【情熱的過ぎてサイコー】玉置浩二先輩関連の動画



本日は、このワケの分からないブログを読んでくださっている方だけに、とっておきの情報をお伝えしたいと思います。

アテクシ、暇な時にYouTubeで音楽系の動画を漁るのが趣味なんですが(音楽系以外も漁りますが)、この度、素晴らしい動画を発見してしまったので、是非ともご紹介させていただこうかなと。

それは何かと申しますと、こちら、玉置浩二先輩関連の動画でございます。



2年前、2012年に、Blue Note TOKYOにて、こんなとんでも無くスンバラシイライブをやってらしたんだそうで。

この曲はV6に提供した「愛なんだ」という曲のセルフカバーで、僕でも聴いたことがあるくらいなので相当売れた曲なんだと思うんですが、コレはなかなか宜しいのでは無いかと。

 

玉置浩二といいますと、昭和40年台後半生まれの僕らの頭に真っ先に頭に浮かぶのは「安全地帯-ワインレッドの心」とかそこら辺なワケですが、その後30年分ほどの情報は全くフォローしておりませんでした。失礼いたしました。

声が良いですね。(失礼にも程がありますが)こんな歌が上手いとは知りませんでした。マジイカします。

ギターは雅-MIYAVI-さんというスラム奏法的なちょっと変わったフィンガースタイルを駆使するギタリストで、パーカッシブでパワフルな演奏が、玉置先輩の感情がみなぎって溢れてくるような、そんなものすごい力を感じさせられる歌声とサイコーにマッチして良い感じ。

 

他にも、同じくBlue Note TOKYOでのライブの動画で、北野武先生に提供した「嘲笑」という曲のセルフカバー。



この人、メロディも歌詞も歌声も、ものすごく心に入り込んでくる感じがしますね。

奥さんと2人でワインでも飲みながらゆっくりと聴きたい感じ。

 

井上陽水&安全地帯名義で発表した「夏の終りのハーモニー」。



結構いろんな人に楽曲提供してるんですね。そういえばそうだった記憶はなんとなくあります(井上陽水とは師弟関係つながりの合作だと思いますけど)。

 

この人の曲って、イメージ的にはほぼ100%に近いくらい全部愛の歌な感じしますよね。

勝手な想像ですが、4回も結婚してるような人だからこそ、こんな曲を書いてこんな風に歌えるし、そんな情熱的な人だからこそ、プライベートは必然的にどうしても破天荒でハチャメチャな感じになってしまうのかなと。

いつでも愛に飢えてるし、いくつになっても愛に飢えてるし、人として生きている以上それが当たり前でしょ、みたいな感じでしょうか。この上なく情熱的だけれど決して暑苦しくなくて、春でも秋でもなく、真夏の夜みたいな感じ?



いつかまたBlue Noteでのライブみたいなのがあるんだったら、是非生で聴きに行ってみたいですね〜。







カテゴリー: 音楽   パーマリンク

【情熱的過ぎてサイコー】玉置浩二先輩関連の動画 への1件のコメント

  1. ピンバック: 【程よくパーカッシブ】オジサンだって、たまには守って欲しい感じになるアコースティック・ギタリスト 松井祐貴 | 徘徊老人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>