徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
車に色々積んだり引いたり出来ちゃうヒッチメンバー CURT Trailer Hitches

こんなもん、このサイトの主旨「欲しい海外モノに関する妄想」に一致するのか?と思ったんですが、よくよく考えたら、こういうのこそまさに「これほし~、でも海外発送してないや」というものだったかな、と。

ヒッチメンバー

ヒッチメンバーというものをご存知でしょうか?

アメリカ人は車を買うと9割方、このヒッチメンバー(Trailer Hitches)というのを車に取り付けます。

コレを車体のフレームに取り付けることで、この部分に牽引用の器具を取り付けてトレーラーを牽引したり、荷物運搬用のカーゴキャリアをくっつけたり出来るんです。

ヒッチメンバーサンプル

こんな感じにできるわけです。使わないときには、カーゴキャリアの部分は簡単に取り外せます。ヒッチメンバー自体は車体の下の方なので、単体だと全然目立たなくて、ついているかどうかもわからないくらいです。

 

これ、何がいいかといいますと、例えば走りと燃費がよいコンパクトな欧州車とかに乗ってるとするじゃないですか。

で、日頃はそれで充分なんだけれど、年に何回か家族で遠出する時とかには、荷物が積みきれなくて結構困る、という様なお悩みを抱えているお父さんの車が、

BMWx1_[0]

こんな感じで、突然荷物を沢山積める車になっちゃったりするわけです。

BMWx1 ヒッチメンバー リアカーゴ

小さくは無いけれど、それほど沢山荷物が積めるわけでもなさそうなBMW x1に、大きな荷物とか自転車なんかを積んで、キャンプとかにもいけちゃったりするわけです。

ヨーロッパの人なんかも、よく使ってます(ヨーロッパではヒッチメンバーではなく、トウバーという名前で呼ばれていたりします。規格が違うんですが、基本的には同じようなものです)。

 

で、このヒッチメンバー、日本で買うと、普通に5万円とかします。

結構高いです。

別途取付料がかかったりもします。

しかも5万円というのは、フレーム部分だけです。

カーゴキャリアが欲しければ、それは別で買わなければイケなくて、3万円とかします。

つまり、「10万円コース」なわけです…。

 

これ、アメリカのAmazonで見ると、普通に150ドル≒(80円換算で)12,000円とかで売ってるんですよね…。12,000円だったら欲しいかな、と。

さすがDIYの国アメリカだけあって、取り付け方法の動画とかもネット上に沢山転がってるので、1時間位あれば自分で取り付けできそうな感じですし。

こんなカラフルなのもあったりします。



でもAmazonもそうじゃないところも色々調べたんですけれど、海外発送しているところは無いっぽいですね。

で、こういうのを欲しい人みんなで共同購入したらいいんじゃないかな、とか…。

ま、まとめて買ってもあんまり変わらないみたいなんですけれど、例えはFedExで3つまとめて贈ってもらうとすると、一個あたり46パウンド≒20.8kg、×3個で62.4kgなんですが、例えばこの重量なら954ドル≒76,320円で送ってくれるみたいです。

一個あたり25,440円。

うーん。

何か割安感が無くなりますね…。本体12,000円+送料25,440円で合計37,500円ですか…。確かに日本で買うよりは1万円以上安いわけですが、微妙かも…。

やっぱ、「20,000円以下位で入手できるなら」欲しいのかな…。

何とかして送料をもっと安く上げる方法を探して、で、欲しいという人が5人位集まったら、共同購入にチャレンジしてみたいもんです。

船便ですかね…。

 

ちなみに、飛行機に乗る際の荷物としてだったら、例えばJALだと重量23kg以下且つ三辺合計203cm以下だったら2個まで無料です。アメリカ旅行に行った際とかに、実際に実物の三辺を測って203cm以下だったら買って手で持って帰って来るのが一番かも。

それをやっちゃあ全然「妄想セレクトショップ」じゃ無いですけどね…。




コメントを入れる