【マジ遠かったっす】初滑り@志賀高原・高天ヶ原スキー場とレイバック&壁遊びのイメトレ



先日、週末にちょっと仕事をした代わりに、平日お休みしてスノボーに行って参りました。

行き先は志賀高原・高天ヶ原スキー場。

マジ遠かったっす…。

世田谷から志賀高原までのルートと時間_[0]

 

世田谷から距離にして269km。Google様の予測では3時間38分。

コレに加えて、子供連れの場合には必ずトイレ休憩が入りますので、実際は普通に4時間コースでしたね…。

 

朝5:50に起きて、眠い目をこすりながら歯を磨きつつ早速車を暖気。

ちょっとだけお仕事のメールをチェックしてから、暖気が完了して温まった車内に、寝ている子供たちを寝巻きのまま積み込んで出発したのが6:30過ぎ。

世田谷通りを使って環八に出たのが7時位で、ほとんど渋滞にはハマらなかったものの、それでもスキー場に到着したのは11時くらいでしたから…。

 

でも雪は良かったっすね〜。

子供連れなのでそれほどバリバリはできなかったんですけれど、さすが志賀高原、伊達に標高高く無いです。12月中旬にして既に十分な積雪量がありました。

温泉もあったし、ホテルはゲレンデの目の前。アットホームで快適で、コレで距離さえもうちょっと近ければ、間違いなくリピートしまくっちゃうと思うんですけどね…。

せめて、休憩入れて3時間ちょいでついたらな…。

 

それにしても、ホテルがゲレンデの目の前って良いですね。

子連れだと、結構すぐに子供が疲れたりしてホテルに戻らなきゃならなくなったりするじゃ無いですか。ホテル-ゲレンデ間が車移動だと、家族揃って戻って、また出てきて、という感じで動くことになっちゃいますけど、ゲレンデからホテルまでが歩ける距離だと、嫁さんと子供だけ先に帰っててもらうことなんかもできますし、朝とか夕方にちょっと別行動して何本か滑ってから合流、みたいなこともできちゃいますから。

こういうあたりが、小さなお子さんがいるご家庭の場合なんかだと、結構大きなポイントだったりするのかなと。

 

GoProでちょっと自画撮りもしてみました。



実は今回のスノーボード行きにあたってGoProの自画撮り用モノポッドを入手したんですが、何せ初めて使うものなもので、どのくらいの長さだとどんな感じの画が撮れるのかがよく分からない。

っつーことで、上記の動画ではロッドの長さを変えながら、2段37cm→3段54cm→4段69cm(最長)の順番で、3パターンの長さで撮影してみました。

個人的には3段54cmか4段69cmのどちらかがイイ感じかなと。あんまり近いと、ライダーの体ばっかり映っちゃってあんまり面白くないですよね。

 

使用したモノポッドはコチラ

Hanwha 自分撮りに好適な一脚 ハンドヘルドモノポッド bou5 [液晶画面確認用大判ミラー付][ボウ・ファイブ][bou4 後継製品]

価格1,500円くらいと、他のモノポッド/一脚に比べて非常に安価でしたけど、アルミ製で重量86gと軽量。4段のロッドは23cm〜69cmまでの範囲なら自由に長さが調節できます。

 

ライディングがイカさないところはご愛嬌ということで何卒ご容赦頂きたく…。

 

そもそも、

「久しぶりにスノボー復活するゾ!」

と意気込んだのは、壁とかにガンガン当てたりして、レイバックとかしまくるためだったんですが…。

こんな感じ?



ま、去年15年ぶりに板はいた分際でそんなこと出来るわけも無く…。

つーか、15年前でもそんなことできませんでしたし…。

 

でもね。

いーんです。これから必ず出来るようになるから。

まずはイメトレだな。

 

と思って、Web上をウロウロしてましたら、

見つけちゃいました!

このレッツゴースノーボードっつーサイトの「地形で遊ぼう」というコーナー、マジ良い感じです。

このGIF、イメトレにサイコーなんですけど。

 

こんな感じに壁を上って降りて加速してという基礎的なあたりから始めて、

スノーボードで壁ターンの基礎

 

んで、バンクに張り付くようにターンして加速してみたりね。

スノーボードでバンクターン

やっぱココらへんが基本でしょー。最初はバックサイドの方がやり易いかも?

 

で、ココらへんの繰り返しで壁の使い方が上手になってきたら、最終的にはこんな感じになっちゃうわけです。

スノーボードでレイバック

サーフィンでもそうですけれど、ある程度のスピードとバーティカルなアプローチがキモなのかなと。

スノーボードで壁スプレー

 

こんなのも良いですね〜。

スノーボードで壁てでスピン

 

あんまりにもいい感じだったので調子にのって思わずGIF貼っつけちゃいましたけど、リンク先のページにはポイントとかコツとかについて色々と書かれててかなり勉強になりそうな感じだったので、興味があるかたは是非覗いてみてください。

 

この間の志賀はまだ雪がちょっと足りなくて、なかなか壁が見つけられなかったんですけれど、これからシーズン本番になれば、こんな感じの壁が至るところに出現してくれますからね〜。

次回に向けてイメトレに励みたいと思います!







カテゴリー: サーフィン&水中撮影&水中カメラ, スノボ&スキー   パーマリンク

【マジ遠かったっす】初滑り@志賀高原・高天ヶ原スキー場とレイバック&壁遊びのイメトレ への4件のコメント

  1. ピンバック: 【今年も沢山遊びたい】スノボ@マウントジーンズとMOSS 58PTのセッティング考 | 徘徊老人

  2. ピンバック: 【寒波到来/冬到来】2013-2014シーズンも、バフバフのモフモフで行きたいものです。 | 徘徊老人

  3. ピンバック: 【スパルタはダメよ】4歳女児にスキーを教える(事前確認&準備) | 徘徊老人

  4. ピンバック: 【2014/2015シーズン初滑り】ひなびて無くてもいーんです。バブル香残るスキー場、苗場プリンス行ってみます。 | 徘徊老人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>