pokemon bakugan collectionとは?



うちの嫁は高校大学と7年間アメリカにいました。

高校3年間が西海岸、大学4年間が東海岸だそうです。
7年間ずっとビーチで昼寝をしてたそうで、良い感じに
浮世離れしてます・・・。


で、高校時代にお世話になっていた家に同じくお世話に
なっていた、『義理』の『お兄さん』『お姉さん』などとは、
今でも連絡を取り合っていて、クリスマスのプレゼント等も
贈り合っています。
(みんな今や大富豪らしいです。羨まし・・・。)


『お姉さん』の子供は、今小学生くらいらしく、ご多分にもれず
pokemonにやられているらしいです。

去年も表参道のキディランドに連れて行かれて、ポケモンの
フィギュアを漁らさせられたんですが、今年は何が欲しいのか、という
メールのやり取りをしたところ、
pokemon bakugan collectionという
全く聞き慣れない言葉が返ってきました。


bakugan?
爆弾の間違い?
しかし、調べてもよくわからなかったらしいです。


お姉さんに再確認のメールを送っても、やはりbakuganだ!
という回答。


で、嫁はあっさりbakugan探しをあきらめて、
pokemon waffle maker
つまり、ポケモンやき屋さんを買って来ました・・・。

pokemon waffle1_[0]
pokemon waffle 2_[0]

よくわかりませんが、ピカチュウ型のワッフル(?)が
作れるらしいです・・・。

ハタシて、アメリカ人にこれが理解できるのだろうか?
でも、動物ビスケットとか食べる訳だし、多分OKでしょう。


で、うちの嫁が偉いな、と思ったのは、このワッフルメーカーの
説明書をわざわざ英訳して作ったところです。

確かに、パッケージを見ても、欧米人(というか日本人以外)に
読めそうな文字は「TAKARA TOMY」と「DIAMOND&PEARL」位ですから。


こんな感じの説明書作りました。手間掛けてます。

pokemon waffle1
pokemon waffle2
pokemon waffle3
pokemon waffle4

子供が寝付いた後の深夜、1時間くらいかけて作ってました。
強いてツッこむならば、
「アメリカ人はグラムを知っているのか?パウンド/オンスでは?」
という点位でしょう。

少なくとも、サンクレメンテあたりのサーフショップの兄ちゃんは
グラムという単位そのものすら知らない感じでした。

板漁りの際に自分の体重をkgで伝えたところ、
「グラム?何言ってんだ?この猿は・・・」
みたいな感じでキョトンとされましたけど、学のある人は
きっとわかってるんでしょう。
(というか、メイドとか使用人が何人も居るらしいので、
 そいつらに調べさせれば良いんだと思います。)


万が一、このページをご覧の方で、
「息子さんがヨーロッパに居て、お嫁さんが海外の方で日本語を解さず、
 お孫さんも日本語が全くわからなくて、でもポケモンやき屋さんを
 クリスマスに贈りたい」
などという方が偶然にも居た場合には、ご自由にご使用ください。



余談ですが、bakuganはその後あっさりネットで見つかりました。


というか、googleでbakuganと入れて検索すると一発で出てくる・・・。
嫁はそういうことはしてみなかったみたいです。


何でだか、いきなりバンダイに電話して、”「bakugan」ってわかります?”
と聞いたらしい。
結果、いくつかの部署をたらい回しにされたあげく、「わかりません」
という回答を得たらしいです。


ですが、”bakugan”は”爆丸”で、どうやらポケモンとは
別のもの(なのかどうだかホントはよくわかりませんが)だったらしいです。

バンダイではなく、セガトイズのものでした・・・。


日本とカナダの合作で、カートゥーンネットワークでアニメが
放送されていて、アメリカのトレーディングカードゲームの
人気調査で一位になっているものらしいです。


で、『お姉さん』もよくわからず、とりあえず
pokemon bakugan collectionと書いてよこしたみたいです。


小4の甥っ子に確認したところ、
「爆丸が欲しいという子にポケモンやき屋さんをあげても
 問題なかろう」ということでした。
(たぶんテキトーに回答してると思いますけど。)







カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>