MacBookのSSD化と内部掃除とメンテナンス(後編)



うちのMacBook(Late2007)を、
引き続き快適に現役で使い続けるために、

「ソフトウェア的な問題を解消しつつ、
 HDDを、最近急に安くなったSSDに
 乗せ替えて、ついでに内部の掃除も
 してしまおう」

という一大プロジェクト、いよいよ大詰め
HDDのSSD化です。


手順的には
(1)syslogdのCPU問題の解消
(2)HDDのSSD化の準備として、バックアップ取得
(3)MacBook内部の掃除
(4)HDDのSSD化+リストア
の4つのステップで進めてまして、

前編で(1)syslogd問題の解消
(2)HDDのバックアップ取得を実施、
中編で(3)MacBook内部の掃除を実施し、
今回はいよいよ
(4)HDDのSSD化+リストアの実施です。


Crucialの128GB SSD
手元に届きました。
P9070098_[0]
P9070097_[0]
P9070099_[0]
HDDを交換する際に必要になる、
T8のドライバーセットも一緒に
届きました。


早速HDDと交換します。


前回MacBook内部の掃除をした際と同様、
MacBookの背面のバッテリを外して、
現在ついているHDDを取り出します。
P9070100_[0]

左がSSD、右が現在のHDDです。
P9070102_[0]


HDDのケースを取り外します。

周囲にある4つのネジを、T8の
ドライバで外せば良いだけ。
P9070103_[0]


で、取り外したケースをSSD側に
取り付けます。
P9070105_[0]

ケースを取り付けたSSDをMacBookに
挿しなおして、元の通りにカバーを
ネジ止めすればOKです。


取り外したHDDは、とりあえずSSDの
箱に入れて保管しておきます
(3ヶ月位SSDを使って問題なければ
 フォーマットして外付けHDDとして
 使おうと思います。それまでは
 何かあったときの保険として、このまま
 保管しておこうと思います)。
P9070106_[0]



続きまして、リストアです。


Cを押しながら、OS Xのインストール
ディスクで起動します。


ディスクユーティリティの
「パーティション」メニューで
SSD内に新規のパーティションを作成
P9070109_[0]
Mac OS 拡張(ジャーナル)で、
名称は元のHDDと同じ名称
(Macintosh HDなど)で作成します。


パーティションの作成が完了したら、
メニューに戻って、ユーティリティから
「バックアップからシステムを復元」を
選択します。
P9070107_[0]

復元元にするバックアップを選択して
P9070108_[0]

復元先は当然先ほどパーティションを
作成したSSD
P9070110_[0]

実行します。
P9070112_[0]


一時間位でリストア終了
P9070113_[0]


非常に簡単でした!



続きまして、BootCamp領域のリストアです。

ユーティリティの中から、
「BootCampアシスタント」を起動して、
Windows用の領域を作ります。

とりあえず、Mac用100GB、
Windows XP用28GBという構成で。
スクリーンショット(2012-09-07 22.44.51)

インストールは実施しないで終了します。
スクリーンショット(2012-09-07 22.47.24)


続いて、Winclonerを起動。

Restoreタブを選択して、
Restore Imageには、作成しておいた
BootCamp領域のリストアイメージを、
Destinationには、先ほど作成した
BootCamp用のパーティションを選択します
(リストア元のイメージもSSD側に
コピーしておくと、リストア時間が
短くなると思います)。


で、リストアを実行すれば終了です。
スクリーンショット(2012-09-07 22.56.55)

コレにて全作業、終了です!



SSD化したことで、PC全体の処理速度は
相当向上しましたね~。

Chromeの起動時間とか、HDD(SSD)に
アクセスして何かを表示するとか、
そういった作業関係の時間が、軒並み
2/3から半分位になったイメージです。


今回の一連の作業、MacBookの内部掃除も
効果は大きかったですし、SSD化も効果が
大きくて、どちらも比較的カンタンな
作業だった割には、かなり満足度は
高かったです。


メモリも増設済みだし、MacBook Airを
手にする日は相当先に遠のいた様な…。


(前編(1)syslogdのCPU問題の解消
   (2)バックアップ取得 はこちら
 中編(3)MacBook内部の掃除はこちらです)。








カテゴリー: Mac,iOS,Android,Kindle関連やWiFi,無線LANなど   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>