徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
【手斧所有のススメ】薪割って、ついでにちょっと遊んできました

1ヶ月ほど前になりますが、「斧買っちゃいました」っつー話を書きました。

当初の目論見としては、

「手斧があれば、暖炉用の薪のサイズ調整したり、焚きつけ作ったり、色々出来て便利ジャン」

ということでして、その後着々と薪割りに勤しんでおるトコロなんですが、ついこの間の休日、たまたま家族が不在のほんの2〜3時間の時間を縫って、多摩川河川敷で薪割ったりして遊んできたので、そのときの写真をちょっとアップしておこうかなと(このサイトの訪問者の8割方が「Nexus7 hdmi」「Nexus7 テレビ」「Nexus7 iTunes」とかのNexus7系キーワードでお越しいただいている様なので、ホント、こんなモンばっかアップしてると、いつか愛想つかされると思うんですけど…。そっち系もかかさず書き込んでいく所存ですので、何卒ご容赦の程…)。

 

【用意するもの】

手斧、焚き火台、パーコレータ、水、カップラーメン、コーヒー豆とドリッパーとコップ

こんだけです。

 

まず、薪を割りまくります。

※この日、かなりの強風が吹き荒れてまして、薪が風で倒れるもので、かなり割りづらかったです。連続して割りそびれるシーンとかをみると、人によってはイライラしたり気分が悪くなるかも知れませんのでご注意ください。



何度も失敗しまくってますが、やっぱ薪を割るときの「コンコンッ」「パキッ」っつー感触はなんとも言えず快感です。

これ、結構良いストレス解消になると思いますね。

 

んで、焚き火台で、おもむろに何本か焚き付けサイズの薪を燃やしたりします。

薪を割って焚き火

ホントに風の強い日でして、しかも着火剤とか持ってなかったんで少し苦労しました。結局手斧でひたすら薪を細く割っていって、最後は強引にライターで火をつけたら、相当乾燥してたらしく、あっという間に燃え上がりましたけどね。

火がしっかりと燃えてきたら、パーコレーターでお湯を沸かします。

薪を割って焚き火でパーコレータでお湯を沸かす

直火で無いのでなかなか沸騰しませんが、それでも15分くらいで結構熱く(80度くらい)なってきます。

で、おもむろにカップラーメンを取り出しまして、

薪を割ってカップラーメン

食べます。

薪を割ってカップラーメン

残ったお湯で、コーヒーを淹れて飲みます。

薪を割ってコーヒー

正味1.5時間くらいでしょうか。

ホントはキャンプとかに行きたいんですが、こんなんでもアウトドア気分をちょっとだけ味わえて、結構楽しかったです。

真冬の多摩川河川敷で焚き火&カップラーメン&コーヒー。

いかがでしょー?

 

家族がいるくせに、家族抜きで独り密かにこんなコトばっかしてるから、ネクラとか言われちゃうんでしょーね…。

でも、楽しいから良いんです!

次回こそは、Nexus7あたりのネタで何か面白いコト書きたいかなと…。




arrowレスポンスなし

コメントを入れる