徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
【祝・納車】CX-8の燃費とか、サーフボードの積載性とか、エクテリアのカスタムとかもろもろ

前回のポストから2週間ほど間が空いてしまいましたが、

CX-8、2月の上旬に無事に納車されております!

CX-8 右斜め前から

嬉しくてたくさん写真を撮っておりますので、とりあえず貼らせていただきます。

CX-8 右斜め前下からアオリ CX-8 正面斜め上から CX-8 前 左斜め前よりから CX-8 左斜め前から3

CX-8 左サイドから

CX-8 左斜め後ろから2 CX-8 後ろから

 

家族の各種スケジュールの関係で、まだスノボには行ってませんが、納車当日に家族で鎌倉方面へ行き、友人とサーフィンに2回、その他、家族で八景島にも行きまして、この2週間ですでに500km強走りました。

CX-8の納車2週間での走行距離と平均燃費

平均燃費はいまのところ14km/L前後。遠出メインで乗ってますから、もう少し伸びてくれてもいいかなという気もしてますが、このサイズでしかもAWDですから、これでも十分すぎるくらいかなと。しかも軽油ですからね。

CX-8 AWD リアエンブレム

湘南まで往復120kmとして、軽油1リットル125円で計算すると、

往復の燃料費がなんと1,071円!

新宿から江ノ島まで、小田急と江ノ電を乗り継いで行っても片道630円かかりますから、それよりも安い計算です。マグナムだと確か2,500円くらいはかかってましたから、この差はやはりデカイですな。

 

サーフボードの積載性も、想定通りかなりよろしい感じ。最近メインで乗ってるLOSTのスピードデーモン5’8″、2000年台初頭モデルですと、こんな感じに収まります。

CX-8三列目を倒してサーフボードを積む

2列目を倒さないと、脇からこんな感じに出てきちゃいますが、まあ、家族旅行のときはこの程度は仕方ないでしょう。

CX-8三列目を倒してサーフボードを積んだところを2列目から

小波用の5’4″の板だったらもっと短いですし。

ちなみに、友人の7’6″くらいの板も9′のロングも、いずれも中積み余裕でした。この車、何気にサーファー向きなはずと読んでましたが(だから買ったという話もアリます)、この読み、

ドンピシャであたりでした。

 

先週末、東京でも雪が降るという話がありましたので、早速タイヤフィッター都筑店さんにてスタッドレスに履き替え済みでございます。

CX-8 都筑タイヤフィッターにてスタッドレスに交換3 CX-8 都筑タイヤフィッターにてスタッドレスに交換2

19インチ4本、ホイールからタイヤを外しての履き直しで税込み8,640円ですから、普通の業者さんの半額か、もしかすると1/3くらいでやってくれちゃいます(近所のイエローハットで聞いたら2万ナンボと言われました)。

 

納車前に気にしていたエクステリア系のもろもろも、ある程度自分の中で整理が付きました。

結論としては、

(1)ホイールは純正のものをマット気味のブラックに塗装することにしました。

(2)ガーニッシュはつけません。

という感じです。

Photoshopで作ったイメージ画像的には、こんな感じになる予定。

CX-8 左サイドからホイール黒塗装

やっぱ、せっかく足回りを黒で締めようっつーのに、そこにガーニッシュつけてしまっては本末転倒かなということで。

CX-8 左斜め後ろから2ホイール黒塗装

画像では若干艶あり気味の仕上がりになってますが、実際にはもう少しマットよりの仕上がりになってくれるといいかなと。

 

ホイールの塗装は、いろいろ悩んだんですが、やはりパウダコートがよかろうということに。でも、近隣でいろいろ探したんですが、結構するんですよね。高いところだと、1本5万円とか言われたところもありました…。

さすがにホイールの塗装だけで20万は出せん!

ということで、ホウボウ探しまして、悩みに悩んだ末にアテクシが決めた方法は、

北海道の小樽ラヂエーター工業さんに塗ってもらう

という方法でございます。

こちらの小樽ラヂエーターさん、パウダーコートの技術がしっかりしてそうなところもさることながら、費用的にもなかなかいい感じ。

1本2万円くらいで塗ってくれる上に、作業後の返送料が無料なんです。

ホイールを小樽に送ってしまうと、そのあいだ当然車に乗れなくなってしまうので、CX-8純正のホイールをヤフオクで探しまして、その中で、「送料出品者負担」のものを落札して小樽に直送してもらいました。こうすれば行きも帰りも送料はかかりませんから、パウダーコートの費用だけで済んじゃうわけです。

納期はおおよそ1ヶ月とのことで、3月の上旬には上がってくる予定。

 

上がってきたら、スタッドレスでもう一度ホイールだけ履き替えるのか、それとも、4月にノーマルタイヤに戻すまで待つのか、どっちがいいんですかね…? 常識的に考えると、ノーマルタイヤに戻すときに、ってのが普通だと思うんですけど、せっかくホイール上がってきたら、一刻も早く履き替えさせたいような気もしますが…。でも、タイヤフィッターさんに持ってって、「ホイールだけ変えてくれ」って言ったら、

こいつ、アホ?

とか思われちゃいますよね…。誰かそっとやっといてくれませんかね、焼き肉くらいならおごりますから。

 

変えたあと、元の純正ホイールはどうしたらいいのでしょう…。こっちも悩ましいですな…。もう一度小樽ラヂエーターさんにお願いしてもいいんですが、そうすると、送料込みでまた10万円コースですし、同じホイール2本作るというのもちょっと芸がないような…。別の色にしてみるか、または、自分で塗るという手もありだったりしますでしょうかね?

いっそ、元の純正のホイールはそのままヤフオクで売って、妻にディスられた鉄チンでも買ってみようかな。




コメントを入れる