徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
【中国マジであなどれません】Insta360 ONE Xでテスト撮影&編集してみました

唐突に話題が変わりますが、最近、サーフィン撮影用のアイテムを新たに一つ加えまして。

それはこちら、

Shenzhen Arashi Vision社さんの全天球カメラ、Insta 360 ONE X

でございます。

Insta360 ONE Xと自撮り棒+ダイビングケース_[0]

水中撮影をする前提ですから、当然ダイビングケース(右)も購入してあります。

まだ海では撮影してないんですけど、とりあえず、先日家族で苗場にスキーに行ったので、そのときに軽くテスト撮影をして参りました。



正直言って、このカメラ、

スゴイっす。

 

どこがスゴイかといいますと、まず、常に360度で撮影をしてくれるので、適当に自撮り棒持って何も考えずに滑ってるだけなのに、

手ブレゼロのスーパースムース動画

が自動的に撮れちゃいます。しかもその自撮り棒自体が自動で消えちゃうんで、普通に撮ってるだけなのに、近距離からドローンで追い撮りさせたような映像になってしまうという…。

息子に持たせて滑らせた映像はこんな感じ(こちらはダイビングケースに入れての撮影です)。



ダイビングケースが消しきれず、結果、自撮り側に半透明のケースのカゲが出てきてしまうのが残念ですが…。これについては、サーフィン撮影の際にどうするのが良いか、もう少しいろいろと考えてみたいと思います。

あんま専門的な話はわからないので、スペック関係は軽く触れる程度にしておきたいと思いますが、動画撮影の解像度は5.7K/30fps(HDR)、4K/50fps、4K/50fps、4K/30fps、3K/100fpsに対応、その他、タイムラスプやバレットタイム、インターバル撮影なんかも可能です。今回撮影したのは4K50fpsなんですけれど、コントラストもくっきりはっきりっつー感じで、普通の方が普通の使い方をする分にはこれでも十分すぎるくらいなのではないかと。

 

撮影した動画が勝手に高クオリティになってくれるところもさることながら、今回何よりもスゴイなと思ったのが、Insta360 ONE Xで撮影した動画を編集するためのソフト、Insta360 Studio for ONE X。

これもスゴイっす。

何がスゴイって、超簡単なんです。もう、使い方の説明とか何も読まなくても、ほぼ直感だけ(は流石に言い過ぎましたが、適当に20〜30分いじってるくらい)で、動画の編集方法が理解できちゃいます。

Insta 360 Studioで編集2.mov

GIFを貼っつけときましたが、簡単に説明しますと、

(1)編集画面上部のタブで、”FreeCapture”を選ぶ。

(2)マウスでグリグリとアングルを変えて、選択したいアングルになったら、画面左下にある、黄色い丸(ターゲットマークみたいなの)をクリック。

これだけで、そのタイミングでのアングルがどんどん設定されていきます。最初わからなくてちょっとだけハマりそうだったのは、この「アングルの設定」は動画を再生しながらではできないので、その都度、動画の再生を止めてからターゲットマークをクリックする必要がある、という点くらいでしょうか。

この編集ソフトのできの良さが、このカメラの魅力を引き出すにあたって、かなりいい仕事をしているのではないかと。

 

いやー、中国、あなどれませんな。

ちょっと前までは、まだまだパチもんばっか作ってるというイメージでしたが、そのイメージ、完全に覆されてしまいました。Gear Bestなんかで小さいカメラと水中ハウジングのセットとか買って、速攻で水漏れしておしゃかになったこととかもありましたが、もうそういう時代は終わったのではないかと、本気で思っております(そういうのも、まだたくさんあるとは思いますけど)。

 

ということで、

ちょっくら深センを見てこようかな

と。

年度末に向けて、ホントの最後のあたりはちょっと予定がつまってるんですが、今週後半、空いてるんですよね。

香港経由で2泊3日、明日から行ってきます。

気軽にブラブラ見て回りたいので、荷物は必要最小限で、洗面用具と着替え、USB充電器、PCとInsta360 ONE Xくらい持って。

深セン旅行、最小限の携行品、歯ブラシやコンタクト、メガネ、薬、USB充電器とコンセントアダプタ_[0]

SIMは、China unicomの2GBのを2枚買っときました。

中国&香港SIMカード China Unicom_[0]

では、行ってまいります。

 




コメントを入れる