サーフィンが上手くなるということとは



ブログを書く以上は、人の役に立つ情報を提供したいと
考えてますが、実力不足ということもあって、なかなか
人の役に立つ情報って提供できないもんです。

が、サーフィンに関しては、まだほんの十数年の
経験ですが、その経験の範囲でなら多少は
書くことが出来ます。

という訳で、少し書いてみたいかなと。


サーフィンって、なかなか上手くならないスポーツです。
色々と教えてくれる人がいればそれなりですが、
そんな恵まれた環境にいない人もいっぱいいると
思ってて、そうだと、何がなんだかわからないうちに
普通に1年くらいの時間が過ぎちゃいます。

僕もそうでしたね・・・。


波っていったいどこら辺から乗れる訳?
とか
トップターンってどうやってやる訳?
とか
そもそも波って、なんで乗れるの?
とか。

その他、マナーとかルールの面、考え方とか、
はじめはわかんないことがいっぱいあります。


その中の一つ。
『サーフィンが上手くなる』とは。


これって、精神面とかの話もありますけど、
今回は単にテクニックの話です。


僕は、『サーフィンが上手くなる』とは、結局の所
『波の中で乗れる場所が増える』ということだと
思ってます。

当たり前ですか・・・。


でも、こんな当たり前のことでも、
僕はよくわかってなかったな、と。
なので、書いてみます。


すごく良い波で、サイズが胸くらいだったら、
初心者でも乗れちゃうんです。

波のボトムもトップも全然使い切らないで、
真ん中くらいのクリーンなフェイスを軽く
アップスして走ってけば良い訳ですから。


でも、初心者はトップの使い方とかわかんないでしょう?
極端な話、波のトップを見ても、そこが走れる場所とは
思えないし、その場所をどう使ったら良いのかが
わからないと思うんです。

で、上手い人は、波のトップを見ても、そこにどんな感じで
アプローチすれば走れるのか、使えるのか、とか、
そういうことがわかります。
SURF1.jpg
SURF2.jpg
トップを見て、”あそこにはあんな感じで乗れるナ”と。
”あそこはこんな感じなってるんだよナ”と。
”だから、仮にこんな感じで上がってくと、こうなるナ”と。

サーフィンが上手くなる、ということは、こういうことなんだと
思ってます。


精神論とかじゃ無くて、波をみて、その波をどう走ったら
良いのかがわからない波には上手く乗れません。

ステップで言うと

見てわかる。
→どうやればそこでサーフィンができるかわかるのでできる。

という順番が確実にあります。


なので、まずは『見てわかる』が大事です。


波のトップとか、ボトムとか、バンプとか、ジャンクな
部分とか、全部、
『見て、そこがどうやったら乗れる場所かわかる』
という状態にならないと乗れません。

逆に言えば、見て大体わかるようになれば、
波のその部分は大体乗れるようになります。


ほれほれになって牙を剥いているようにみえる
トップの部分も、見てそこの走り方がわかる様になれば、
ほどなくその部分を使って、イメージしたように
サーフィンができるようになると思います。


まるで精神論みたいになっちゃいましたね・・・。
とても役に立つ情報とは思えない・・・。

でも、これってほんとだと思うんですよ。
だから、イメトレとか、ビデオを見たりとかも、
波をっ見てわかる=理解するステップ、に取っては
とても重要だと思います。


話を戻すと、上手い人は、どんな波でもサーフィンが
できます。これが、サーフィンが上手くなるということです。

ジャンクでも、ダンパーでも、上手くなればなるほど、
波のコンディションに関わらずサーフィンができるし、
難しい波でも、全然難しくなさそうに乗ります。

それが、サーフィンが上手い、ということです。


鎌○高校前あたりにいるロングのおっさんが
厚くって誰でも乗れる波のうねりのショルダーから
我がもの顔でテイクオフしてピークと逆に走ってくるのは、
上手いとは言いません。
(別に鎌○高校前にいるロングのおっさんがみんな
 下手だと言ってる訳じゃありませんよ。念のため。)


そういう意味では、ケリー・スレーターはやはり別格ですね。
あの人だけは、ビデオを見ていても、未だにどうやって波に
乗ってるのかがわからないことがたくさんあります。

宇宙人みたい。

何のビデオか忘れちゃったんですけど、トリプルくらいある波の、
しかも結構ダンパー気味の波で、ボッカンボッカンと
割れているスープ(スープも当然トリプルくらいあります)に
普通にあて込んで平然と走ってる姿を見たことがあります。
しかも、一発じゃなくて3~4発連続で。
つまり、トリプルくらいのダンパー波のど真ん中から、
その崩れたところを使ってガンガン走っちゃってる、って感じです。

どうやって乗ってるのか、全くわかりませんでした。


SURF3.jpg
当然、こんなもんじゃありませんよ。
この波がもっとデカくってダンパーで、そのすごく奥側の
スープの中に縦横無尽に当て込んで走り続けてると
思ってください。


どのビデオだったかがどうしても思い出せなくって、
thicker than waterかと思って見てみたんですけど違ったみたい。

shelterかeightかNO DESTINATION、もしかして
thicker than water、の4本のいずれかだと思うんですけど、
機会があれば是非チェックしてみてください。







カテゴリー: サーフィン&水中撮影&水中カメラ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>