iTunesのリンク切れをうまく解消する方法



以前、新iPod Touch登場に際して、iTUNESのリンク切れが
膨大すぎてiPodを買い換えるのが困難
、という話を
書きましたが、多少は効率的に、且つ
『現在のレーティングや再生回数、ジャンル情報を残したまま』
リンク切れを解消する方法を思いつきましたので
ちょっと書いてみます。


それは、Senutiというアプリケーションを使う方法です。

昔はフリーウェアだった様な気がしますが、今は18ドルするみたいです。
とりあえず30日間はFreeで使える様ですが、30日経過後にどうなるのか
(使えなくなるのか、購入を促されるのか)はよくわかりません。

Senutiは、iPodの中身のデータを取り出すことができる
アプリケーションです。
Mac版のみリリースされている様ですが、Windowsでも(たぶん)
同じようにiPodの中のデータを取り出せるソフトがあると思うので、
それを使って、以下に書いた方法を試せば同じようにできるのでは
無いかと思います。


で、この方法はiPodの中にあるデータを使用する方法なので、
この方法が有効なのは、iTunesのリンク切れなど異常事象の中の、
iTunesのライブラリはリンク切れ
 起こしているが、iPodの中にはちゃんと
 曲が残っている
状態に対してです。


こう書くとかなり限定的な様にも思えますが、特に、
『アルバム丸ごとリンク切れ』
『アルバム丸ごと元ファイル見つからず』
という様なリンク切れがiTunesで多発している方には、
かなり強力な手段になると思います。


以下手順です。

(1)Senutiをダウンロードする

(2)Senutiの設定(メニュー-Senuti-Preferences)で、ファイルの
 保存先(Copyingタブ)の設定で、
 ・Add To iTunes のiTunesをチェック。
 ・save locationで保存先を、iTunesライブラリを指定。
ピクチャ 6

(3)iTunesとSenuti、両方を起動する。

(4)iTunesで、リンク切れしている曲をアルバム、
 アーティストなど、まとめて選択できる限り、なるべく
 まとめて選択しておく。
ピクチャ 1

(5)SenutiでiPodを開いて、上記でiTunes側で
  選択した曲と同じ曲を選択して、右上のCopyingをクリック。
ピクチャ 4

(6)iTunes側に、SenutiでiPodからコピーした曲が追加される。
ピクチャ 5
  選択した状態になっているのが、(4)で選択したリンク切れを起こしている曲
  その下にあるのが、(5)でSenutiを使ってiPodからコピーして再追加した曲。
  
  この2曲セットを見比べていって、きちんと追加されているか、
  レーティング等が異なっていないかを確認して、
  合っているようであれば、そのまま右クリックして曲を削除。
  ※(4)であらかじめリンク切れした曲を選択してあるので、
   「リンク切れを起こした曲」だけ簡単に削除出来ます。


以上です。







カテゴリー: 音楽   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>