徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
MacBookのキーボード分解掃除

僕は「道具というのは使えれば良い」と
思ってまして、通常は掃除とかも
必要最低限しかしない主義なんですが…。

やってしまいました…。


MacBookの上に、コーヒーをぶちまけて
しまったのです…。


がーん!!!
がーん!!!
がーん!!!


…ちょっと新しい手法を試してみました…。


で、コーヒーをこぼした瞬間に、
不謹慎ながらも
「買い替えのチャンス!」
とか考えてしまったのですが、
その思いとは裏腹に、考えるより先に
腕が動きまして、キーボードの上に
ぶちまけられたコーヒーを拭きとりつつ、
電源ボタンを長押にして電源をOFFに
しました。

その間約2秒位。

相当な早業だったと思います。


とりあえずはコーヒーを拭きとって
みるしか無いかな、と思って、
サイドのネジを外してみようと
思ったんですけど、正直言って
しっかりと分解出来るか自信が無い…。

Mac Book分解1_[0]


で、仕方ないので、とりあえず
キートップを外して、上からコーヒーを
拭きとってみました。


一個一個キートップを外していくのは
結構めんどくさいです。

Mac Book分解2_[0]

もう5年も前のモデルになるので、
かなり汚れが溜まっていました。

ティッシュで大まかに水分を取って、
その上で綿棒を使って、隙間に入った
水分もできるだけ取ってみました。

ちなみに、tabやcontrolキーなどは、
後で場所がよくわからなくなりがちなので、
外した後で、元の並びに列べておくと
良いです(普通の文字キーは大体
わかるので、こういうことをしなくても
大丈夫だと思います)。

Mac Book分解3_[0]


で、その後、ドライヤーを使って
乾燥作業を実施。

キートップの隙間から内部にも風が
入り込むように、ドライヤーをキーボードに
押し付けるようにして乾燥させてみました。


で、その後約1日放置してから、電源ON。

入りました!

診断結果もとりあえず問題なしです。


念のため、今現在はsmcFanControlを使って、
ファンの回転をマックスにして、内部の
換気を行なってます(意味があるかどうかは
不明ですが)。


コーヒーが中まで入っていなかったのか、
たまたまラッキーだったのかは不明ですが、
とりあえずなんとか一命を取り留めた様です。

嬉しいです。




コメントを入れる