スズキ ヤスオという残念なラーメン屋の話



僕の友人や親戚の名前ではありません。

スズキ ヤスオ

上野毛から駒沢通り沿いにちょっと駒沢側に歩いたあたりにある
ラーメン屋なんですが、知るヒトゾ知る名店として結構有名。
味も、有名なだけあって結構なもんです。

ですが!

本日サーフィン帰りに等々力に住む先輩と二人で
昼飯食いに行きました。
先輩は”ラうどん”という太麺のラーメンを大盛りで、
僕はつけ麺普通盛り。どちらも¥750。大盛りは無料です。

店員は調理をしている男性と配膳をしてる
女性の2名。

待たされること10分あまり。
やっとやってきたつけ麺をすすりながら。

2回くらい「なんか麺が固いな」と思ったんですが
「ベニースター風の”何か”が入ってるのかな」と
ぼけぼけな僕でした。そして食べ続けます。
(そのベビースター風の”何か”は、固いな、と
 思いながらも飲み込んじゃいましたよ!)

3回目に口の中から、”ベビースターでない何か”を
発見。頭のなかが疑問符でいっぱいになりながら
食べ続けると、その後、4回目、5回目の感触もあり、
いずれも口の中から取り出しました。
発見物(ベビースターではない)
プラスチックとビニールの中間くらいの、結構固めの
ビニール容器のかけらです。
(左はサイズ比較用の単三電池。
 5個中4個はこの真ん中の長いのくらいのサイズですよ!!!)

しかもご丁寧にギザギザになってて、上あごに
ブッササりまして、そのおかげて3回目は無事に
発見、引き上げし、4回目、5回目の発見に
つなげることができた訳ですが。

女性店員をよんで、
『なんか入ってたんですけど、これ何ですか?』と
聞くと。
『あ~、ビニールですかね。ごめんなさいね。』
他人事の様なコメントを残し立ち去る女性店員。
その後何かいいにくるかと思って待っていたが、
来ず!!!

こちらがじっと見ていると
『すいませんね』と再度女性店員。そして作業継続。
こちら『・・・・・』
コメントしよう無く無言。

口が動かなくなってしまった僕を見かねた先輩が
『その態度はないんじゃないの?』と問いただすと。。。
『じゃ、お金かえします。』と女性店員。
こちら「・・・・・(何いってんだ?この馬鹿。)』

こちらは¥750が惜しくてこういうことを
言っているんじゃあ有りません。


調理をしていた方の店長らしき男は、
女性店員の2歩くらい奥にいて話を聞いているにも
かかわらず、挨拶なし。
『あの男性はなんでこちらにこないんですか?
 お詫びとか挨拶とかなんか無い訳?』と
こちらから聞いたら、
『ちょっと待ってください、これ片付けた後で
 行きますから。』と男性。

こちら『・・・・・(あ、聞こえてたんですね。
聞こえてたけど、忙しいからね。しょうがないですよね。
まあ、待つよ。待ってみるよ)』

1分くらい待ってたんですが、
”片付け”が終わる気配もなく、ばかばかくなって
店を出てきました。

”食”という人類の楽しみの一つを担っている、という
気持ちのかけらもないようなお店です。(僕の主観ですけど。)
こういうところも、いつまでも繁盛するんですかね。

ちなみにこのお店、昼13時迄は6歳以下の子供は
入店禁止。
3歳以下の子供は時間指定なしで入店禁止です。
うちなんか0歳ですから、完全にアウトです。
全くもって子供に優しく有りませんね。
まあ、多少大きくなっても絶対に連れて行きませんが。
向こうとしても、来てくれなくて結構ってことなんでしょう。

まあ、味は悪くないんですがね。
残念です。







カテゴリー: 駒沢   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>