位置情報使用androidアプリ”PingLocation”の”面白さ”



HTC WildfireにSIM2枚挿しを
無事成功させて、最近はandroidの
アプリを色々と物色してます。


最近発見したアプリの中で、最も
面白い(役に立つという意味では
有りません。念のため。)アプリは、
ズバリ、
PingLocationです。

ピクチャ 2


まず始めにいっておくと、このアプリ、
androidマーケットで入手できますが、
開発者のページが404Not foundで
ちょっと不安になります。

で、どんなアプリなのかを簡単に
説明すると
”電話に出られなかった場合、自分の
 位置情報をGPSで取得して、座標を
 相手にSMSで返信する”
というアプリです。

特定の電話番号からの着信の場合のみ
SMSを送信する様にも設定できます。

不在着信があると、自動的に、こんな
snap20101104_122502.png
感じのSMSを相手に送信します。

位置情報の座標をいきなりメールで
送りつけられても、何が何だか
わかんないと思うんですけど・・・。

この情報を受け取って
”北緯35.627東経139.663だから、
 駒沢公園内、ぶた公園で子供と
 遊んでる最中だな?!”
みたいなことがわかる人は、多分
どこかの国の情報機関に所属してる
人だけでは・・・?

正直、作者の意図がつかめません・・・。


うちのWildfireの環境は、アナログの
デュアルSIMアダプタを使って、
ドコモとb-mobieのSIMを2枚
挿している状態で、アクティブな
SIMは常にどちらかだけ1枚になります。
PICT0003_[0]


ドコモのパケット料を払いたく無いので、
データ通信のAPN設定はb-moileのみ。
つまり、通話とSMSはドコモSIM、
データ通信はb-mobieのみ、という
住み分けにしてあります。

つまり、電話待ち受けをしている時に
発信できるメールはSMSのみ。
なので、このアプリは
”使える”んですが・・・。


何に使うかは中々難しいところですが、
子供とか老人の方の所在確認とか、
旦那の浮気防止とかでしょうかね?

紛失、盗難の際にも使えそうです。
やっぱり諜報活動寄りですね。


僕個人的には、サーフィンに行って
海に入ってる間にこの機能をonに
しておけば、合流できなかった友人と
入ってるポイントを共有する、とかが
できそうな気がしてますが。

サーファーがみんなこの機能を
onにして、みんなの情報を集計すると、
ポイントの込み具合がわかるとか。


個人的には、GPS位置情報自体は、
アナログ的な人の活動と、デジタルの
情報をつなぐツールとしてとても
面白いと思ってます。


似た様なandroidアプリで、
留守番メール”というアプリが有る
んですが、こちらはiモードメールで
返信します。
このアプリは、返信の内容が自分で
編集できるので、名前とか住所とか、
相手に伝えたい情報のみを送ることが
できます。
でも、iモードメールなんですよね。


Wildfireの設定で、APN毎に
データ通信を許可するアプリを
指定できれば良いんですけど。

そしたら、ドコモSIMには
iモードメールのみを許可して、
それ以外のニュース閲覧とか
Webアクセスとかはb-mobileのみに
設定して、留守番メールを使います。


PingLocationは、送るメールの内容が
編集できたら良いんですけどね・・・。
緯度と軽度の値を、Googleマップの
URLに埋め込んで送れば、相手の人は
すぐに地図が見られると思うんですけど。


時間見つけて、送信するメールのテンプレートを
自分で編集できるか試してみたいです。








カテゴリー: Mac,iOS,Android,Kindle関連やWiFi,無線LANなど   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>