【遊び心炸裂の予感】レンズスタイルカメラ『DSC-QX10』&『DSC-QX100』



そういえば、最近物欲をビシバシと刺激されたモノが1つありました。

すっかり忘れてました。

それはコイツです。



SONYが作った「レンズスタイルカメラ」という全く新しいタイプの製品でして、一言でいうと、「Wi-Fi若しくはNFC経由でiPhoneやスマフォと接続して使うレンズ」という感じでしょうか。

レンズとスマフォをぴったりくっつけて無くてもOKなので、「スマフォの画面を見ながら、レンズは別の場所に向けて撮影」とか、色んな使い方ができて面白そうですね〜。

 

ラインナップは2種類です。

光学10倍ズームの『DSC-QX10』と、高画質、高感度撮影を実現するために1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーおよびF1.8の大口径カールツァイスレンズを搭載した『DSC-QX100』。

 

 

10倍ズームのDSC-QX10。

「レンズスタイルカメラ」DSC-QX10_[0]

 

白モデルもあります。

「レンズスタイルカメラ」DSC-QX100の白

 

 

高画質、高感度のDSC-QX100。

 

 

「レンズスタイルカメラ」DSC-QX100

 

スペック比較で見るとこんな感じ。

レンズスタイルカメラ『DSC-QX10』『DSC-QX100』比較表

市場推定価格は、『DSC-QX10』が 25,000円前後、『DSC-QX100』が 55,000円前後だそうです。

 

正直言って、コレ、かなり欲しいっす。

こんな発想、アリそうで無かったですよね〜。

ちょっと違いますけど、ドコモがiモードを考えついたり、AppleがiPhoneを作ったりしたときの、「携帯電話って通話以外も色々出来るハズじゃん」という、既存の枠を平然と突き抜けたトコロからスタートしたアイディアに通ずる面白さがありますよね。

みんな、こういう「新しい面白い体験」を味わいたいからこそiPhoneやスマフォに手を延ばすんだと思うんですけれど、その「面白さ」について改めてしっかりと考えて来た感じがします。

SONY、マジやってくれたのでは無いかと。

コレが売れるかどうかは僕にはよく分かりませんが、SONYはきっとこの先もしばらくは何か「新しくて面白いこと」をやってくれそうな予感が…。

 

そういえば、PS Vita TVっつーのも出ますよね。

vita TVの外観

家庭用ゲーム機は小学生時代にハマったファミコンが最後の僕ですが、コイツもちょっと欲しいです。

単体で税込み9,954円、ワイヤレスコントローラーと8GBのメモリがセットになったモデルでも税込み14,994円だそうで。

vita TVのセットモデル

ウチのリビングのテレビには、今の所、HDMI1ポートにAppleTV、HDMI2ポートにスティック型Android端末Zealz GK802がつながってる訳ですが、コイツを買ってHDMI3ポートに繋げちゃおうか真剣に悩んでるトコロです。

でも、ゲーム機買うと子供の教育上良くないからな…。

とりあえずガマンですな。

 

それにしてもこのレンズ、ホント面白いと思います。

常にカバンの中に忍ばしておきたい感じですね〜。

「一眼欲しいけど、ちょっと仰々しいよね…」「あんなデカいもん、いつも持ち歩けないよね…」っつー彼氏や旦那様や、もしかすると場合によっては彼女/奥様でも、クリスマスプレゼントなんかにどうでしょー?

とっても面白くて遊び心のあるプレゼントになってくれるのではないかと。

※10/25発売予定なんですが、ビッグカメラで既に予約受付が開始されてます。

 

水中撮影は流石に無理でしょうね…。







カテゴリー: Mac,iOS,Android,Kindle関連やWiFi,無線LANなど, サーフィン&水中撮影&水中カメラ, 欲しいものリスト   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>