【いい加減どうにかして欲しい】iTunesがメタリカのジャンルを勝手に「ポップ」にしちゃうの



あのー、うちのMacにインストールされてるiTunes、何でか知りませんが、ライブラリの中の英語のアーティスト名とか曲名とかを勝手に日本語(カタカナ)に書き換えてくれちゃうんですが……。

これ、別に今に始まったことでもなければ、うちのMacだけで起きてることでもありませんで、iTunesのバージョンが7.6になって以降、日本中のMac&Windowsパソコンにインストールされた全てのiTunesでずっと起き続けていることなわけです。

調べてみたらiTunes7.6のリリースは2008年の1月ころですから、実に6年以上もこの状態がずっと続いてるという……。恐ろしや恐ろしや……。

 

とりあえずの対処としては、アプリケーションフォルダ内にあるiTunesのパッケージの中身を表示して、Contents→Resoucesフォルダの中にある”Japanese.lproj”というフォルダを

怒りに任せて全力でゴミ箱に叩き込めば、この事象は発生しなくなる 

iTunesのContents→Resoucesフォルダの中のJapanese.lprojフォルダ

んですが、ぼーっと無意識のうちにiTunesのバージョンアップを適用しちゃったりすると、この”Japanese.lproj”フォルダも復活して、気がつかないうちに色々と勝手に書き換えられてたりして、ウザいことこの上無い……。

 

元はこんな感じだったはずのものが、

元の正しい曲名、ジャンル名1_[0]

元の正しい曲名、ジャンル名2_[0]

ふと気がついたら、いきなりこんなっすよ。

勝手に書き換えられて汚染された曲名、ジャンル名など

コレやられると、せっかくスマートプレイリストというサイコーに便利な機能を使って、アーティスト名とかジャンル名から動的に作成してる各種プレイリストもめちゃくちゃになっちゃって迷惑この上無いです。

アプリがユーザデータを勝手に書き換えるなんて、常識的に考えて許されないというか、そもそもあり得ないことだと思うんですけれど、Apple、絶対に直してくれないんですよね……。

 

しかもね。

Metallicaのジャンルが「ポップ」って…。

メタリカのジャンルがポップって..._[0]

間違い?

本気?

曲目急遽変更からの”Last Caress”と”So What” F☓☓K連呼しまくりつつ2曲連続演奏、終わるやいなやジェイムズ・ヘットフィールドにマイクスタンドを叩きつけられ、ラーズ・ウルリッヒにドラムセットぶっ倒されますゼ。

しかもこれ、アーティスト名をMetallicaに戻すと、何でだかジャンルもThrashに戻るというよくワケの分からない動作までしてくれたりします…。

 

この問題のどこが良くないって、当然ユーザデータをアプリが勝手に書き換えるなんて事自体言語道断なワケですが、百歩譲って仮にそれは許したとしても、考え方の一貫性みたいなモノが全然見えないところがまた宜しくないと思うんです。

もしも考え方として、「国や地域が変われば、アーティストや楽曲のジャンル分けも変わる」というようなコトを許容してるんだったら、最終的には「そもそもアーティストや楽曲のジャンルというのは結局は個人の主観で決定されるもの」という考え方になっていくと思うんですよね。

逆に、「ジャンルというのは、主観やその他の要因で決まるものでなくて、どこに行こうが誰が聴こうが必ず一緒・普遍的」という考え方だからこそ、アプリがそれを強制的に書き換えるような訳の分からないクソな作りを、何年何年も頑なに守り続けてるんじゃないんですか?と。

だったらそれが国毎にバラバラだったり、ましてやそれに誤りがあったりしたらお話にならんでしょう……。

 

で、ともかくコレはオカシイと思ってるので、今までに何度も何度も何度も何度もApple様に

なんとかしてくれ〜

と対応のお願いをしてるんですけれど……。何とかしてくれませんね……。

つーか、流石に6年も経って巷ではそれなりに知られた問題なのにも関わらず直さないっつーことは、そもそも何ともする気無いんでしょう。

多分担当者が音楽聞かない奴なんだと思います。CD100枚くらいしか持ってないのに「音楽結構好きだし」とか言っちゃうようなやつなんでしょう(勝手な思い込み)。

 

まあ、iTunesの使用許諾のどっかに、「ユーザは、管理その他の目的のためにソフトウェアがユーザデータの一部を加工、修正することを了承するものとします」みたいなコト書かれてんだろし、結局ユーザは泣き寝入りするしか無いんでしょうね……。

と思って、念のためiTunesのソフトウェア使用許諾しっかり読んでみたら…。

 

アンタコレっ!!!

どこにもそんなこと書いて無いんですけど…。

つーことは、「単なるソフトの仕様です」的な……?

仕様だからって、アプリがユーザデータを勝手に書き換えたりして良いんでしょうか?

ホント、これ、オカシいと思うんですけど…。

Finderがファイル名やタグ勝手に書き換えたり、Excelが表内の数字勝手に書き換えたりセルに色付けしたり、Wordが文章勝手に校正したり、

そんなコト、ある?

やっぱそこだけは守んなきゃダメなことなんじゃないの?(実際にはあったりするのがこの世界の怖い所でもあるわけですが…)

 

まあ、ホントのところは使用許諾のどこかにこの関連のことが書かれてるのかも知れませんし、そうじゃないかも知れませんし、Appleがこの機能を親切心から実装してるのか、なにかの信念に基いて実装しているのか、それ以外の理由が何かあるのかもわかりませんが、これだけは言っておきたいと思います。

Metallicaのジャンル名を「ポップ」に書き換えるのは、迷惑以外の何物でもねーよ

と。

 

日曜の夕暮れの一家団欒時に、TPOを踏まえて「ジャンル:ポップ」の曲を流してたらBatteryとか流れてきちゃったら気まずいでしょ?

どうしてくれんのよ……?







カテゴリー: Mac,iOS,Android,Kindle関連やWiFi,無線LANなど   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>