【新年早々壮年ド憤慨】ビーサンは冬の履物です!!!



ムラサキスポーツの野郎…。

僕は久々に憤慨しております。

 

昨年末のことでした。

某先輩と一緒に海に行ったんですが、その先輩というのが、若いころから一貫して非常に粗暴且つお調子者なスタイルを貫き通しているお方でして、その日も波チェックをしている最中に、唐突に

「ブチかましーっっっ!」

とか言いながらお相撲を挑んできたわけです。

 

両力士の体重差約18kg(向こうの方が重いです)。

鍛えぬいた反射神経を生かして、とっさに胸で受けて右下手でマワシの奥を掴んだんですが…。

踏ん張った衝撃でビーサンの鼻緒が、あっさりとぶっちぎれてしまいました…。

コビアン ビーチサンダル破損

このビーサン、コビアンというカリフォルニアのブランドのもので、ゴムが程よく柔らかくて、なかなか履き心地が良かったんです。

同時多発テロの前年くらいにカリフォルニアに旅行した際に購入したもので、10年以上使用してきた、とっても愛着のあるビーサンだったんですけどね…。

寿命と言えば寿命だったんでしょうが、まさかこんなコトでお亡くなりになってしまうとは…。

残念です。

合掌。

 

で、この先輩がこーゆーデリカシーの無いことをしでかすのは今に始まったことでは無いので今さらどうでも良いんですが、問題はその後です。

 

ビーサンが売ってないんです。

幸いなことに、日々の生活で通過する圏内にムラサキスポーツが2軒ありまして、そこに行って探してみたんですが、いずれの店舗でも、

「シーズン的に置いてません」

という、サーフショップ(なのかどうか知りませんが、サーフボードとかウエットとかを売っているお店)にあるまじき回答が。

 

普通、サーファーは冬でも海に行くでしょう?

ムラサキの店員さんだって、スノボーもするんでしょうが、冬場も海に行ってるはずだと思うんですよ。

そのくせに、「冬だからビーサンを置いてない」っつーのは、

一体どういうことなんだ!

という話なわけです。

 

そりゃ、夏場の「砂がアチチ」なときにはビーサンは必須でしょう。

でも、実は冬の方がはるかにビーサンの必要度は高いんです。

その理由をカイツマンデご説明いたしますと、

 

(1)冬の砂浜は熱く無い代わりに、まるで氷のように冷たいです。

その上を素足で歩くのがどんだけ辛いか、ムラサキスポーツの現場の店員さんは愚か、マネージャから経営層の面々にいたるまで、そのことをご存じないわけ無いでしょーがっっっ!!!

ま、この時期になると北千葉では基本ブーツを履きますので、実はココは無くても大丈夫といえば大丈夫なんですがね。

 

(2)冬は着替えが寒いです。

夏は暖かいので、例えビーサンを忘れたりしても、「のんびり着替えて裸足でペタペタうろうろして、少し足の水が切れた状態になってからタオルで水気を拭きとって、それから靴を履く」なんてことができますが、冬場はそーはいきませぬ。

冬場の海から上がった後の着替えは、半ば命がけです。

一刻も早く着替え終わって、一秒でも早く暖房の効いた車内に乗り込みたいわけです。

ビーサンを履いていれば服を着終わったらそのまま車内に乗り込めるトコロ、ビーサンが無いと、着替え終わっても車に乗り込むことも出来ず、お湯で足を流してから慎重に水気を拭きとって、靴を履いて…というようなことをしなければならないわけです。

コレは辛いです…。

 

だから、冬場もビーサンは必要なわけです。

 

冬場にこそビーサンが必要。

いや、敢えて言わせて頂くならば、

ビーサンは実は冬の履物と言っても

過言では無い

というくらいの話なわけです。

 

なのに、「シーズン的に置いてません」とは

一体どういう了見なのかっ!!!

っつーハナシなわけですよっ!!!

 

思わず

「このフロアの責任者は誰かっ! 」

と叫びそうになりましたが、数えでとうとう40にもなりましたので、グッと堪えました。

 

ビーサン売り場って、そんなにスペース取りますか?

ふんだんに在庫を抱えて展示せーとは言いません。

冬場とはいえ、数足置いておいて頂いても宜しいのでは無いかと。

猛省を促したいと思います。

 

で、仕方が無いので、お得意のAmazonで探して買いました。

さすがAmazon、シーズンに関わらず、きっちりとビーサンを取り扱ってくれております。

ビーチサンダルの王様 havaianas にしようかな、


 

沖縄 伝統文化 島ぞうりも、安い割にはモノが良さそうかな、


 

とか色々悩んだんですが、今回はコレ、「天然ゴムを使用していてマシュマロのように柔らかい」という謳い文句の、ヒッポブルー(hippo bloo)を選んでみました。


カラーバリエーションも色々あって、かなり良い感じです。

ブラウン&ブルーとか、

hippo blooビーチサンダル ブラウン&ブルー

いや、もう少しおとなしめなネイビー&マスタードか?とか

hippo blooビーチサンダル ネイビー&マスタード

発色の良い色んな色の組み合わせがありまして、色彩感覚がちょっとイカれ気味の僕には垂涎もののカラーバリエーションなんですが、最終的にはグレープ&グリーンを選んどきました。

hippo blooビーチサンダル グレープ&グリーン

この色使い、サイコーだと思うんですが、そう感じるのは僕だけでしょうか?

 

旧ビーサンはいつか機会を見つけてどこかのお寺で供養に出してあげたいと思います。







カテゴリー: サーフィン&水中撮影&水中カメラ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>