徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
サーフトリップにいきたいです・・・。

今日急に思い立った訳ではなくって、
いつも行きたいんですけどね。

最近行ってないですね、サーフトリップ。

最後に海外にサーフィンしに行ったのは自分の
結婚式の時だから、もう何年も前の話ですね。
友達とサーフトリップに行ったのはもっと前。
PICT0001_28.jpg
(ハワイ ノースショアに向かう車中)

バリとか台湾とかカリフォルニアとか、
色々行きましたが、カリフォルニアが一番
楽しかったですかね。
サンクレメンテとかラホヤとかあたりの
南カリフォルニアのサーフィン文化に触れつつ
モーテルを点々として、夜はメキシコ側に
遊びに行ってみたりとか。

正月にバリにいって、思いっきりダラーと
力の抜けた年末年始を過ごしたのも良かったです。


国内だったら、宿に泊まるんじゃなくって、
キャンプが良いですね。

海沿いで高台になってて海が一望できて、
人気が無くって、草か芝生が生えてる様な
ところが良いんですが、関東ではあんまり
見かけませんね。

茨城辺りには人気の無い海岸も多いので
探せばあるかもしれませんが、ちょっと
自然豊かという感じでもないかも。

南房総も少しは雰囲気あるところありますけど、
人はいっぱいいますね。
PICT0078_14.jpg
(某南房総ポイントで人知れず巻くチューブ)

千倉の南のあたりに、海沿いのキャンプ場が
ありますけど。あとはちょっと内陸に入れば
結構キャンプ場あるみたいですけどね。

立ち読みしたサーフトリップジャーナルの
最新号によると、この季節はキャンプに最適だそうです。
(確か真木 勇人・談 だったと思いますけど、
 立ち読みなんで・・・)

確かに、暑からず寒からず、蚊もそんなに出てこないし
良い季節なのかも。

でも梅雨に入っちゃうと、天気がちょっとね・・・。
まあ、真夏に海岸沿いで寝てて、朝日に照らされて
汗だくになって目が覚めることを考えたら、
雨くらい、テントとターフでしのげば良い訳ですから。

結婚して子供ができると、気軽にサーフキャンプって
訳にも行かないですが、なんで独身時代にもっと
キャンプとかしなかったんだろうと、今更ながらに
思います。

テントと寝袋とマット、コンロ、調理器具、位あれば
充分キャンプできるし、たいした出費でもないのに。
あ、たき火は必須のなので、たき火台も要りますね。

独身時代は毎週土日&休日のほぼ100%日帰りで
サーフィンをしにいってたので、年150日くらいは
いってました。

一回の交通費が往復\7,000として、そのうち一人で
行ってる日も1/3くらいはあったから、年間の交通費は

(\7,000×150回×2/3÷2人)
+((\7,000×150回×1/3÷1人)
イコール 三十五萬円+三十五萬円で七十萬円也!

うち一人で行った年50回を全部キャンプで済ますと
35万の半分がかからないので17.5万円浮く訳です。

超快適なキャンプ道具を20万弱でそろえて、
週末サーフキャンプ生活に入れば、2年目からは
お金も浮いてお得♡♡♡♡

どうしてこのくらいのことが考えられなかったんだろうか。


土曜の朝に出て、波チェックしながら良さげなエリアを探り、
昼迄に1ラウンド。
0039保存
良い波ですね。茨城だったかな。

それからテントを張って、買い出しに行って、かえって来て
波が良かったら日暮れ前にもう1ラウンド。
こんな感じの無人の幻想的な波をゲットできたら
最高ですね。
PICT0009印刷用b3拡大
PICT0054_4.jpg

(これは数年前の南房総だったと思います。
 多分千倉の南のキャンプ場前のポイント。)
PICT0011_12.jpg

海からあがったらたき火をしつつ夕飯の準備に取りかかり、
ビールで一杯。

夜はたき火をみながら読書でもして、早めに就寝。

そして翌日は朝一に一発入って、片付けて、もしかして
移動してもう1ラウンドはいるも良し。または
とっとと帰京して、午後は東京でのんびりしても良し。


こんな生活できたら最高じゃ無いですか。
大して難しくもないはず。そして、最高に優雅な
生活だと思います。後悔先にたたず!

でも当時は夜は東京で用事があったり、家でのんびり
ビデオみたりしたかったんでしょうね。
所詮無いものねだりなんだろうけど、10年前の自分に
アドバイスできるなら、ぜひとも毎週末サーフキャンプを
行うように進言します!

というか、もうちょっと前向きに、息子が2歳になったら
強引にサーフキャンプに連れて行くことにします。
今年は見送りだな。
でも7月末に宮崎に先輩家族とサーフトリップに行くことに
したので、今年はそれで良しとしましょう。

ちなみに勢いで真剣にキャンプ用品を選定してみます。
アフィリリンクにしときましたんで、もし宜しければ
是非ここから買ってください。(暇人ですかね?)

そのお金で僕もキャンプ用品を買いそろえて、
息子とサーフトリップに行きたいと思います!
(報酬1%とかなので、100人の方に
 買っていただかないとだめなんですが。
 ほぼボランティアだな、こりゃ)


まずテントですが、一人で組み立てできるながらも、
それなりにゆったりとした空間も欲しい、ということで
思い切ってコールマンのドームテント4、5人向け!
2人用とかだと、「みんなで行こう」と盛り上がったときに
使えません。この位のサイズがあれば、6人くらいで
雑魚寝もできるハズ。



ターフ付き、インナーマット付き、寝袋付きで
\29,800のかなりお得なビギナーセットを
発見しましたのでおすすめしときます。
何せコールマン製ですから。
前室、メッシュドア2個、スチームガード付きです。
キャリーバックもついてます。


続いては寝袋ですが、こちらは地域季節によっても
かなり違いますし、好みもあるので、割愛
(実は自分が持ってるので、選定するのが
 めんどうだという話もありますが。でも僕は
 テントだって持ってますよ。)
これからの季節なら、上のテントのセットについてる
寝袋に、タオルケットか毛布を持参すれば
充分調整可能でしょう。


そして、こいつも必須かどうか実は不明ですが、
テーブル&チェアです。
人間、くつろぐときには、椅子が欲しくなるもんです。
テーブルも、コンパクトなのが一個あると、
食べ物とかおいておくのにも助かりますので。
1ラウンド終えたあと、夕食後等、
ゆったりと椅子に座って
遠くを眺めながらリラックス
したいじゃないですか!

というわけで
コールマンの折りたたみアルミテーブル2人用。
53cm×40cmとちょっと小さいですが、
デザインが良い!ので。
こいつがなんと\2,999です。



折りたたみ時


酒とつまみくらいおくには充分でしょう。
(なんでだか、このロッジというお店、
 アウトドア専門店のくせに、事務用の
 『社長の椅子』みたいなのを沢山扱ってますね・・・。
 家の椅子が欲しかったもんで、思わず探しそうに
 なっちゃいましたよ・・・。)

もうちょっと大きめが良ければ、同じくコールマンの
(別にコールマンのまわしもんじゃあ無いんですが、
 なんでだか。)
60cm×90cm 高さ調節付き折り畳みテーブル。
\4,980です。





そして椅子
肘掛け付きが良いですね。欲を言えば、小さなテーブルが
ついてる奴があると、飲み物とかもおけるし。
と、いうわけで、またまたコールマンですが、
イージーリフトチェア \5,953です。
肘掛け付き、飲み物入れつきの折りたたみチェアですが、
なんとコイツ、フットレストがついてて、しかも
自動で持ち上がってリクライニングしちゃうんです。



リクライニングさせて、星空とか眺めたら
これは贅沢パラダイス!(by ぜんまい侍)
2個くらい買っとこうかな。


あと、あると重宝するのがパッドですね。
固いところの上でも、これを引くとごつごつせず
快適に寝られます。
これはサーマレストの折りたたみの奴。
発泡ウレタンみたいな素材で、とっても気持ちいいです。
@\4,830



ぼくも持ってますけど、これがあると、防波堤とかでも
のんびり昼寝できるし、何かの試合の観戦とかで
アスファルトの上に座るときとかにも使えます。
これも2個購入、と。


で、バーベキューグリルですが、
再びコールマンの折りたたみステンレスグリル。
\15,120です。高さ2段階調節可能です。



こちらは折りたたみ時の画像。
会社に行けそうです。カッコいい!





そして、フライパン、鍋の類いは、
モンベルのクッカーセット\6,600です。
大小2つの鍋とフライパン、ふたのセットが
コンパクトに収納できます。





焚き火台ですが、キャンプ場は直火禁止の
ところが多いんで、あった方が良いかも。
海沿いも、砂浜を汚さない、という意味では
使った方が良いですね。
コールマンのたき火台\11,623
カッコ良いです。



こんな風にたためます。




ロゴスのたき火台 ピラミッドグリルは、
バーベキューグリルと両用です。
\6,980



でも、泊まりのキャンプだと、バーベキューグリルと
焚き火は別にしとかないと、夕飯が暗くなっちゃう・・・。


あとは、クーラーボックスも忘れずに、と。
飲み物とかを色々入れられた方が便利なので
デカ目の方が良いんですが、あんまりでか過ぎると
車に積むのも大変なので。
コールマンの45リットルミドルサイズ、
\5,896
大きなペットボトルが縦に入ります。
ベンチ代わり、テーブル代わりにも使えますので
このくらいのサイズを選んだ方が良いですよ。




上記合計で
・テント、ターフ他セット \29,800
・テーブル \4,980
・椅子 \5,953×2=\11,906
・パッド \4,830×2=\9,660
・バーベキューグリル \15,120
・鍋、フライパンセット \6,600
・焚き火台 \11,623
・クーラーボックス \5,896
 合計で・・・

だいたい\95,000位?
さっきビール飲んじゃったもんで・・・すんません。


こちらはキャンプ場の予約サイトです。
関東ってこんなにキャンプ場あったの?
というくらいいろんなキャンプ場が出て来ます。
エリアと条件(海、山とか)で絞り込めます。




こんな長文、最後までおつきあいいただいた方、
ホントありがとうございました。




コメントを入れる