徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
IKEAの屋外家具ARHOLMA/アールホルマ

「庭やテラスでどうやって寛ぐか」というのは、それぞれのご家庭、ライフスタイルによっても色々と異なってくるとは思うんですが、一つだけ言えることは「座る場所を作ったほうが良い」ということです。

どんなに素敵なテラスであっても、観葉植物ばかり置いてあって寛ぐためのスペースや設備が無かったら、そこでのんびりとすることはできないわけですから。

うちのテラスでもIKEAの屋外家具を愛用してるんですが、先日リビング・ダイニングのスペース確保のために、いつもはリビングに置いているソファをテラスに出してみまして…。

こんな感じです。

テラスにソファ

これ、思っていたよりもはるかに良かったです。

うちのテラスにはもともとIKEAのAPPLARO/エップラローというベンチが置いてありまして、いつもはそこで寛いでるんですが、やはりベンチとソファでは寛ぎ度合いが違いますね。

やはり寛ぐにはソファだな、と再確認させられました。

で、このソファ自体は防水では無いので程なく屋内に戻されてしまったんですが、先日IKEAを覗いた際に、上記の様なイメージで使えそうな結構良さ気な屋外家具を見つけたのでちょっとご紹介しておこうかなと思いまして。

こちら、ARHOLMA/アールホルマという屋外家具です。

IKEAの屋外家具ARHOLMA

一見ラタン(籐)の様にも見えますが、こちらプラスチックラタン製なんです。なので、屋外で雨ざらしにしても全然大丈夫。いちいちしまったりという手間がかからないわけです。

当然このままでは「寛ぐ」にはちょっと固すぎると思いますけれど、クッションや低反発系のマットなどをテラスの出入口辺りに用意しておくようにして、屋外で寛ぎたいときにそれをもって出ていけば、屋外に居ながらにして屋内のソアファでゆったりと寛いでいる様な優雅な時間が過ごせてしまうわけです。

ここにゴロリと横になって、昼間から青空の下でビールを飲んだり、夕暮れから奥さんと二人でワインを飲んだりしてみたら、何気ない自宅での休日が随分とアップグレードされた気になってしまうのでは無いでしょうか。

ちなみにお値段ですが、奥側のコーナータイプが12,900円、手前の一人掛けタイプが9,900円、写真の組みわせだったら22,800円ということになります(必要に応じて組み合わせて使えます)。

わずか2万円ちょっとで自宅の中にこんな感じの寛ぎの設備を作れるなんて、なかなか良いのでは無いと思うんですけれど。

どうでしょう?




コメントを入れる