【コレはイカン】電子書籍の数多あるメリットと、現認した1つの致命的なデメリット



僕はそこそこ本を読む方(と言っても、せいぜい文庫を月に2〜3冊買う程度ですが)だと思うんですが、実は、いい歳してマンガもたまに読みます…。

さすがに本屋でマンガコーナーに足を運ぶほどは読まないですし、週刊誌も読まなくなって久しいですが(ただし、ヤンマガのチェリーナイツだけは、コンビニでヤンマガを発見したときだけ立ち読みしてます)、気になっているマンガだけフォローして読んでる感じですかね。

 

今読んでるのは、以下の3つ。

(1)リアル

「スラムダンク」や「バガボンド」の井上 雄彦先生の書いている車椅子バスケのお話。マジ面白いです。

(2)ヒストリエ

「寄生獣」の岩明 均先生の書く、紀元前4世紀ころのギリシア・ペルシア・マケドニアなどを舞台とした古代オリエント・歴史物のお話。マケドニア王国のアレクサンドロス大王に仕えたエウメネスという書記官が主人公です。こんな感じの世界をイメージすることができていたら、中学高校のころにもっと世界史を一生懸命勉強したと思うんですけど…。

(3)山賊ダイアリー

猟銃免許・狩猟免許を取って猟師になった作者が描く「狩猟日記」。やっぱ人間はもっと自然の中に身を置いているべきでは?と思わさせられちゃったりします。猟銃の免許、取ってみたくなりますね。

 

どれも単行本で読んでまして、「リアル」と「ヒストリエ」は年1巻くらいのペースで刊行、「山賊ダイアリー」は半年で1巻というくらいのペースですので、こうやって考えてみると、「大体年4冊・3ヶ月に1冊くらいはマンガを読んでます」というのが正しいんですかね。

あ、でもよく考えたら、無料で読める「ブラックジャックによろしく」とかを突然読んだりしてますので、なんだかんだで年10冊以上は読んでるのかも。

ブラックジャックによろしく

「ブラックジャックによろしく」、かなり面白いです。

スマフォやタブレットを持っている方は、無料で読めるので、時間があったら是非読んでみることをオススメしておきます。

ブラックジャックによろしく

やっぱこういう「仕事や人生に対してアツい人間」が出てくる話って面白いですよね〜。

ココらへんの好みは小説の好みとも共通点があるのかも。

池井戸潤作品とか好きですし。

 

で、「リアル」は電子書籍が出てくる前から読んでるので、紙の本で読んでたんですが、「ヒストリエ」と「山賊ダイアリー」は、実はNexus7をゲットしてからKindleの電子書籍で読み始めまして。

Nexus7の7インチの画面って、マンガを読むのにジャストフィットな感じで中々良いんですよ。

Kindleで山賊ダイアリー

大体1ページが、紙の単行本の1ページよりちょっと小さいくらいな感じでしょうか。

Nexus7って、片手で長時間持ってもギリギリ大丈夫なくらいの重量/サイズに収まってますし、7インチサイズのタブレットが出てきて、色々な意味でやっとこさ電子書籍が実用的なレベルになってきたような気がします。

 

しかも、以前にも書いたんですが、ヒストリエのような、「歴史を理解してたほうが更に面白い」みたいなお話は、読んでてよく分からなかったことやちょっと疑問に感じたこと、時代背景的なものとかをサッとWebで検索しつつ読めるので、中学高校時代に世界史をゴミ箱に捨て切っていた僕のようなオジサンはホント助かります。

Nexus7だと音声検索の精度もかなり高いので、ソフトウェアキーボードでちまちま入力する手間も無く検索できて楽ちんですし。

いちいち書店に買いに行かなくても良くなったし、本棚を圧迫もしないし、紙の本よりも10%くらい安かったりして、電子書籍ってホントメリットだらけでめちゃめちゃ便利です。

 

と思っていたら…。

1個だけ、強烈に酷いデメリットを今まさに発見してしまいました…。

 

山賊ダイアリー第3巻、3月22日に刊行されてますけど…。

山賊ダイアリー3巻刊行

そして、Kindle版が出てないんですけれど…。

山賊ダイアリー3巻刊行Kindleはまだ

こりゃ酷く無いですか…?

だってね…。

1巻と2巻をKindle版で読んだ人は、3巻もKindle版で読みたいわけですよ…。

3巻だけ紙で買うなんて、気持ち悪くてイヤじゃ無いですか…。

 

でね…。

「Kindle版は手続きの関係上、発売が1週間遅れます」なんつーことがあったら、イヤですけど、ま、ガマンしますよ。

1週間くらいならね…。

ホントは紙版の発売と同時がアタリマエだと思いますけど、百歩譲って、そのくらいだったら「ガマンします」っつー感じです。

 

もう3週間くらい経ってるんですけど…。

イヤ、ま、今まで気が付かなかった分際で、こんなエラソーなこというのもどーかとは思いますが、それでも、

コレはイカン

だろうと。

 

知ってしまったからにはもう、今すぐ読みたいんで。

Amazonさん、

即日のKindle化、

よろしくお願いします!

※Amazonどんの名誉のために補足しておきますと、同じく「山賊ダイアリー」を電子書籍化しているBookLiveでも、今のところ3巻は発売されていないようです。

つまり、単にAmazonどんの対応がどうとかそういうコトではなく、出版元である講談社とかを含めた手続き上の問題のような気もしますが、

誰が悪いとか

手続き上、仕方がないとか、

そんなことは

どうでも良いので、

とっとと電子版を

リリースするように。

以上。







カテゴリー: Mac,iOS,Android,Kindle関連やWiFi,無線LANなど, 電子書籍関連   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>