徘徊老人 徘徊老人
メニュー
検索
IKEAで発見したハンモック

先日港北のIKEAに行った際、レジ手前の屋外家具コーナーでハンモックを発見しました。

IKEAのハンモック

IKEAってハンモックも作ってるんですね。

DYNING(ディーニング)というタープとかと同じシリーズのもので、価格は3,990円。

IKEAのハンモック

サイズは110cm×225cmとありますが、これは恐らくハンモック本体のみのサイズ。

ハンモック本体の裏にはかなりしっかりとした金属製のフレームが入ってまして、上に乗ってもあまりふにゃふにゃとしすぎずにしっかりと体をサポートしてくれそうな構造になっている様に見えます。

IKEAのハンモック

お庭やテラスに貼っておいて、春とか秋とかの季節の良いときにこの上でお昼寝をしたり読書をしたりしたら気持ちが良さそうです。

 

ハンモックを取り付ける場所って意外と耐荷重が必要そうな気がしますので、取り付け場所はよく検討しておいた方がいいとは思いますけれど…。

しっかりとした木があるようなお庭だったらそういった木を利用すれば大丈夫たと思いますけれど、家の躯体などに取り付けるのであれば、躯体そのものの強さが発揮できている部分を考えて選ぶ必要があると思いますし、それに加えて、取り付け部分にもある剛性が必要だと思います。

具体的にはどの位必要なものなんですかね?

乗る人の体重がMax100kg程度として、それに加えて子供達と一緒に乗ったりすることを考えると150kg程度でしょうか?

それが揺れたりすることを考えると、瞬間的には300kgくらいの力がかかるのでは無いかと。

それを2箇所のロープを取り付ける箇所で支えるわけですから、一箇所辺り150kgといったところでしょうか。

まあ、普通の家の躯体であれば、柱や梁などの剛性のある部分を選択すれば大丈夫だとは思いますけれど、このハンモックを本当に導入しようということであれば、予め検討しておく必要はあると思います。

自宅で使うだけではなくて、キャンプなんかに持って行っても良いかもしれません。




コメントを入れる