【スキーバンジーまじスゴイ】4歳女児(ほぼ)初スキーにしてガンガン滑っちゃってるんですが…。



いや〜、マジスゲエんでございますよ。

何って、スキーバンジーでございますよ。

 

うちの下の子(4歳♀)、今年からスキーやらせてみてまして、ヤフオクで安い中古のスキーセット落として、年末に行った苗場でホンのちょっと雪の上で遊ばせたり、股の間に挟んで滑らせたりしてみたんですが、正直って、股はさみボーゲン、何気に結構キツイ…。

で、このあいだ日帰りで行った湯沢中里で本格デビューさせるにあたって、股はさみボーゲンは疲れるのでご勘弁願いたく、この際だから、とっとと自立して1人で滑ってもらおうかなと考えまして。

何か良いアイテムがないかネットで探してみたところ、やはり以前から目を付けてたボーゲン養成ギプス的なのが宜しいようで。

コンケストのトライスキー60Kは、なかなか良さ気ながらも、ちょい高い…。

で、色々調べて行ったところ、やっぱ「子供用ハの字養成ギプス スキーバンジー」が良いのかなということで。


こちら、同じような作りながらも、お値段1,950円と、コンケストのトライスキーよりもかなりお安い価格設定。

しかも、両足の間がゴムなもんで、コンケストのやつよりも遊びがあって、良い感じに練習できそうです。

 

実際に娘のスキーにつけて滑らせてみた動画はコチラ。



アテクシも、7歳くらいで初めてスキーを履いたその瞬間からメチャメチャ上手で、自分で言うのもなんですが、神童的な天才スキーヤーだったという記憶がおぼろげながらにございますが、娘はそれを遥かに凌ぐ1000年に1人レベルの逸材なのではないかと思ってしまいました。親バカでしょうか? それとも、過去の記憶部分含めて良い感じに頭がモウロクしてきてるんでしょうか。まぁ、両方でしょうな。

 

ちなみにこちらがコンケストのものを使用している動画。



何だか、板の先端同士がガシっと繋げられてるせいで、ちょっとボーゲンとは違う滑りになっちゃってますよね。ここまでいっちゃうと、外したときの反動が大きそうな気も…。

あと、このコンケストのヤツは、最近のカービングタイプのスキーにはほぼハマらないらしく(ノーズがファットなので)、そういう意味でもスキーバンジーの方が、どんなスキーにでも確実に取り付けられてオススメです。

 

長男(6歳)もほぼ1人で滑れる(木の葉落としレベルですが)ようになってきたので、二人とも手を離れてくれれば、これでお父さんも心置きなくカービングの練習に励めるというもの。

ということで、

【スノーサーフィン道 あしたのために(4)】

でございます。

 

今回参考にさせていただいたのはコチラ、

DVDでよくわかる フリーラン上達のヒント50」。


まあ、別にターゲットをカービングのみに絞った本というわけではないんですけれど(というか、僕も別にカービングだけを練習しようと思ってるわけでもないですし)、内容を簡単にご説明しますと、

「色んな動作を幅広く練習すると、カービングがギュンギュンにキレるようになっちゃって、 カービングがギュンギュンにキレるようになっちゃうと、なんでも上手になっちゃうよ(かなり適当)」

的な…?

DVDも付いててとても分かり易いです。内容もしっかりしてるし、カラー130ページのムック+DVDで1,650円というのは中々のお買い得でした。イヤ、マジで。別に広告とかじゃアリマセンから…。

 

ということで、今回は、子供の面倒を見ながら、合間合間でお父さん本人も楽しんでできそうな、この本の中でも特に「楽しんでできちゃいそう」というメニューを幾つかピックアップして、【スノーサーフィン道 あしたのために(4)】とさせていただきたいと思います。

 

【スノーサーフィン道 あしたのために(4)】

(1)腕組ロングターン(本誌P70、動画39分8秒〜)

DVDでよくわかる フリーラン上達のヒント50-腕組ロングターン

腕を組んでターンをすることで、腕に頼らず、体軸だけでバランスを取ることができるようになり、リカバリー能力や、体軸の安定を手に入れることができる。

 

(2)手のひらターン(本誌P74、動画42分50秒〜)

DVDでよくわかる フリーラン上達のヒント50-手のひらターン

ターンに合わせて手のひら/手の甲を交互に上にするように動かしてリードすることで、ターン後半をしっかりとメリハリをつけて切れ上がり、次のターンにも強い角度付けで入って行くことができる。また、腕の回転に伴って体のローテーションも適度に入るので、自然と体軸が傾いて角度付けができる。応用編として、ターン後半で、前の手で雪面に触れるようにしてみるのもアリ。

 

(3)エッジタッチターン(本誌P76、動画44分50秒〜)

DVDでよくわかる フリーラン上達のヒント50-エッジタッチターン

ターンをしながら谷側の手でエッジに触ることで、強い角度付けをする感覚、その際のバランスの取り方を身につけることができる。しっかりと「くの字姿勢」を作って。エッジに触れないほうの腕は、肩のラインにあげてバランスを取る。

 

(4)ハンドスライドターン(本誌P78、動画46分52秒〜)

DVDでよくわかる フリーラン上達のヒント50-ハンドスライドターン

ヒールサイドのターンでは前の手、トウサイドのターンでは両手で、雪面に触れていく。トウサイドでは、低い姿勢ながらも上体はしっかりと起こして、前かがみや出っ尻にならないように。ヒールサイドでは「くの字姿勢」をしっかりと作って。バックカントリー系の人たちも、ピステン滑るときは必ずと言って良いほどやってますもんね〜。

 

(5)クラウチング・ターン(本誌P88、動画54分35秒〜)

DVDでよくわかる フリーラン上達のヒント50-クラウチング・ターン

両手を体の前で合わせ、低い姿勢で上半身の軸を水平に保ったまま、下半身を使ってターンをする。空気抵抗を少なくしてスピードに乗り、進行方向をしっかりと見て、スピードに負けないように。

 

(6)ローテーション・バンクターン(本誌P110、動画1時間14分38秒〜)

DVDでよくわかる フリーラン上達のヒント50-ローテーション・バンクターン

コブ斜面で、凹面の外側のバンクを使って、地形を舐めるようなライン取りで雪面にしっかりと圧をかけつつ滑る。姿勢を低く、下半身を十分に柔らかく使って、衝撃を吸収しつつ、ローテーションを繰り返して、上半身を安定させながら滑る。斜面にしっかりと体を合わせること、体が遅れないこと、スピードに負けないこと、ラインを的確に判断することで、全ての状況を完全にコントロール下に置くことができれば、ボコボコの立体地形を楽しむことができる。

 

(7)ボトムターン(本誌P112、動画1時間19分38秒〜)

DVDでよくわかる フリーラン上達のヒント50-ボトムターン

斜面のヘリ(角度が変わっていく部分。下りならば、斜面の終わり、フラットになっていくエリア。登りならば、フラットから登り斜面に入っていくエリア)の部分で、板をしっかりと踏んで圧を加え、その後しっかりと抜重することで、ボードを加速させることができる。体軸は斜面に対して垂直に保ち、重心はボードのセンターに。

 

特定の地形や、スピードを出さないとできないようなメニューはちょっと厳しいですが、それ以外のものであれば、子供の面倒を見ながらでも練習できちゃいますから。

上記は全部で50もある様々なメニューを抜粋しただけですので、ご興味のある方は是非実際の本も買ってみてください〜。

これで今シーズン終わりには、ギュンギュンにカービングの切れる40オヤジになれちゃってるかも。うっしっし…。

 

でも、ウチのMOSS SNOWSTICK 58PT、この上なく緩い乗り味だからな…。

こちらはついこの間、58PTでふじてんのクアッド左のコース脇で、なんちゃってアップスをしてきた動画。



なんちゃってにすらなっていないという噂もありますが、言い訳させていただきますと、結構岩がゴツゴツでてまして、アテクシ、目がものすごく悪いので、あんまり思い切って責められなかったというのもございます。

 

それにしても、ロッカーでピンテールという形だからこそ、この良い感じのルーズさにつながってて、それこそがこの58PTという板の魅力なんだろうとは思いつつも、バリバリカービングが切れるボードとか買っちゃいたい気もしてきたりして…。

MOSSだったらPerformanceQuadの160とか?

TJのGolden Batとかも面白そうですな。Hardの方が良いかな。

TJ Brand Golden bat : Bonzar bottom1

TJ Brand Golden bat : Bonzar bottom2

TJ Brand Golden bat : Bonzar bottomスペック

 

あとはSNOWSTICKじゃない方のMOSSのQシリーズとかね。

MOSS q

そういえば58PTもよく考えたらmodel THだし、もしかしてアタイ、廣田鉄平プロが好きなのかも。











カテゴリー: サーフィン&水中撮影&水中カメラ, スノボ&スキー, スノーサーフィン道 あしたのために, 子供にスキー/スノボ/サーフィンを教える   パーマリンク

【スキーバンジーまじスゴイ】4歳女児(ほぼ)初スキーにしてガンガン滑っちゃってるんですが…。 への1件のコメント

  1. ピンバック: 【目指せ怪人カービングキレ男】ビンディングセッティング(1)MOSS 58PT_1  | 徘徊老人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>