萬珍樓點心舗(まんちんろうてんしんぽ)と中華街



先日、妻と娘(2歳)の誕生日に、ふと思いついて中華街に行ったんですが、コレが中々良い感じだったので…。

行ったお店は萬珍樓點心舗(まんちんろうてんしんぽ)という、萬珍樓の点心専門店。

萬珍樓點心舗の看板_[0]

萬珍樓點心舗の入り口

中華街と萬珍樓の地図

中華街東門から入って行った、中華街メイン通りの一本外側にあるお店なんですが、「小さな子供連れで、少しだけ贅沢目な記念日ランチを食べたい」というニーズに結構フィットするお店です。

 

良い所その1:子連れフレンドリー

・小さな子供連れ家族も結構多く、気兼ねなく行ける雰囲気です。当然子供用の椅子やお皿なんかもなんかもしっかり準備されています。

萬珍樓點心舗の店内

・徒歩1分位のところに、専用駐車場があります(上記の地図画像をクリックすると、Googleマップで見られます)。5,000円以上の食事をすると2時間無料。中華街って、車を停める場所も結構苦労したりすることがあるので、便利で良いです。

 

良い所その2:美味しい

・当然のことながら、味はかなりイケてます。とりあえずウチで食べてみて美味しかったのは、

鶏そば1,200円

萬珍樓點心舗の鶏そば

柔らかい鶏肉が沢山入ったあっさり目の味の中華そばです。チンゲンサイ、きくらげ、たけのこなど、野菜も結構沢山入っていて、4人で分けてもそこそこ満足できるくらいのボリュームがあります。

 

小籠包 3個で690円

萬珍樓點心舗の小籠包

しっかり目の皮の中にスープがたっぷりと詰まっていて、とても美味しかったです。子供たちには食べさせず、大人だけで食べてしまいました。子供も食べるなら2つたのんでも良いかも。

 

揚げ餃子 4個で800円

萬珍樓點心舗の揚げ餃子

パリっとした皮の中に、お肉や野菜がぎっしりと詰まっている食べでのある一品でした。味もかなりイケます。サイズは普通の餃子よりも結構大きめです。

 

水餃子 8個位で800円

萬珍樓點心舗の水餃子

これも美味しかったですね。サービスだったのかもしれませんけれど、結構沢山入っていて食べでがあります。

 

という感じでしょうか。

点心メインのお店なので、点心オンリーで行くというのも良いかもしれません。

萬珍樓點心舗の点心メニュー

 

先日のウチのメニューでは、上記に加えて「牛肉キシメン包み」と「肉シューマイ」を頼んで5,500円だったんですが、大人2人と4歳児+2歳児の4人でちょうど良いくらいか、もしかするとちょっと多いくらいでした。

子供たちがもう少し大きくなると、どんどんコレでも足りない位になっていくと思うんですが、もしも「そんなに食べないかな」という方は(そして、駐車場を無料にしたい方は)、1〜2品減らして、おみやげを買うという手もあると思います。

萬珍樓點心舗のお持ち帰り

みみっちい話ですが、駐車場代が1時間500円で2時間停めるとすれば1,000円ですので、その分何かを食べたり買って帰ったりすれば良いかな、と。

肉まん、あんまんや水餃子あたりのおみやげを買って帰れば、後日また楽しめて一粒で二度美味しいわけです。

萬珍樓點心舗のお持ち帰り 点心

 

良い所その3:中華街をぶらぶらできる

ランチですので、まあ1時間もあれば食事は済んでしまうわけです。で、車は2時間停めておけますので、お店を出たその足で甘栗でも食べながら1時間中華街をぶらぶらする、というのが良いかなと。

中華街

 

良い所その4:周りでも遊べる

12時過ぎから食事をして、1時〜2時くらいまで中華街をぶらぶらしたら、その後はショッピングに行ったり、周辺の施設で遊んだりするというのも良いプランです。

クイーンズスクエアあたりでお買い物をしてみるのも良いですし、山下公園や赤レンガ倉庫もすぐ近くですので、ココらへんで子供と遊ぶのも良いかもしれません。コスモワールドに行くというともありますね。このエリアはかなり狭いエリア内に色々なものが密集していますので、遊びに行く先に困ることはまず無いかと。

 

どうでしょう?

5,000円で中華街ランチ+中華街ぶらぶらプラン、オプションでショッピングやその他のアミューズメント系にも柔軟に対応できて、奥さんも子供たちも満足のなかなか良いプランなのでは無いかと。

ちょっとしたお祝いや記念日のランチ、行き先に迷ったら中華街に行ってみるの、アリだと思います。







カテゴリー: お出かけ, お食事, 奥様/旦那様, 家族で/お出かけ/お食事   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>