徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
南房総・館山・平砂浦 ホテル アクシオンのプールとランチ

この季節、家族でのお出かけ先といえば山か海か、というパターンも多いかと思いますが、関東近郊の方で「南房総方面の海に出かけようかな」という方にちょっとご紹介しておきたいのが、房総半島の南端、館山市の平砂浦の一番西側に建つ「ホテル アクシオン」です。

アクシオン 看板

 

僕自身、趣味がサーフィンだったり館山と千倉に別荘があったりする関係で、この南房総の平砂浦エリアというのはかなり身近な場所なんですが、別荘があるせいもあって、今までこのアクシオンの施設をきちんと利用したことがありませんでした。

で、つい先日、家族で館山の別荘に泊りに行った際に平砂浦でサーフィンをするついでにホテル アクシオンを利用してみたんですが、「かなり良かった」というか、正直言って「サイコー」位に良かったのでちょっとご紹介しておこうかなと。

 

何が良かったかを簡単に言いますと、下記4点が良かったですね。

1)ロケーション 2)プール 3)食事 4)サービス

 

まず良かった点その1「ロケーション」ですが、コレはまあ以前から当然のように知っていたことではあるんですが、平砂浦のビーチの目の前に建っていますので、ビーチまで徒歩1分、ホテルの部屋からは海が一望という最高のロケーションです。

アクシオンから平砂浦_[0]

アクシオンのプールは宿泊客だけでなくビジターでも利用が可能です。大人一日1,000円、子供一日500円、乳児は無料。

予めプールにチェックインして(というのかどうか知りませんが、フロントでお金を払って)おいて、駐車場に車を停めてから、まずちょっと海に遊びに行きます。

平砂浦の風景_[0]

平砂浦の海は湘南や北千葉の海とは違って青く輝いています。そして、房総半島の南端というロケーション(本当の南端は千倉あたりですので、西南端といった方が正しいのかもしれませんが)のお陰で、混雑とも皆無です(※ライフガードがいる海ではないので海辺で遊ぶ際には充分に注意しましょう)。

子供たちといっしょに海で遊んで、日ざしにちょっと疲れたな、と思ったらホテルに戻ります。

アクシオン プールサイドへのアプローチ

 

で、今度はプールで遊びます。

良かった点その2「プール」です。

アクシオン プール全体1

こーんな感じに、プールサイドは芝生でパラソルが出されていて、そこで寛いだりしながらプールで遊べます。

ホテルはこんな感じで、ちょっとしたリゾート気分です。

アクシオン ホテル

このプール、何が良いかといいますと、プールが三つのエリアに分かれてまして、左右のエリアが水深60cmと非常に浅くなってるんです。

アクシオン プール 水深60cm

水深60cmというのは、普通の大人だったらプールの中であぐらをかいても胸から上が出るくらい、1歳11ヶ月の娘(しかもちょっと小さめの体格)であっても充分に足が届いて胸から上が出るくらいの深さなんです。

つまりこのくらいの深さのプールだったら、2歳と4歳位の小さな子供2人連れという「手間のかかる」パターンであっても、大人1人でも対応可能(浮き輪的なものはつけていた方が良いですが)なわけです。

アクシオン プールの中から

これはかなり大きいと思いますね。

もっと深いプールだと2歳、3歳、4歳くらいの子供はずっと抱っこしていないといけませんから、例えば子供が2人いるご家庭の場合、両親揃ってずっと子供の相手をしていなければならないわけです。

でもこのくらい浅いプールであれば、お父さん1人で子供2人の面倒を充分見られます。

実際、ウチの一家も、僕が海に入っている間は妻が1人で子供たちの面倒を見てくれましたし、僕が海から帰って来てからは僕が1人で子供たちの面倒を見て、妻はプールサイドで少しのんびり、という感じで過ごせました。

 

そして、少しお腹が減ってきたら、プールに隣接するレストランで食事もできます。

良かった点その3「食事」です。

アクシオンのプールにいてとれる食事には2パターンありまして、ひとつは、プールサイドでも食べられる「軽食」的なもの、もうひとつは、プールに隣接するレストランのしっかりとした「ランチ」です。

で、ここでのオススメは間違いなくレストランのランチなんですが(軽食は屋台の食事的な感じで、それはそれで夏っぽくて悪くないとは思いますけれど)、レストランは濡れた水着のままでは入れません…。

なので、本来は着替えるか体を乾かすかをしてレストランに入らなければランチは食べられないんですが、何故かプールサイドのベランダ的なところで、特別にレストランからランチを運んで食べさせてもらえまして…。ココらへんの柔軟性がまた素晴らしかったなと。

アクシオン テラス

一応、椅子はプールサイドの濡れても大丈夫な椅子と取り替えて座りました。

食べかけの写真ですいません。正直言って、あんまり期待していなかったので最初に写真を撮ってなかったんですが、ピザ&サラダのセットランチ、結構美味しかったです。

アクシオン ランチ ピザ 全体

デザートとコーヒーも付きます。

アクシオン ランチ コーヒー

実は、このプールの環境とレストランの食事があまりに気に入ってしまって、思わず二日連続で行ってしまいました。

二日目は夏野菜のボロネーゼ(もっと洒落たネーミングだったのかもしれませんが、失念しました)のランチセットと、お子様ランチを頼んでみました。

アクシオン ランチ 夏野菜ボロネーゼとお子様ランチ

アクシオン ランチ 夏野菜ボロネーゼ

ボロネーゼ、かなり美味しかったですね。野菜の甘みとボロネーゼソースの組み合わせが本当に良い感じでした。

お金云々ではないとは思うんですが、ランチが950円で、お子様ランチが680円だったと思いますから、上記合計で2,310円なわけです。

しかも「子供たちが全部食べきれないだろう」ということで、大人2人+子供2人なのにも関わらず、大人のものは1人分しか頼まなかったんですが、な、なんと…、コーヒーとデザートを2人前出してくれてしまったりして…。

アクシオン ランチ コーヒーのサービスとデザート

前出のベランダでのランチの話といい、このコーヒーの話といい、どちらも非公式なサービスだと思うのでこんなところでおおっぴらに書いてはいけないかな、とも思ったんですが、コーヒー云々というよりも、その「気持ち」が、「子供連れでも全然OKですよ」と言ってもらっているようで、最高に嬉しかったですね。

この辺りの「気持ち」が、良い所その4の「サービス」なわけです。

 

このあと子供たちはかき氷を食べたりして、結局のところ、プール利用料+ランチ+おやつで5,000円くらい使ったんですが、正直言って5,000円では申し訳ないくらいの「快適さ」+「美味しさ」+「良い気持ち」をいただきました。

家族で海水浴やプール、南房総方面へお出かけを検討されている方、ホテル アクシオンも選択肢の1つとして入れてみてはいかがでしょうか?




コメントを入れる