くかっ飛ばしてきたいと思います。



 

一昨年のアサマ2000での経験からすると、最大斜度20度ちょい、平均斜度16度〜18度くらいのコースが一番気持ちよくリラックスしてグライドできるような気がしますから、第二ゴンドラを活用しつつ大斜面ゲレンデ&ダウンヒルコースを攻めてみたいと思います。

苗場ゲレンデ中級

 

どーでしょー、このプラン。

書いてたらどんどん楽しみになってきました。

結果はまた後日ご報告させていただきたいと思います。

※日本全国大雪が降りまくってるみたいですが、皆様大丈夫でしょうか。苗場、雪良いかな…。







カテゴリー: サーフィン&水中撮影&水中カメラ, スノボ&スキー, 子供にスキー/スノボ/サーフィンを教える   パーマリンク

【2014/2015シーズン初滑り】ひなびて無くてもいーんです。バブル香残るスキー場、苗場プリンス行ってみます。 への1件のコメント

  1. ピンバック: 徘徊老人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>