徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
コストコで買った折り畳み式のワゴン

コレが「ガーデニングや庭、テラス、ベランダなどに関すること」というこのサイトの主旨に合っているのかどうかちょっと微妙なんですが、昨年コストコで買ったCollapsible Wagonという折りたたみ式のワゴンがホントに便利で役に立っているので、ちょっと自慢がてらご紹介しておこうかなと。

この折り畳みワゴン、折りたたむとこんなにコンパクトになるんですが

コストコのカート 折りたたんだ図

ワンタッチでこんな風にかなり大きく広がります。

コストコのカート 広げた図

広げた場合のサイズは、長辺が80cm弱くらい、幅が55cmくらい、深さは20cm強といったところで、がっしりとした引き手がついてまして、大きな荷物とかを運ぶのにとっても便利です。

コストコのカート 引き手

引き手は360度どちらにも可動するタイプで、ワゴンが引き易くてとても楽です。

この引き手の引きやすさと、後述するタイヤの大きさ/太さのお陰か、かなり小回りも効きますし、見た目の大きさよりもずっとスムーズに軽々と引き回せていい感じです。

 

広げるのと同様に、畳むのもワゴンの荷台中央部についたベルトを上に引っぱり上げるだけでワンタッチで畳めます。

コストコのカート 折り畳み

拡げたり畳んだりがいちいち大変だったりすると、そこら辺が面倒くさくていつの間にか使わなくなってしまったりしそうですが、このワゴンの場合はそういう心配は一切要りません。

 

日頃は自宅でのガーデニングのための大きな荷物を運ぶ際に使ったり、屋外でBBQをする際に重いものの運搬に使ったりしてるんですが、かなりコンパクトに折り畳めるので、車のトランクに積んでおけば、移動先や旅行先でも使えてかなり便利です。

コストコで確か6〜7,000円くらいで買ったんですが、Amazonでも買えます。

こっちが恐らく僕が買ったのと同じやつで、Collapsible Wagonという製品名そのまんまの折りたたみワゴン。僕が持っているワゴンを調べてみたところ、耐荷重45.3kg(=100パウンド)という表示になっていました。


 

で、他にも似たような折りたたみワゴンがあって、こちらはドッペルギャンガーアウトドアの フォールディングキャリーワゴン C2-46というタイプ。耐荷重100kgまでOKだそうです。


価格はこちらの方が若干高いんですが、比較してコチラを選んでいる人も多いようです。

 

上記よりも安価且つ評価が高いのが、コチラの山善のマルチキャリー


実際にはどれもほとんど同じものと考えて良いとは思うんですけれど、ユーザーレビューを見る限り、総合評価的にはこの山善のものが一番良さそうな感じですかね。※しかも、今なら10%のAmazonのポイントがついて更にお安く買えちゃいます。

 

で、今回この折りたたみワゴンを旅行先に持って行ってみたんですが、そのあまりの便利さに改めてびっくりしまして…。

まず、従来なら駐車場から宿泊先の家(結構遠いんです…)まで3往復くらいして運んでいた家族みんな分の大物の荷物を、一発で運搬できてしまいました。

カートに荷物満載

ワゴンに積んだ荷物の重量は測ってないですが、多分合計で5〜60kgくらいはあったと思います。スペック的には耐荷重の上限を超えて積んでいたと思いますが、全然へっちゃらな感じです。

このワゴン、実際には恐らく100kg近く積んでも大丈夫な様に作られているのではないかと…。

しかも驚かさせられたのが、その走破性です。途中こんな感じの山道を通ったんですが、「さすがにワゴンでは無理かな」と思ってたんですけれど、全然問題なくそのまま通れてしまいました(さすがにこの山道をワゴンを引きながら写真は撮れなかったので、道の写真だけなんですが、本当にこの道をこのワゴンに荷物満載で通ったんです…)。

カートで登った山道

カートで登った山道2

カートで通った山道3

カートで通った山道4

大人でもちょっとバランスを崩しそうな感じの急な斜面で、しかも下は岩と土と落ち葉が混ざった相当な悪路だったんですが、バランスを崩すことも無く、積載した荷物が崩れることもなく、ワゴンで普通に通れてしまって本当にびっくりしました。

かなり大きな(直径20cm近くて、結構太い)360度回転するタイヤがついているんですが、このタイヤがこの走破性のポイントなんだと思いますね。

コストコのカート タイヤ

この太くて大きなタイヤが、かなりかっちりとしていてしかもスムーズにくるくる回るので、衝撃を吸収しつつワゴンの安定した走破性を実現してくれるのかな、と。

ネットなんかで見た限りでは「砂浜の上でも荷物が運べる」的なことも書いてありましたので(本当かどうか僕自身は試していないのでなんとも言えないんですが…)、海水浴に出かけた際などに、駐車場の場所が遠かったりした場合にも便利に使えそうです。

 

しかも、今回の旅先で子供たちが何度か「疲れた」と言い出したときには、こんなふうにも使えました(本来の使い方では無いので、真似する方は自己責任でお願いします)。

カートに子供2人2

これは最初ちょっとした冗談でやってみただけだったんですが、「子供運搬用だったのか?」と思ってしまうくらいにしっかりと乗せられて、正直びっくりしました。

4歳と2歳、現在二人合計で35kgくらいなんですが、全然問題なく乗せられて、親としても最高に楽をさせていただきました。

何というか、タイヤ周りの造りが相当しっかりとしているお陰か、相当な重量物を載せているにもかかわらず、ワゴンを引くのにそんなに力が要らないです。

路面がでこぼこでも、しっかりと吸収してくれて段差にいちいち引っかかったりもしません(ネットで見ると、犬を乗せたりしている方もいるみたいですね。でも、さすがにこのくらいの重量までが限界なのかも。40kgと30kgの小学校高学年の子供コンビを乗せられるか?と聞かれたら、ワゴンの耐荷重的には大丈夫そうな気がしますが、坂道などで引っ張るお父さんの方がちょっと厳しくなってきそうな気がしますし)。

この後、このワゴンに乗せて花火を見に行ったんですが、人ごみの中を歩かせることも無く、迷子の心配も無く、という感じで本当に便利でしたね。

 

「こういうワゴンを車に積んでおいて、大きな荷物を効率良く運んじゃう」、みたいなやり方って、何だかとってもアメリカ〜ンな感じがして(本当にアメリカ人がそんなことばかりしているのかどうかは知りませんけれど)好きですね。

日本だと、都心部でこんなモノをつかっている人というのはあまり見かけませんし、地方に行ってしまうと車で全てを片付けてしまうようなイメージがありますので、活躍の場が無さそうな気もしてしまいますが、実際には都会の人も地方の人も、どちらも便利に有効活用できるワゴンだと思います。

 

何だか本当にこのワゴンの自慢だけという感じになってしまいましたが、この折り畳みワゴン、本当に便利なので、コストコに行って発見したら是非購入されることをおすすめしておきます。

一家に一台あったら、ガーデニング関係からお出かけ関係まで、かなり幅広く有効活用できること請け合いです。

ちなみに「コストコが近くに無いよ」「コストコに行く暇が無いよ」「コストコで売り切れだったよ」という方は、先程も書きましたが、Amazonなどでも購入が可能なので探してみるといいと思います(Amazonの方が若干割高ですけれど、コストコまで行く手間などを考えたら、それほど大きな差でも無い気もしますし)。




arrowレスポンスなし

コメントを入れる