子供連れでも気兼ねなく行ける「モンスーンカフェ」渋谷店



先日、夫婦揃って急激に「生春巻きが食べたい病」に羅患し、急遽渋谷のモンスーンカフェに行って参りました。

僕らが学生だった15年以上前の時代、モンスーンは「ちょっと洒落目のチェーン飲み屋」だったと思ったんですが、時は流れ、随分と「子供連れにやさしいお店」な感じになっていたのでちょっとご紹介しておきたいと思います。

住所は東京都渋谷区神南1-6-8 、渋谷の公園通りの坂を登り切ってNHKのある「渋谷区役所前」の交差点に面した「カンパリビル」の4Fにあります。

ちなみに、同じビルの2階と3階には同系列のZESTとボエムが入ってます。

 

まず、なんでこの日僕らが数ある渋谷のエスニック系料理屋の中でこのお店を選んだかといいますと、「公園通りの坂を登り切った辺りにあって駅からちょっと離れているので、休日なら空いてるんじゃないか≒小さな子供連れでも気兼ねなくエスニックを食べられるんじゃないか」ということだったんです。

余談ですが、このエリアの地下には「渋谷区役所前駐車場」が広がってまして、この駐車場、地下から登ってくる階段が沢山あるので、お目当ての建物の目の前に出てくることができたりてとても便利です(モンスーンに行く場合は5番階段から出ると目の前に出られます)。

 

で、「エスニックなので、もしかしてちょっとスパイシーすぎて子供たちが食べられないかも」ということで、申し訳無いながらも、下にあったデイリーヤマザキで焼きおにぎりを買っておきました…。

こうしておけば、ゴハンはOKなので、あとはスパイシーで無いおかずを幾つかピックアップすれば大丈夫なので安心です。

 

お店には12時ちょうど位に入ったんですが、日曜なせいか、12時だとまだガラガラです。

モンスーンカフェ 渋谷店 店内

モンスーンカフェ 渋谷店 店内

100席位ある席には、まだ2組くらいしかお客さんが入ってません(この後12時半くらいから結構お客さんが入ってきて繁盛した感じになってました。時間を少しずらすのも、子連れ外食のポイントだと思います)。

しかも、偶然にもモンスーンカフェ側も「子供連れ」を意識していたらしく、「子供のドリンクバー無料」という素晴らしいサービスが提供されてました。

これはちょうど良かったということで、オトナが1,500円のランチコースを2つ頼んで、それをオトナ2人+幼児2人の4人で分けることにしました。

 

ランチコースのメニューは「生春巻き1本+(蒸しエビ焼売orタイ海老トースト)+(メインとしてナシゴレンやフォー、ガパオ炒めご飯、カレーなど5種から選択)+ドリンクバー」というセットでして、コレを二つ頼んでみんなで分けるとちょうど良かったですね。

 

以下、食べちゃったあとの画像で恐縮ですが…。

生春巻きです。

モンスーンカフェ 渋谷店 生春巻き

エビトーストと蒸しエビ餃子、それぞれ一個ずつ選択してみました。

モンスーンカフェ 渋谷店 蒸しエビ焼売とタイエビトースト

この三つはスパイシーでも無くて、子供たちも食べられましたね。

で、メインはナシゴレンとフォーを選びました。

モンスーンカフェ 渋谷店 鶏肉のフォーとナシゴレン

フォーは辛くないので、子供も食べられましたけど、ナシゴレンはちょっとだけスパイシーでした。要注意はナシゴレンに着いてる「えびせん」です。これはかなり胡椒が効いてて辛い感じなので気をつけてください。

 

ランチに3,000円(お酒抜きで)というのが贅沢なのかどうかは別として、小さな子供連れでも全く気兼ねなくエスニックが食べられた、というのはかなり嬉しかったです。

ウチの奥様も喜んでおりました。

唐突に生春巻が食べたくなったら、モンスーンカフェをチョイスしてみるのもアリだと思いますよ。







カテゴリー: お食事, 奥様/旦那様, 家族で/お出かけ/お食事   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>