【香港&深セントリップ02】初日夜、深セン福田区崗廈の夜の裏通りで夕飯&スーパーマーケットチェック



前回に引き続きまして、今回は香港&深セントリップの02、初日夜編でございます。

紆余曲折を経て、無事、深セン福田区崗廈のホテルに辿り着いたアテクシは、とりあえずホテルの部屋で青島ビールで一息ついた後、表に夕ご飯を食べに行くことにしたのでございます。

中国 深セン 福田 ウィンダム・グランド・ホテルで青島ビールで一休み Shenzhen Futian Wyndham Grand Hotel_[0]

 

ホテルを出て、眼の前の大通りを渡り、向かい側のブロックへ。

中国 深セン 福田 ウィンダムグランド 夜景2 Shenzhen Futian Wyndham Grand hotel_[0]

中国 深セン 福田 夜景1 Shenzhen Futian_[0]

こちらに何かあるとわかって向かっていったわけではないんですが、なんとなく人の流れがそっちの方へ向かっていたので、そっちに何かあるんだろうなと思って。



 

裏通りは一気に薄暗い感じになりまして、若干不安な気持ちになりますが、仕事帰り風の若い女性なんかも一人でちらほら歩いてますし、そこまで危険な感じはしません(嗅覚ニブ目ですので、実際どうだったのかはわかりませんが…)。

深セン ウィンダムグランドホテル近くの夜の裏通り1

深セン ウィンダムグランドホテル近くの夜の裏通り2

案の定、裏通りには、一人〜数人で夕食が食べられそうなお店が何軒も立ち並んでました。

中国 深セン 福田の裏通り Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

最初に目をつけたのは、こちらのお店。

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店1 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

「好兄弟美食」という、串焼きや鍋などのお店。メニューはよくわかりませんでしたが、看板にある「烧烤(Shāokǎo)」は、烧(焼く)+烤(ロースト)=バーベキュー的な意、醉鵝は、「醉」はよくわかりませんが(「酔う」と同じような意味らしいですが)、「鵝」はガチョウとい意味らしいので、鳥系料理の何かかと。

ちなみに、「好兄弟」は、仲のよい兄弟、「美食」は食べ物、というような意味らしいので、「好兄弟美食」は「仲良しレストラン」的な感じということでしょうかね。

入りたかったんですが、一人で入るにはちょっと楽しげすぎる感じがして、やめておきました。

 

そのあと、このならびのお店を何軒か物色し、

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店2 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店4 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

最終的には、明るめの作りの、小綺麗な中華料理屋へ。

深セン福田崗廈の裏通りのレストラン1

深セン福田崗廈の裏通りのレストラン2

深セン福田崗廈の裏通りのレストランの中

 

それほどお腹がすいていなかったのと、このあと、スーパーマーケットに行って少し物色してみたかったので、軽めのメニュー+青島ビール。

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店で夕ご飯 青島ビールと肉サンド Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

小麦粉ベースの、カリカリ系の薄皮パンみたいなので、豚肉を包んだ、カリカリ肉まん的なヤツです。ホントのところ、なんという食べ物なのかはわかりません。

「肉夹馍」でいいんでしょうかね。

深センの夕飯 肉夹馍 中華ハンバーガー 中国式ハンバーガー

調べてみたところ、肉夹馍(肉夾饃 Rougamo ロージャーモー)は、焼いた蒸しパンに煮込んだ肉を挟んだ料理のことで、中華式バーガーなどとも呼ばれるているようです。2個で19元(≒313円程度)。

 

深センでは、大きなホテルとかであれば当然英語が通じましたが、こういったローカルなお店ではほとんど全く英語が通じませんでした。でも、店員さんの携帯には必ずと言っていいほど翻訳アプリが入ってまして、それを使ってコミュニケーションを取ってくれるので大丈夫。

これも、メニューを見ながら適当に頼んだところ、中の具が数種類あったらしく、わざわざ翻訳アプリで

「豚が食べたいですか?」

と確認して、店員さんが選んでくれました。

中国 深セン 福田の裏通りの飲食店で夕ご飯 青島ビールと肉サンド2 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

支払いは当然WeChatPayで。

WeChatPay 画面

 

青島ビールと肉夹馍2個で合計25元、412円くらいでした。

WeChatPay 支払い画面

WeChatPay 支払い画面翻訳

 

とりあえず軽く腹が満たされたので、表に出て、予め目を付けておいたスーパーに向かいます。

中国 深セン 福田の裏通り2 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

スーパーの前では、小学生くらいの男の子が3人、ミニカーでレースをして遊んでました。

中国 深セン 福田の裏通り 子どもたちがミニカーで遊ぶ Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

急速に豊かな層が増え、急速に自動車も普及し、高級車がバンバン走るこの国では、「カッコいい車」が、子どもたちの憧れ、欲しいものの1つなのかも。ミニ四駆とか、輸出したら売れそうな気がします(もう輸出してるかもしれませんが)。

スーパーは、野菜や果物、肉類などの生鮮食料品から乾物、雑貨まで、品揃えがとても豊富。

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー1 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー5 野菜果物 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー6 精肉 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー2 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

でも、ざっと見て回った限りでは、特別に目新しい感じがするものはなさそうでした。

正直、今日1日の移動で結構疲れていたのと、なんだかよくわからないものを買って帰って食べるのもちょっと勇気が要ったので、ビールとスナック的なものを買ってホテルに戻ることに。

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー7 ビールが安い3元〜5元 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

ビールはめちゃめちゃ安いです。青島ビールとかの中国系ブランドなら3.5元=60円弱、バドワイザーなどの海外ブランドのものでも5.5元=90円程度ですから。

つまみには、かっぱえびせん的なアレを。

中国 深セン 福田の裏通りのスーパー4 Shenzhen Futian DOWN TOWN_[0]

 

帰路で、放置されたシェアサイクルを見かけました。

中国 深セン 福田 Mobike 乗り捨てられた自転車 Shenzhen Futian_[0]

こちらはMobikeという業者のもの。捨てられているのか、ここに停めてあるのかは不明ですが…。

中国 深セン 福田 夜景5 Shenzhen Futian_[0]

 

ホテルの部屋に戻り、買い込んできたビールと、かっぱえびせん的なアレで、一人晩酌。

中国 深セン 福田 ウィンダムグランドホテル ホテルに戻ってビールで一杯1 Wyndham Grand Shenzhen Futian_[0]

 

深センの夜のお供は、誉田哲也氏の「武士道エイティーン」です。

中国 深セン 福田 ウィンダムグランドホテル ホテルに戻ってビールで一杯1やりながら、武士道エイティーン 誉田哲也 Wyndham Grand Shenzhen Futian_[0]

小4の息子に読ませようと思って買ったんですが、完全に僕がハマってしまいました。武士道シックスティーンから始まり、セブンティーン、エイティーンと、あっという間に3作目(当然息子もハマってます)。

この話、本当にいいですよ。過激/性的な描写が一切なく(題材が剣道だけに、一部「暴力的っぽいシーン」というのはありますが)、小学生にも安心して読ませられますし、内容的にも、小学校高学年から中学生くらいの時期に、ぜひ読んでもらいたいな、と思うような素晴らしい青春ストーリー的な内容になってます。

 

このえびせん、完全なるパチもんなのかと思いきや、カルビーと中国の合弁企業である「四洲」という会社のものだったみたいです(今はもう合弁は解消してしまっているみたいですが)。

中国 深セン 福田 ウィンダムグランドホテル ホテルに戻ってビールで一杯3 Wyndham Grand Shenzhen Futian_[0]

味は正直、ちょっとアレな感じ。でも、そのアレな感じが、異国の地で、武士道をテーマにした青春ストーリーを一人読みながらつまむには、ちょうどよかったかも。

明日は世界最大の電気街、華強北(Huaqiang Bei フアチャンベイ)に行ってみるつもりです。







カテゴリー: Mac,iOS,Android,Kindle関連やWiFi,無線LANなど, お出かけ, お食事, 奥様/旦那様, 家族で/お出かけ/お食事, 香港&深セントリップ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>